こころ

テーマ:

ふたつ   …いや、みっつぐらいあればいいのに。

その時の状況に応じて、それにあった心で相手や周りに気持ちを伝えられる。

だとしたら、私はもっと普通に、普通の31歳の普通の平凡な主婦

だったのかもしれない。


だけど実際こころは一つしかないので、思ってもないことや

天邪鬼なこと、わがまま、かわいくない、魅力のまったくない

言葉や表情を私から次々と発信していく。


でも、それが一つしかない、私のこころ、姿である事実。

私はまた空をみて、深く空気を吸い込み


…たいのに、細かく震えるこころが、うまく深呼吸さえ許さない。

広いの狭いの、札幌。

どっちだ。

どっちでもいいから、連れ去って欲しい。

ファンデーションの鏡を何度かみながら自分に言う。

ごめん。

愛せなくてさ。愛されなくてさ。顔に罪はあまりない。私のこころがダメなんよ。

許せ。この手この足、この唇。


許して。


相手のこころを想像する。

でも、それはやはり相手にしかわからない。

でも、わかりたいから静かに想像する。

知りたいよ。あたし。あたしをばかだと言う。

浮かんできたものは、笑顔と寝顔と、私を呼ぶ声と、寄り添うことを許さない背中だった。

口も目も半開きで、パンツに手を入れて寝ているどうしようもない姿が

いとおしい。

ほらね…今のあの人を見れていない。

哀しい。






連休中、今日が唯一の休みでした。

息子は前の晩から、久々のお休みにテンション↑↑

私もホント朝寝坊できるとあって、前の晩なんか梅酒を少し飲んだりして。

しかしながら天地があれよとひっくり返り、結果一睡もせず私は朝を迎えてしまいました。

眠ろうとしても、頭が眠らないって言うか、誰しも一度は経験のある

落ちる感じ。はぁ!!っていうあの。そればっかりで、10分もまとまって眠れない。

こりゃ逆に疲れる…ソファーに座って足の爪をずっと見てた。

もう、考えて途方に暮れて脳みそも思考回路も最大に飽和したころ、息子起床。

いつものかわらない朝となりました。

車で近くの山まで行き、散策道をのんびり歩き、

息子の得意な恐竜の鳴きまねを延々と聞き、こわばっていた私の身体から

力が少し抜けていく。

寝癖のよこっちょの髪を揺らしながら、息子は言う。


ママ知ってる?この地球の中に、1番とかはないんだよ。

これも好きだし、あれも好き。

お昼ごはんもおやつも同じくらいすき。お茶とジュースはすこーしちがうかも。

でも好きだし、

パパのことも、ママのことも同じく大好き。

だから、1番なーに?って質問しないでね。

ぜんぶ宝物なんだからさぁ。


私は息子にありがちな、それでいてデリカシーのない

質問をしたのだ。


そうだよね、息子。



この山の公園まで続く坂道を、汗だくで友達と歩いた子供の頃のおかっぱの私は

怖いものなどおばけ以外なかった、買ったばかりの外靴ではしゃぐ私は、

友達と制服で好きな人の話題で盛り上がってた私は、初めて昼ではなく夜景を見にきた私は、

話が終わるのが切なくて、もっと一緒にいたくて、離れる意味がわからなかった

あなたときた夜明けの私は、


私は

私は


こころは 一つしかもっていなかった。

でもしあわせだった。

届かないから、届けたくて、伝わらないから、伝えたくて、知らないから、知りたくて

でも、ほんとにほんとにほんとに怖くって。





晩御飯を作り終えて、このブログを更新している。

今日は大根と鶏肉の煮物がメイン。

食べにくいねぇ、と息子は必ず言うだろう。

あたしの手はまだふるえている。

こうしてブログは悩みながらもふるえながらも書けるのに、大切な人には、

メール一つ手がホントにガタガタ震えて、胸が苦しくてできないあほな私。


さぁー、わたし笑ってよ。笑っていればこころもおかしくて動くのさ。

おもしろい。たのしい。全部に笑っちゃう。私の笑いにつられて笑い出す。

笑い疲れて、今日はぐっすり眠ろうね。大丈夫だから。
















AD

もう今日。

テーマ:

