2015年04月24日(金)

縁結びシリーズ合せ札 逢わせるまでの奮闘記

テーマ: ∟木札周辺の豆知識2
2つお札を合せて
1つのデザインになるようにできませんか?


本当に良くある質問なのですが~


彫刻してから半分に切っちゃうだけだから!とか、
2つ並べて真ん中に彫刻すればいいんだから!

などなど、皆さん簡単におっしゃられますが、、、
実際に、どうなるか!やってみます。


まず、彫刻してから真ん中に見当をつけます。


割見当1割見当2


割中心線
※画像クリックで!さらに拡大

真ん中に、平行、垂直を意識しながら、

×見当つけ
※画像クリックで!さらに拡大

中心線を引いて、切る目印をつけました。

割、×中心線
※画像クリックで!さらに拡大

見当にそって曲がらないように切断いたします。

割カット
※画像クリックで!さらに拡大

単純な図形ほど、真中からずれるとかたよって見えてしまうので慎重に!

×カット
※画像クリックで!さらに拡大

綺麗に真っ直ぐ切断できました!

が・・・・・・


ノコメの分なくなる
※画像クリックで!さらに拡大

うまくいった!

何かおかしい??? 合せてみます。


×と割をくっつけた
※画像クリックで!さらに拡大

遠目からだと何となく合っているように見えますが、

「×」って線が真っ直ぐじゃないし~


×は真っ直ぐになってない
※画像クリックで!さらに拡大

 切断するノコ歯の厚みがありますので、その厚みの分だけ間がなくなってしまいます


「割」のほうは、真ん中が少しなくなっているので、何となく間抜けな感じがします。

何となく間抜けの割
※画像クリックで!さらに拡大

仮に、強引に半分にしたとしても、

合せる部分に、こうした細かくて欠けやすい個所が出てこないとも限りません。


細かい部分は欠けやすい
※画像クリックで!さらに拡大

ですから!何の文字を半分ずつに!
と、簡単に作れるものではないのです。


叶う偏「口」
※画像クリックで!さらに拡大

偏(へん) と 旁(つくり)に分けたものを、

叶う旁「十」
※画像クリックで!さらに拡大

それぞれのサイズ、毎にそれぞれ大きさを調整し

それぞれ偏と旁を調整
※画像クリックで!さらに拡大

かつ、同じサイズの合わせ札を合わせた時に

1つの文字になるようにバランスを調整しているのです。

ですから、
「○○の文字を2つに分けて」と簡単にはご案内ができないのです。

心の中では、もっとできればな~と思うのですが、誤魔化して簡単なやっつけにはしたくありません。
大切な方と合せてお使いいただく1つ1つですから・・・


したがいまして、縁結びシリーズ「文字の合せ札」は、
「叶」と「絆」の2文字のご案内しかできないのです。。


合せた時にその文字に見えるよう調整しております
※画像クリックで!さらに拡大

また、綺麗に真ん中に並べて彫刻をすることも

微妙に違う大きさの御札を合せて中心を狙うのは至難の業!!!


ですから、

文字と同じように左右をそれぞれ作り


綺麗に真ん中で合わせるよう左右を彫刻
※画像クリックで!さらに拡大

合わせた時に1つの絵になるように慎重に調整して彫刻するのです。

 そもそも一つに出来たものを「割る」のは、如何なものか。。

やはり、それぞれ個性を持った2つがピタリと合わせ繋がる方が意味合い的にもよろしいのではないでしょうか。


1つ1つ合せることは手間もかかり遠回りのようですが、今現在の技術では一番確実な方法だと考えるに至り開発をいたしました。


縁結びシリーズ合せ札 左右2縁結びシリーズ合せ札 左右
※画像クリックで!さらに拡大

 左右それぞれで作りますので、同じサイズであれば違う素材同士でも合うように調整いたします。

素材違いでも同じサイズなら合わせます素材違いでも同じサイズなら合わせます2
※画像クリックで!さらに拡大

素材によって同じサイズでも厚みが違い段差が生じることもございますが、

素材ごとに厚みが違っても
※画像クリックで!さらに拡大

並べて正面からみた時には、真ん中の柄が合うように調整致します。

正面から見た時に真っ直ぐ見えるよう調整いたします
※画像クリックで!さらに拡大

最後に、家紋やオリジナルのマークでできませんか?

と、いう質問もありそうなのでお受けできない理由をお伝えいたします。


星やハートでも合せるのは難しいことお伝えしたはずですが・・・


家紋を綺麗に合わせた所で・・・(木瓜)家紋を綺麗に合わせた所で・・・(鷹の羽)

綺麗に半分にしたとしましても、

残る部分が細かくなって欠けやすいことが想像されます。


欠けやすい(木瓜)
※画像クリックで!さらに拡大

もの凄く時間をかければ、左右それぞれ作れないとこもないのでしょうが、出来上がって簡単に欠けやすい部分を含めて作る訳にはいきません。

欠けやすい(鷹の羽)
※画像クリックで!さらに拡大

 デザインと強度に難がありすぎるので、家紋やオリジナルのロゴのご案内もできかねるのです。

したがいまして、
縁結びシリーズ合わせ札は、
専用に開発した5種類のご案内
となります。

1.音符♪を合わせた「奏(かなで)で合わせ」
2.星を合わせた「宙(そら)合せ」
3.ハートを合わせた「縁(えん)合せ」
4.叶の文字を合わせた「叶(かなう)合せ」
5.絆の文字を合わせた「絆(きずな)合せ」


5種類でのご案内で、合せる面への文字入れや家紋のワンポイントなど追加彫刻はございません。

縁結びシリーズ
※画像クリックで!さらに拡大

この絵柄でのご案内で、文字入れなどは、もう一方の側へとなります。

片側へのお名入れお木様(おこさま:木札)

新しく展開が始めました「縁結びシリーズ合わせ札」の逢わせるまでの奮闘記でした。


本サイトで詳細
⇒縁結びシリーズ「合わせ札」


あなたの想いを刻む名入れの木札専門店


印象に残る記念品が20名様分ならポケットに!?
当日の持ち運びが楽チン!粋な名入れの記念品が幹事様に喜ばれる理由!
w w w . f u d a y a . c o m / r i y u 理由
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浅草鳥越 木に想いを刻む 木札職人 芳雲(ホウウン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