2015年01月31日(土)

社会科見学から自分の想いを再認識

テーマ:★芳雲のルーツ.想い
先日、多摩市S中学校の生徒さんが、
「日本の伝統文化を学ぶ修学旅行につながるような学習の仕方を学ぶ」ということで社会科見学にお越しくださいました。


 「ものづくり」の楽しさが伝わればいいな~


まずはお店で木札の由来について
※画像クリックで!まずはお店で木札の由来についてをさらに拡大

そう思って話すのですが、やはり最初はお互いが緊張しています。


最初の質問でいきなりきました!


『伝統的なことを受け継ぐのに大切な事はなんですか?』

まだ、序盤でしたので頭も回らず、ひとまず

仕事を好きになること! と、お答えしましたが・・・

工房へ移動して制作工程の説明へ
※画像クリックで工房へ移動して制作工程の説明!さらに拡大

さて?答えになってるか?

何でも質問に答えるって大変(・_・;;) などと思いながらも、
由来などの説明から制作工程の説明へ

やはり作っている時の方が、いつもの事で気軽に話ができます。


これで木札の成形が終了
※画像クリックで!さらに拡大

こちらの緊張も収まってくると、お互いの緊張感も取れググッと距離が縮まります。

 「簡単に製材したもの」や「簡単に彫刻したもの」と、
私が手がけた芳雲流の木札の仕上がりの違いなどをなどを見比べてもらいました。


彫刻した仕上がりを見比べ
※画像クリックで!さらに拡大

都度、都度、木札を触って頂き、手触りの違い、見た目の違いなどをご覧いただくなかで、少しでも「ものづくり」の楽しさが伝われば本望です。


最後に、記念写真をパチリ!


多摩市S中学校の5人組

 そして、今回の見学にあたり一枚のプリントを作ってお渡ししましたが、5月の宮城県の中学生が見学にお越しくださる時には、さらに伝わるように手直しを致します。

作ったプリント

最後に、この見学を通して、どんな想いで木札を作っているのか?
何を伝えたいのか?ということを、今の言葉にしてみました。


お木様(おこさま:木札)を手にした方がまず元気で明るくあって欲しい。その人が元気で明るくあれば、その周りの方が明るくなり元気になる。
 何事も初めは自分の身近なところから、これが幸せの原点なのではないかと思う。

だから、僕は皆さんが元気になるお木様を届けたい。



5月までには、さらに質問返答力を磨いてまいります。

下町大好き↓↓↓応援してね!
元気の源です→にほんブログ村 地域生活(街) 上野・御徒町・浅草情報へ←お願いいたします!


あなたの想いを刻む名入れの木札専門店
ブログを書いている芳雲のいるお店⇒フダヤドットコム
⇒芳雲が選ぶ厳選素材について


和物も好きなサーファーの方へ贈り物
あのハワイアンコアの中でも良質な素材を厳選したオリジナルネームプレート
w w w . f u d a y a . c o m / h a w a i i a n - k o a

長い間ありがとう!私のこと忘れないで!
お世話になった会社、部署の皆さんへ形に残り忘れられない贈り物!
w w w . f u d a y a . c o m / k a n s h a 感謝
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浅草鳥越 木に想いを刻む 木札職人 芳雲(ホウウン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