木曜日はお休みでした。

と言っても、行くとこやることが多くて結局一日中時間に追われていた。

現在進行形であらゆるパワーが減退している私ですが、こうして

忙しくしていることが逆に救いになってるのかもしれない。


まぁ、つったって、休みだから。気持ちも穏やかなわけよ。


あーぁ。

あっという間にまた数時間後には仕事だよ。

みなさんも一緒ですね。

つらいのはお前だけじゃない。

と言う、あなたの心の声が聞こえるよ。


いやぁ、ダメだなあたし。

ホントてんでダメ。

だらけてるわぁ。

こらっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しっかりしろ自分ヽ(`Д´)ノ


なんでこんなに、あたしはあせったりプレッシャーを感じてるのよ。

誰もあたしに期待してないし、たいして気にもとめてないですから。

最低限の努力はして、あとは今までの疲れをとるための

小休憩だと思って、ぼちぼちいこうぜ。

あせるな。ゆっくりでいいだろ。


自分のボーダーラインを、自分で決めてしまう悪い傾向がある。

なんていうか、会社は別に低い評価をしていないのに、

私の頭の中で「あぁーどうしよう、これじゃだめだ、使えない奴だと思われてるかも…云々かんぬん」

悪い方にばかり考えては、勝手に挫折し、もうこの仕事も潮時だな…なんて決めて思い込んでしまう。


じゃまくさい性格だわぁ。

だらけてるのに、あせってる。めんどくさいなぁ、あたし。ほんと。

なにも自分から辞めると言わなくとも、無能と思われれば会社の方から切られるのだから

それまでは適度にやってればいいんだろうな。

あしたは一日、そのくらいの気持ちで働いてみる。

休憩も遠慮しないで時間いっぱい取るぞ。




AD

さてさて

テーマ:

疲れてますよー。

くたくたですよー。

いつの間にかソファーで2時間寝てましたよー。



…もったいない顔8



洗い物しなくちゃと思いチビを寝かした後、泣く泣くお布団から這い出てきたのに

意識が飛ぶかのごとく眠ってしまってダウンあのまま布団で寝てりゃ良かった。

なので、まぁとにかく眠い

絵文字も使うわ。

では最後に、大好きな家族を紹介します。

サザエさん波平フネマスオカツオワカメタラちゃん

タマがいないので猫つながり

キティー キティーちゃん



はい、おやすみなさーい星空


AD

タイトルの通りですわ。


ついこないだ仕事を辞めて、ある意味幸先いいかと思っていたら

もうぐだぐだ。

どうにもならんです。


短期の、日暮し的お給料をもらえるバイトっていいますか、なんか、仕事をですね

初めてはいるんです。

頭が常にボーっとしていて、まったく覇気がありません。

ドラマでありがちかってぐらい、人の話が耳に入らず「あっ…すいません」というシーンを繰り返しては

謝ってます。


私は何がしたくて、なんのために今を呼吸しているんだろうか。

私はどうしてほしくて、SOS信号をだしているのだろうか。

なんでこんなに淋しいんだろうか。

一人はもう慣れた。

夜、子供が眠り、自分が眠るまでの数時間を

当然一人なので話すことなく無言で過ごす、あの時間。

かつて大失恋をしたとき、近くに流れる川まで激チャリ・立ちこぎ猛スピードで行くのが

日課だった。

初夏に失恋したので、ちょうどチャリにはいい季節、札幌。

いざ川につくと、石段に座り込み(疲労で)ホントに何時間でも川を眺めていた。

休日の朝10時から夕方6時ぐらいまで、ペットボトルのお茶一本で居座ったことも。

適度に、いや、かなり日に焼けてしまい、鼻先を真っ赤にして家に帰ったりすると、

母は「いいねぇ、日焼けする暇があって」と私をうらやましがった。


違うよ。お母さん

あたしは、川を見ながら生きるって何か、とか、

明日からどう生きようとか、彼の携帯番号を何度も頭に浮かばせては

行きかう激しい車の雑音とサッカーしてる子供の歓声と犬の散歩にはしゃぐ男子や女子と

規則正しい歩幅でウォーキングする初老の夫婦の姿を遠くに見ながら、




ずっと泣いてたんだよ。

家じゃなけないでしょうよ。


ごめんね、日に焼けておきながら

閉鎖的活動の娘で。




なんてことを、昔はしていた。

こういう心理状態の時は。

今は無理。母だしね。

結局、悩めど悩めど無茶も冒険もできないわけだ。

あー、誰か来て今うるさい息子に晩御飯作ってくれないかな。

ふん。

作るか。


身体中が熱くて、何も食べれない。

ちびの風邪がうつったみたい。ちびはそこそこ元気。

この10日くらいで4キロ痩せた。

このまま調子崩してあと4キロ痩せたら、

このポンコツな価値のない私の身体を褒めてあげる。


そして私は明日も忙しい。







眠れぬ夜

テーマ:

