息子語録

明日は一週間ぶりの休日。

ゆっくり休みたいところだが、平日しかこなせない用事がわんさか溜まっている。

疲れも癒えぬまま前進あるのみ。


いつものように夜眠る前に息子にトイレを促した。

出てきた息子に、「いっぱいおしっこでた?」と聞くと、















「うん。まんじゅうくらい出た」


















…うん?


  






なんすかそれ!?

(((゜д゜;))) こっ、こわっ((゚m゚;)

      




まぁ…  いいか(;´▽`A``

おねしょさえしてくれなければ、

まんじゅうくらいでも。。。。(ー公ー)

















AD

いのち

テーマ:

朝から気の進まないお客さんとの会話のやり取りにほとほと疲れていた。


「…私は何がしたくて、何を夢みて大人になったんだろう…」


そんなセリフが、へたくそな女優の口から小さくこぼれる。

私は昔、女優になりたかった。そんな頃もあった。


20年前に、憧れ夢見ていたていた大人の自分とは、

10年前に、漠然と想い描いていた未来予想図とは、

まったく違う現実を生きている。

いや、もっと早くに夢を見ることをやめていれば、こんな毎日も

想定できていたのだろう。

暮らしていく為の条件が揃っていても、

どうしても一人では満たされないものがあるのだと、

また、思い知らされる日々。

秋晴れの空が高い。


昼にはまだ早いが、朝ご飯を抜いたせいで11時にはお腹が鳴りそうだった。

お茶を飲もうと冷蔵庫まで向かう途中の休憩室のTVをちらっと見て、


そのニュース速報に、一瞬息をのんだ。


「…えっ、…保育園児の列に車…、心肺停止って…これ、どこのニュースですか!」


鳥肌が立った。ニュースの終わり際を見たので、現場がどこなのかがわからない。

仕事中のため誰もそのニュースをみておらず、慌てて色んなチャンネルに変えたがすでに違うニュースに。

頭の中には息子のことが。

「まさか札幌じゃないよね!どこなの!」

いてもたってもいられず急用のフリをして息子の通う保育園に電話。

しばらくコールしたあと、いつもと変わらない様子の保育士がでた。

「ほっとする」とか、「安堵の気持ち」とは、まさにこういう感じなのであろう。


「昨日の晩、○○お腹壊してたんですけど、痛がってませんか?」

という口実を咄嗟に言い、「今は元気にブロックしてますねぇ」と言う返事をもらった。

早めに迎えに行くのでよろしくお願いします…  そう言って私は電話を切った。

安堵の次に沸き起こる、不幸にも事故に遭われたご家族の心情や、耐え切れない恐ろしさを思い、胸が苦しくなった。

大切な大切な大切な子供を、愚かな一人の人間の過ちで奪い取られる苦しさは、あまりにもつらく、深い悲しみ、恐ろしい絶望…

本当に同じ母親として身を引き裂かれる想いである。


人として、私も間違っているのかも知れない。

まさかうちの子じゃないよね…札幌じゃないよね…と手が震え、違うとわかるとホッとしている。 

でも、やはり自分の子だけは…という想いが私の素直な気持ちでもあった。

親として、なんとしてでも自分の子供を守りたい。


午後からのニュースの時間に休憩を取った。

TV画面に映る現場の映像に涙がでて体が震えた。

どうしてなの、どうして止まってくれなかったの!

どうして、子供が犠牲になるの!どうして、こんなかわいそうな…

息子と同じ4歳のお子さんが亡くなられた。

お母さんの所に帰してあげて欲しい…、どんなに恐かったか。

どんなに苦しくて、どんなにつらくて、どんなに痛くて、どんなにお母さんに会いたかったか。

叫ぶことも、逃げることもできなかった小さな後ろ姿を想うと、

息子の姿と重なっては、苦しくて本当にたまらない。

ママがいないとまだ一人で眠れない息子。

きっと亡くなった小さなお友達も同じはず…  


神様は本当にいるのだろうか。

お願いだから、お願いだから、もう子供たちを犠牲にしないで。

お願いだから、すべての子供たちを救ってあげて。

私にもなにかできないんだろうか。

かつて私自身保育士をしており、子供たちを親御さんから預かる立場でもあった。

子供たちの前で顔は笑っていても、心の中ではかけがえのない命を預かっている、

という緊張感をつねに持っていた。

守ってあげられなかった先生の無念の想いと悲しみも痛いほどわかる。

しかし、後ろから突っ込んできた車から逃がしてあげることは… 

つらすぎるよ。


こんな悲しみ、もう誰もしてはいけない。

人として、大人として、もっと、ほんとにもっと、

一人一人がしっかり生きていかなくちゃいけない。

車に乗っている以上、被害者になるのも、加害者になるのも紙一重なことを、つねに心に持っていて欲しい。

本当に、わかって欲しい。

命の尊さを。

まだ頼りない小さな命の火を、

生まれてから今日の今日まで、家族みんなで消えないように

一分一秒大切に守ってきた深い愛を。


あなたの目の前にある命は、必ず誰かの大切な命だと。


保育園に迎えに行くと息子が満面の笑顔で走ってきた。

むぎゅっとした、小さなやわらかい手を握って

この子が今、生きていてくれる幸せを深く感じた。

そう…、今の私の使命は、この子の笑顔を絶やさないこと。


どうか、亡くなった小さなお友達が天国へ行けますように、

心からご冥福をお祈りいたします。


今も困難な状況にある、この世に1つしかない命が

どうかどうか救われますように。
















AD