不動産SEO

不動産のSEO対策。不動産サイト向けの検索エンジン集客・上位表示で役立つ情報を提供しております。不動産SEO集客に役立ててください。不動産サイトの安定上位表示・安定1位表示実績大量のプロSEO業者のSEO助言・アドバイス

不動産ホームページ、不動産情報検索サイトが検索エンジンから直接ターゲット顧客を集客する場合は、ローカルキーワードで対策して上位表示させれば集客できるようになります。
具体的には、「地名(地域名)+不動産」「地域名+土地」「地域名+賃貸」「地域名+物件」「地域名+一戸建て」「地域名+マンション」「地域名+中古一戸建て」「地域名+中古マンション」等のキーワードがローカルキーワードとして挙げられます。

これらのローカルなキーワードでGoogle検索やYahoo検索で1位表示や上位表示(10位以内)を大量に達成して行けば「嫌でも」ターゲット顧客を集客できるようになります。
競争力のある物件を不動産サイト内で紹介していれば、当然ですが「新規売上」「新規契約」に繋がって行きます。

小規模不動産業者の場合は、数キーワードの対策で予算一杯となるかもしれませんが、それなりの予算が組める不動産会社であれば数十キーワードから数百キーワードで大規模にSEO対策(上位表示対策・1位表示対策)を展開して行く事をおすすめ致します。
それなりのスケール(規模)でSEO対策を進めて行った方がSEO対策・SEO集客の効率は良くなります。

「不動産SEO対策」については以上です。

523字

テーマ:

>上記についてですが、上位表示までの期間を短縮させたい場合は1月~3月分をご入金すれば、よろしいのでしょうか?

はい、1月~3月分を入金頂ければ遡って対策する事が可能です。
遡って被リンクSEO(被リンク対策)を施した場合ですが、上位表示までの「期間短縮」に繋がります。
その理由は以下です。

1月分から3月分の衛星サイト群は既に完成済みの衛星サイト群となります。
既にGoogle検索エンジンに認識(インデックス登録)されており、Googleページランクが点灯していたり、月数経過でオールド化が進みそれなりの評価を得ている衛星サイト群です。
そういった衛星サイト群に被リンクを設置した場合は、早い段階で設置したリンクが「被リンク」として認識されます。
また、過去衛星サイト群は一定期間(平均は9か月~12か月くらい)、毎月「過去衛星サイト群」自体にも外部SEO(被リンクSEO)を施し評価を高めて(リンクポピュラリティを高めて)おります。

4月末頃完成予定の4月分衛星サイト群よりも、過去衛星サイト群は外部SEO強化が進んでおります。
そういった過去衛星サイト群にリンクは設置しますので、最初から強い被リンク効果を期待できます。
この被リンク効果の高さ・強さがいわゆる「被リンクの質」です。

リンクの「アンカーテキストを調整」する事で「被リンクの質」は高められますが、衛星サイト群自体に施す外部SEO(被リンクSEO)を強化する事でも「被リンクの質」は高められます。
「被リンクの質」で最も重要なのは「アンカーテキストの調整」です。
アンカーテキストの出来次第で、自然風リンクと認識されるか、不自然リンクと認識されるかが決まりますので、非常に重要です。
無事、自然風リンクと認識されても、それで終わりではありません。

一本一本の「被リンクの強さ」は各被リンクで全く異なります。
自然風被リンクと認識されていても「弱い被リンク」では効果が知れておりますので、一本一本の「被リンク」を「強く」しなければ(評価を上げねば)なりません。
その「被リンクの強さ」を決めるのが衛星サイト群の「リンクポピュラリティ」です。
過去衛星サイト群はこの「リンクポピュラリティ」が「高い」ため、被リンクを設置する初期段階からそれ相応の被リンク効果が期待できます。

また、対策初期の段階である程度の「量」の被リンクを設置して行く事で、早い段階でそれらのニュー被リンク群が「オールド被リンク」に切り替わります。
早ければ今から6か月後には、初期に設置した被リンク群(4月に設置する被リンク群)が「オールド被リンク化」し、順位「安定要因」として働くようになります。
ですので、対策初期にさかのぼって数か月分のSEO対策(被リンクSEO)を施す事には十分な意味(価値)があるのです。

