2014年12月19日(金)

職人魂に火をつけられた一言!純銀細工を嵌め込むということ!

テーマ:■もっと知りたい木札こと
どんな言葉で職人魂に火を付けられたのか?

想像しながらご覧いただければ幸いです。



先日は⇒へびが出た!?訳ですが・・・

今日は
馬が出た!!!(笑)

象嵌木札 左駆け馬

午年の方、商売繁盛を願う方!
お1ついかがでしょうか?

と、いう話ではなくて~~~

こちらも、色々とデザインを考えて・・・


デザインも色々と考えてみる
※画像クリックで!さらに拡大

やはり「駆け馬」は「朝日」との組み合わせ!

決まり物は、決まり物の王道で!

しかし、普通に右向きに進むのは面白くないので、
左向きで縁起の良い「左馬」~の中でも、背景の大きさやバランスを微妙に変えて試します。


微妙に変えて試して
※画像クリックで!さらに拡大

その中から、

これだ!!!ってのを選んで銀細工を埋めこみます。

上の画像のように、『落とし込み』を作ってから嵌め込みます。


純銀製 象嵌木札駆け馬
※画像クリックで!さらに拡大

ね!綺麗でしょ!!!

って、今日のお話はこれからが本番です

この駆け馬の銀細工ですが、パットみ同じように見えますが!!!


よーーーくご覧いただくと、微妙に形状が違うのです。


そこで二つの銀細工を見比べてみます。


注)尻尾の形状(特に先っぽ)1
尻尾の形(黒)
※画像クリックで!さらに拡大

こちらは、丸くすっきりしておりますが、

下の本黄楊は、オマケがひょィっ!と出っ張ってます。


注)尻尾の形状(特に先っぽ)2
尻尾の形(黄楊)
※画像クリックで!さらに拡大

見えますか~~~? 先のトンガリ!

抜型という、型を使って同じように輪郭をくり抜くのですが、この大きさですと微妙に曲線が違ったりしてしまいます。


注)口元の表情(輪郭)
顔の表情(黄楊)
※画像クリックで!さらに拡大

口元にちょっと、余分に肉がついているかいないかの差ですが、表情が個性となって表れているような気もしております。

同じ作業で抜き取っても、これだけ違うんです。


注)口元の表情(輪郭)2
顔の表情(黒)
※画像クリックで!さらに拡大

さらに、入り組んだ脚の内側などは、1つ1つ手作業で切り抜きますので!

注)掻きこんだ脚の内側1
掻きこんだ前足の形状(黒)
※画像クリックで!さらに拡大

こちらは、スッキリしていますが、

下はギザギザしているのがおわかりでしょうか?


注)掻きこんだ脚の内側2
掻きこんだ前足の形状(黄楊)
※画像クリックで!さらに拡大

全く同じように見えますが、1つ1つ表情が違うのです。

???

1つ1つ違うという事は!?

銀細工を逆に入れ替えてみると!

もちろん、落とし込みに入らない・・・


口元、もも隙間だらけ
※画像クリックで!さらに拡大

口元は隙間が大きくあいて・・・

角度を変えてみると、後ろ脚の内側にも隙間が・・・


ちょっと角度を変えてみた
※画像クリックで!さらに拡大

黒檀の方は、口元がはみ出して、

その分?尻尾がブカブカ・・・


口元と足はいっぱい、尻尾はブカブカ
※画像クリックで!さらに拡大

キッチリ嵌って(はまって)いないと、何だか間抜けな感じがしてしまいます。

逆に載せて正面から撮りました。パチリ


嵌ってない
※画像クリックで!さらに拡大


だったら落とし込みを大きめにすれば!

と、象嵌木札を作り始めた頃に試作を作って、知人に見て頂きました。

販売当初のラインナップはこの3種
象嵌木札販売当初の三種
※画像クリックで!さらに拡大

知人:
かっこいいね~!この龍!!!こんなの見た事ないよ~

でもね、細かい事を言って本当に悪いんだけどぉ、、、


この隙間にホコリが入っちゃうのが気になるんだよね~

芳雲の心の声:
よっしやっ!やったろうじゃん!
 隙間をなくせばいいんでしょ!
隙間をなくせば!!! えいっ!


シックリピタッと
※画像クリックで!さらに拡大

同じように見えても、銀細工は微妙に形状が異なるため1つ1つ丁寧に輪郭取りをしなくてはなりません。


そして、販売開始時の象嵌木札の触れこみは!


隙間なく、純銀細工を埋めこんだ!

純銀製象嵌木札の誕生秘話でした。

駆け馬 木札
※画像クリックで!さらに拡大

現在のラインナップ⇒純銀製象嵌木札

「馬」と「へび」もございます、そして・・・


象嵌木札:純銀細工を隙間なく木札に嵌め込む職人技
 1.職人魂に火をつけられた一言!
  ↓ ↓ ↓
 2.純銀細工の象嵌は落っこちないの?
  ↓ ↓ ↓
 3.1つ1つ銀細工の形は同じじゃないの!?
  ↓ ↓ ↓
 4.象嵌木札の銀細工が出来るまで(1.金型を彫刻する)
  ↓ ↓ ↓
 5.象嵌木札の銀細工が出来るまで(2.嵌め込む銀細工の形に)
※象嵌細工ができるまで完成にあたり追リンクしました



あなたの想いを刻む名入れの木札専門店
ブログを書いている芳雲のいるお店⇒フダヤドットコム
⇒芳雲が選ぶ厳選素材について


粋なキープボトルの名札で差をつける!
他のお客様とは違いはこれで決めます! 想いを刻んだボトルタグ一つより
w w w . f u d a y a . c o m / b o t t l e - n a m a t a g

ゴルフネームタグ、名札は和風じゃダメですか?
粋で目立つと評判!贈答用にも!自然素材のゴルフネームタグ
w w w . f u d a y a . c o m / t h e m e / g o l f /
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浅草鳥越 木に想いを刻む 木札職人 芳雲(ホウウン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