結局、仕事を辞めてしまった。

といっても、もう3日も前に。

「も」前、と表現していいであろう時の流れの早さ。

なんだかんだで半年ほど前から仕事を辞めたかったので、まぁ勢い80%で

辞めてしまいましたが、二度とアホ社員の顔を見なくていいと思うと

あたしの判断は正しかったと確信しております。


で、なんちゃって専業主婦っぽい生活をしてたわけですよ。

ちびを幼稚園に送り、お迎えの時間までに掃除をしたり買い物に行ったり

なんだりかんだり。

父が今入院しているので、話し相手に行ってみたり。

悩み事や心配ごと、気になって仕方のないこと、途方に暮れること

数限りなく、私の奥でうごめいている。

どれから手をつけていいのやら、果たして手をつけたところで何か方向性は見出せるのか

今は、わからない。


数限りない中の一つでもあった、辞めるに辞められずにいた前職でのストレスから開放されたことは

かなりの前進かもしれない。

あの日あの時執拗に私を怒り続けたアホ上司には、辞める勢いをもらった。

ので、ある意味感謝。


これからも大変な日々が待っている。

いろんなことを考えると、眠れなくなる。


少し前に、眠れず夜中NHKの「アーカイブス」を見ていた。

この番組好きなんだよねぇ…でも妙に切なくなってくる。一人でいられなくなるぐらい

見終わったあと寂しくなる。でも好きだから結構毎週見る。

そのときの映像が、昭和50年だか51年放送の「きょうの料理」だったんだけど

たまらないね。

独特のNHKカラーと古さがいい味だしてます。そして臨場感ある優しいカメラワーク。

たまらない。

お品書きはお正月料理。

存分に当時のお正月の雰囲気を感じたよ。あたしはこの頃生まれたんだねぇなんて。

子供の頃は、結局楽しかった。

寒い夜はお母さんと寝ればあったかかったし、眠れない夜はお父さんが

坊主がへそで茶を沸かして食った食ったと言って和尚さんに怒られるという話を

してくれた。

その話のツボがなんだったか忘れてしまったが、当時のあたしは何回聞いても

爆笑していた。 そう、楽しかったのだ。

あたしは自分の息子に、そんな楽しい眠りを提供できていない。かわいそうだな。

がんばろ。


20年も25年も前の子供時代を一気に思い出させてくれる

NHK「アーカイブス」。

みなさんも一度ご覧になってみて。


今日は自力で眠ってみます。



 



それは突然別室に呼ばれてはじまった。
その人は私にいくつかの業務上の疑いをかけていた。
要約すると、私が自分の仕事に優位になるように書類の
改ざんを行っていた。つーこと。
…へぼい職場の分際で壮大な嫌疑かけてんじゃねぇよ。
私の言い分としては、ほんとにミスで書き違えただけである。
しかもそのことで仮に私が優位になるにしても、微々たる物
もしくわ皆無。

なにそれ…。

たしかに書類上ミスは犯していたので素直に謝ったが、
私の中で静かに怒りがこみ上げてきた。


人に意味のわからん疑いをかけ頭ごなしに犯人扱いをし、
さっぱり心あたりがない事に関しては「なんのことですか?」
っと聞き返すと、『自分の心に聞いてみなよ』
と言い放った奴。

俄然なんのことかわからない。



私は少し迷惑な凡ミスを確かにする。
オーダーされていないメニューを堂々とテーブルに
運ぶような。割引キャンペーンは先月終わってるのに
今月も平然と割り引くような。
しかしそれを「なんでしてるのだ!!」と責められても
誠意をもって「間違えました」と謝るしかない。
まっ、多少次元は違うが、そんなニュアンスのミスを
犯罪者かの如く責められた。
しかしながらめげずに記憶をたどり、その時の状況説明を繰り返す私。 
先月か先々月のことだって言うじゃないか。
そんとき言えよ。
こいつ、ほんと普段からだらしがない、適当。
自分が上から怒られそうになったら慌ててこのような行動を
起こす。

「ご説明しても納得いただけないようですし、
 ご迷惑おかけしたので責任をとって辞めます」

実は転職しようと思っていたので、たいした痛手ではなかった。
するっと、言ってみた。



そんなことを言ってるんじゃない、事実を確認したいんだ。
と言うそいつ。

だから私も気がつかないうちにミスをしていたので、
なぜそうなったのかこれ以上説明がつきません。
そういう嫌疑のもとで私を呼び出し、疑いを問いただし、
しかも私の説明で納得いかないと言うのなら、

どないせぇーっっちゅうねん!!!!あぁ~!?!!!!


もう帰る時間を一時間半も過ぎていたので、とにかく
今日一日考えます、と言い席をたった私は、
そいつに聞いた。

「結局のところ、私にどうしろと言いたいのですか?」

奴は携帯をちら見して言った。


「とりあえず通常通り勤務して。」



近日中に仕事やめます。
あいつのいない空間ならなんの仕事でもいいわ。

mixiから記事をブログにそのままUP。
腹立つなぁ。

どっかまだUPできるとこないかなぁ。