「ニュー被リンク」⇒「エイジング期間」(エイジングフィルター期間,半年~2年)⇒「オールド被リンク」
この流れで貴「対策URL」群のオールド被リンクが増えて行きます。
最初の段階である程度、数か月分遡ってまとまった「量」の「ニュー被リンク」を供給しておく事で、早ければ半年後にはそれらの初期に設置したニュー被リンク群がオールド被リンクとして機能するようになります。

また、被リンクの集まり方を「時間軸」で観た場合、被リンクSEO(被リンク対策)の遡り期間が3か月程度であれば、検索ロボットには通常は自然に映ります。
自然リンク(第三者から自発的に貼られるリンク)が多く集まって上位表示される人気URLの場合、ある時点でWeb上で注目を集めて急激に被リンク(自然リンク)が集まり、其の後も新規の被リンクが毎月それなりの「量」継続して集まります。
それが人気URLの特徴です。

時間軸で観た場合の被リンク増加の仕方が、自然リンクを継続して集めている人気URLと似ていれば、検索ロボットは「違和感」を感じる事なく「自然な被リンク」と認識します。
時間軸で観て、検索ロボットに「違和感」を感じさせてしまった場合は、集めた被リンクは「不自然な被リンク」として認識され、評価され無くなったり、対策URLにペナルティ(報復)が科せられます。
「被リンクSEO」(被リンク対策)は「時間軸」での「被リンクの増加の仕方」にも注意して対策を進めて頂かないと失敗してしまいます。

「被リンクSEOの遡り期間3か月分」は、「被リンク増加」を「時間軸」で観た場合に、検索ロボットに「違和感」を感じさせない妥当なラインかと思います。
少なくとも過去から現在までは、このやり方で上手く行っております。

>期間短縮はどのくらい見込めるのでしょうか?  

3か月分遡る場合は、3か月分の期間短縮が見込めます。
2か月分遡る場合は、2か月分の期間短縮が見込めます。

by SEO職人 トンちゃん

Yahoo検索上位  通販サイト集客  SEOトンちゃん

A1のロール紙のネット通信販売サイト
A1 ロール紙

ゴルフグリップの通信販売サイト
ゴルフ グリップ
パター グリップ
ゴルフ シャフト
キャディバッグ
ゴルフ ドライバー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Googleの検索アルゴリズムは「オリジナル性の高い『サイト』を上位表示させる」方向で開発が進んでおります。
サイト内の1URLだけオリジナル性が高く、その他のURL群のオリジナル性が低いならば、唯一オリジナル性の高いURLのSEOスコアも確実に下がります。
サイト内のオリジナル性の低いURL群がオリジナル性の高いURLの足を引っ張る形になります。

本来であれば確実に1位表示されるクラスのオリジナル性高いURLが、サイト内のオリジナル性の低いURL群に足を引っ張られて5位表示や7位表示で終ってしまうという事が実際にGoogleの検索結果で発生しております。
Google SEOでは「URLのオリジナル性」だけで無く「サイトのオリジナル性」も上位維持・1位維持で重要になってきます。
Google SEOでは、「サイトのオリジナル性を下げる方向での更新(新ページ追加)はご法度」となります。

サイトを更新をする場合は、新ページのコンテンツの文章量を増やせばオリジナル性は出せますが、オリジナル性を出す方法はもう一つあります。
誰も書いていないような記事を書けば良いのです。
誰も書いてない記事であれば文章量が少なくともオリジナル性は出せます。

そのオリジナル性高い文章量少ない新ページが一番乗りでGoogle検索にインデックス登録され、しばらくしてから誰かが似たような記事を書いたとします。
その場合は、1番最初に1番乗りで記事を投稿した貴新ページがオリジナル、後発者のページは似たようなコンテンツ(オリジナル性の低いページ)という風にGoogle検索エンジンでは扱われます。
先行した貴ページは高く評価され、後発のコンテンツは低く評価されます。

