2013年04月24日(水)

自然の2色ツートンカラー、縞黒檀です。

テーマ:|-素材 について深~ぃぃ
これまでに青黒檀のツートンは、ご紹介そして販売をしてまいりましたが、今回は、縞黒檀の2色が入荷します。

縞黒檀ツートン2色


えーーー!?

嘘だーー!くっつけたんでしょ?

と、よく聞かれますので、画像中心で説明いたします。


 以前、青黒檀の時に「水や養分などを通す=辺材(へんざい)」と「幹をささえる=心材(しんざい)」の境であることは、ご紹介いたしました。


心材と辺材
※画像クリックで!さらに拡大

「心材」が木の中心部で主に木工製品などになり、「辺材」は色も違い素材によっては、構造的に弱いので一般的に使われることはあまりありません。

一枚板
※画像クリックで!さらに拡大

一枚板などに順序よく加工されてた後にでる半端な部分。

拡大
※画像クリックで!さらに拡大

端っこの部分ですので、流通の過程で切断されはじかれてしまうものがほとんどです。まれに、流通する時は、この形ままの事が多いのです。

そのイビツな形から木取りをする訳ですが、平らな面から切断すると・・・


ななめ×
※画像クリックで!さらに拡大


このように、境の部分がナナメになってしまいます。

実際の木で普通に平らな面から切断すると、白黒の境がナナメってことです。


ななめになっちゃう実際の画像
※画像クリックで!さらに拡大

青黒檀や黒柿の時よりは、質量的に多いのでなるべく真っ直ぐになるように、裁断していただきました。

絵図で説明すると


数が取れない
※画像クリックで!さらに拡大

かなり面倒な作業になる上、数も取れなくなるのですが・・・

まぁ、そうしたご要望が多い事は何となくわかりましたので、頑張りました。

なるべく真っ直ぐに裁断
※画像クリックで!さらに拡大

自然のものなので、それでも限界はあるのですが・・・

自然のモノなんです。。はい、

量的には、かなり数が取れると思ったのですが


虫喰い指差し
※画像クリックで!さらに拡大

虫食いの小さい穴が無数と広がり。。あ~あ。。

拡大すると


虫喰い・・・拡大
※画像クリックで!さらに拡大

辺材部分は、害虫にも弱く小さい穴が時折あるんです。

幹を支える色の濃い心材部分は、虫食いに強い成分を蓄えるので、ほとんど見当たりません。

と、いうわけで、半分使えなくなりました。


そして、なるべく真っ直ぐになるように両サイドを切る訳ですが、切った後の製材もお互いの色素が違うので、少々気を遣います。


2色は製材も気を遣う
※画像クリックで!さらに拡大

こうして、縞黒檀の2色ができあがるのです。

縞黒檀ツートン2色
※画像クリックで!さらに拡大

さて、自然のツートン2色、くっつけたのではありません。

他にも質感の違う色々な白黒ございます⇒極レア自然の2色ツートン



あなたの想いを刻む名入れの木札専門店↓フダヤドットコム
ブログを書いている⇒芳雲がいるお店(店舗情報)


お祭り用は今からしっかり準備!大人気の渋~い黒檀!
素材にこだわるフダヤドットコムは、黒檀も3種!ひとくくりには扱いません
w w w . f u d a y a . c o m / k u r o 黒
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浅草鳥越 木に想いを刻む 木札職人 芳雲(ホウウン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