「トンちゃんSEO」で検索するといまだに1代目メインブログが1位表示を不動で維持しておりますが、これも「トンちゃんSEO」で誰もコンテンツを書いていなかった時代にこのアメブロが1番乗りで記事を書いた事が影響しております。
誰も書いていない内容で1番乗りしたURLは「オリジナル性が高し」と判断され検索エンジンから高く評価されます。
上位表示させるURLのコンテンツのオリジナル性はもちろん重要ですが、上位表示させない貴サイト内の更新目的の新ページ群のオリジナル性もサイト評価に影響を与えますので非常に重要になります。

2・3行の記事であるなら、量産しない方が貴サイトのオリジナル性が下がらずSEO集客でも良い結果が得られます。
更新する場合は、直接的なSEO集客を目的としない新ページ群であっても一定のオリジナル性は出す必要があります。

サイトを更新し続けてどんどん新ページ(コンテンツ)を増やして行く場合は、
1、 新コンテンツの文章量を増やしてオリジナル性を出す
2、 新コンテンツの文章量は少ないが誰も書いていない内容でオリジナル性を出す
のどちらが必要です。

このどちらかに沿う形で更新し続けるのであれば、メリットは大です。
現在対策中のURL群のターゲットキーワードでの順位はより上がり易くなり、上位表示後下がり辛くなります。

オリジナル性を出さない方向で新ページを量産(更新)するのであれば、デメリット大です。
一切更新しない方が良いです。
自らの手で順位降下要因を作り出し、順位降下圧力が常に対策URL群に掛かるような事態は避けたいところです。

by SEO職人 トンちゃん

 グーグル上位表示 ネット通販集客 トンちゃんSEO対策

池袋の占い・未来予測サービスサイト
占い 池袋
ヒーリング 料金
占い 未来
ヒーリング講座

コート紙のネット通販ショップ
コート紙
光沢紙
トレーシングペーパー
耐水紙
エプソン ロール紙
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

>現在の有効なSEO対策におけるサイトの更新頻度についてです。
ある程度は定期的に更新していったほうがいいというのはわかるのですが、しないことによる明確なデメリットはあるのかなどありましたら教えていただければ 幸いです。

サイトの更新には既存ページ群の情報を一部書き換える更新と、新規ページを追加する更新があります。

<既存ページの情報を一部書き換える更新を行う場合>
更新無しでも順位は落ちませんので、特にデメリットはありません。
メリットは更新する事で一時的に鮮度スコア(一時的なSEOスコア)が上昇しサイト全体のURL群のスコアが若干上がる事です。
しかし、時間が経過すると鮮度スコアを低下しますので元に戻ってしまいます。

更新し続ければ、高い鮮度スコアを維持できますので一時的SEOスコアが恒久的SEOスコアに上乗せされた状態が続き若干SEO競争で有利にはなりますが、高い鮮度スコアを維持し続けるメリットよりも更新コスト増というデメリットの方が大きくなるため、既存ページ群の掲載情報が古くならない限りは更新の必要はありません。
更新で獲得できるのは一時的なSEOスコアです。
恒久的なSEOスコアを獲得する方向でSEO対策を行った方が良いため、既存ページ群の情報を定期的に書き換える等の内部SEO対策はおすすめ致しません。

<サイト内に新規ページを増やす更新を行う場合>
サイトテーマに沿う形でサイト内にページを増やして行く(更新して行く)のであれば、サイト評価やドメイン評価が上昇して行きます。
但し、情報量の非常に少ないコンテンツを新URLに投稿して更新する場合は、逆にサイト評価ダウンに繋がる場合もございます。
短い記事(文章量の少ないコンテンツ)でも「オリジナル記事」だからサイトの評価はアップするはずと考えがちですが、短い文章ですと似たような文章がWeb上に既に沢山存在しているのが普通です。

それらの似た記事を持つWeb上のページ群が貴サイトの新規ページよりも先にGoogle検索にインデックス登録されている関係で、貴サイト内に短い文章の新ページを増やせば増やすほど「既にWeb上に存在する記事と似たようなコンテンツばかりだな」という風にGoogle検索ロボットに認識されてしまいます。
オリジナル性の低いサイトの順位を下げる方向でGoogleの検索アルゴリズムは開発が進んでおりますので、短い記事で新ページを量産する事(更新する事)によって貴サイトのオリジナル性が低下すれば貴サイト全体に悪影響が及びます。

更新してサイト内にオリジナル性の低いページを量産してしまうと貴サイトの「オリジナル性」(オリジナル度)はどんどん下がって行きます。
オリジナル性が下がって行けば「コンテンツの品質が低いサイト」というレッテルをGoogle検索ロボットから貼られてしまいますので、サイト内の全URLのSEOスコアダウンへと繋がって行きます。
サイトテーマに沿ってページを量産(更新)しさえすればサイト評価が上がって行くとは考えない方が良いです。

「サイトのコンテンツの品質を評価」する「パンダアルゴリズム」はサイト全体をフィルタリングするアルゴリズムである事はご存知かと思います。
更新を通じて貴サイトのオリジナル性が低下して行けば、「サイトのコンテンツの品質評価」はどうなるでしょうか?
「URLのコンテンツの品質評価」では無く「『サイト』のコンテンツの品質」を評価してサイト内のURL群にSEOスコアを調整しているのがパンダアルゴリズムです。

Web上に既に存在する記事と似たような記事を貴サイト内で「更新」と称して量産して行けば、確実にサイトのオリジナル性は低下して行き「サイトのコンテンツ品質の評価」もダウンしてしまいます。
「サイトのコンテンツ品質評価がダウン」すれば、上位表示を狙う既存の貴URL群には順位降下圧力が常に掛かるようになり、SEO競争で不利になります。

2・3行の短い記事で新ページを更新して行くのであれば、更新はされない方が良いです。
貴サイトの評価がダウンしますので、既存URL群のSEOスコア低下を招くだけです。
弊所のSEO実験サイト群でも実際、上述した内容通りの実験結果が出ております。

どの実験サイトでも同じような結果が出ております。
「サイトのオリジナル性を低下させる」方向での「更新」(新ページ追加)ならば百害あって一利なしとなります。
少なくともGoogleの「検索アルゴリズム」下では害にしかなりません。

更新する場合(新ページを投稿する場合)も「オリジナル性」が非常に重要になります。
貴サイトのオリジナル性を下げる方向での更新であるなら、「更新は一切やらない方が良い」と申し上げられます。

オリジナル性の高い記事を新ページとして追加して行くのであれば、貴サイトのオリジナル性が更に高まりますので「更新」によりサイト評価アップが見込めます。
もちろん貴ドメインの評価アップにも繋がります。
新ページにオリジナル性を出す一番簡単な方法は文章量を増やす事です。

新ページのコンテンツのテキスト文章量が少なければ少ないほどWeb上の既存コンテンツとかぶる確率が高まります。
2・3行のコンテンツであれば90%以上の確率でWeb上の既存ページ群の記述内容とかぶってしまい「似たようなコンテンツばかりでオリジナル性の低いサイト」という評価を下される可能性が高まります。

文章量が多くなればなるほどWeb上の既存コンテンツとかぶる確率は下がって行きますので、文章量多いコンテンツを新ページ入れて更新して行けば「オリジナル性高いサイト」として検索エンジンから認識されるようになります。
オリジナル性が高いサイトはパンダアルゴリズムに引っ掛かる事はマズあり得ませんので、サイト全体のSEOスコアダウンを回避しつつ、サイトテーマに沿った記事がサイト内で増えて行く事でサイト評価アップやドメイン評価アップがはかれます。
更新を通じてオリジナル性の高いコンテンツを貴サイト内で増やして行くのであれば、オリジナルコンテンツの数の増加に連動してサイト内の既存URL群の内部SEOスコア上昇に繋がり更にターゲットキーワードで順位が上げ易くなり、上位表示後も順位が下がり辛くなります。

by SEO職人 トンちゃん

Google上位表示  EC集客  トンちゃんSEO

大阪のメンズエステサービスサイト
大阪 メンズエステ

京都の遺品整理屋さんHP
京都 遺品整理
不用品回収 京都
産業廃棄物 京都
粗大ゴミ 京都
事業ゴミ回収 京都

オイルマッサージサービス、大阪府HP
オイルマッサージ 大阪
メンズエステ 大阪
リンパマッサージ 大阪
オイルマッサージ 心斎橋

オイルマッサージ屋さんのホームページ、大阪府
オイルマッサージ 大阪
大阪 アロママッサージ
堺筋本町 オイルマッサージ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。