2012年10月30日(火)

5.唯一のデジタル行程から進化する最終仕上げ

テーマ:★芳雲のルーツ.想い
 フダヤドットコムのお木様(おこさま:木札)は、自然素材の良さを活かすことで、木の温もりや癒しの力を表現したい。


すなわち、手にした時の感触、木のぬくもりを感じていただきたい。
そして、あなたの名入れの分身を長く大事に育てていただきたいのです。


ですから、その自然の良さを引き出すために、

塗装などはいっさいせずに手作業で丁寧にみがき上げてまいります。


あなたの名入れの逸品


極上の手触りが生み出されるまで!

と、いうことで製材シリーズ最終の第5話になりました!!!


もう、お読みいただきましたか?

 ・「素材を仕入れた状態から最初のみがき」⇒第1話
 ・「切断と、切断のあと処理(その1)」⇒第2話
 ・「切断と、切断のあと処理(その2)」⇒第3話
 ・「紐を通す「穴あけ」とその処理」⇒第4話


 さて、ここではいよいよ最終の名入れの彫刻に入りますが!



ここで唯一のデジタルな工程があります。



唯一のデジタル行程
※画像クリック!でさらに拡大


なかには、「機械彫りね!」 と、

ハナから、それだけで毛嫌いをする方もいらっしゃいますが、

デジタルな工程でもアナログ的要素をたっぷり入れこんで味のある作品にすることは充分叶うと思っております。


その一つとして・・・

一文字一文字、ていねいに文字の配置のバランスを調整したりする訳ですが、今回は素材の仕上げについての紹介ですので、そのご説明は⇒こちら
(アナログ的な要素の注入)


まぁ、

手を入れなければ「デジタルな要素」は「デジタルな仕上がり」でしかありませんので、そう言った意味では、嫌がる方もいるかと思います。



とは、いいましてもデジタルな機械的な要素ならではの良い部分もあります。


こんなに細かく家紋を入れたり、細~い線や文字をシャープに綺麗に彫刻することができるでしょうか?



ですから私なりの表現をするために!!!


素材を自分の目で見て厳選し、自分の手で製材をしてみがき込み、

文字の配置や大きさのバランスも一文字一文字ていねいに、

出来る限りアナログ的な要素=手作業や感覚的な部分を多く入れ込むことに注力しているという訳です。



出来上がったお木様(おこさま:木札)達
※画像クリック!でさらに拡大


 こうして・・名入れなどの彫刻が終わり、
最後の仕上げのみがきに入ります。


 この後も4~5行程かけてみがきますが、素材によって良さの引き出し方は当然、異なりますので違った仕上げ方になります。


 その工程は企業秘密ですので実際に、お見せすることはできませんが・・



極上ピカピカつるつる
※画像クリック!でさらに拡大

言えることがあるとするならば・・・

最終仕上げの工程も手作業ということ。


もう一つは、


本黄楊札、光ってます
※画像クリック!でさらに拡大

自分なりに!

現時点では、最高の仕上げ方であると思いますが、

何か閃いたらチャレンジもしますし、良いと思えば積極的に取り入れていくということ。


あなたの名入れの逸品
※画像クリック!でさらに拡大

 蒲生芳雲も、まだまだ進化します!

蒲生芳雲は、まだまだ進化する
※画像クリック!でさらに拡大

どうぞ、これからもフダヤドットコム、蒲生芳雲、スタッフ一同、宜しくお願いいたします。


極上の手触りはこうして生まれます!
最初からの方は1.からご覧ください。
↓ ↓ ↓

1.目で見て選んだ厳選素材の表面をみがく

2.切断と、切断のあと処理(その1)
3.切断と、切断のあと処理(その2)
4.紐を通す「穴あけ」とその処理
5.唯一のデジタル行程から
進化する最終仕上げ

あなたの想いを刻む名入れの木札専門店
特典付⇒木札カタログ資料請求
⇒芳雲の店舗情報


職人技で差をつける!純銀細工と木のコラボ
龍.獅子.鳳凰.虎.鯉.神輿.風神.雷神.純銀細工を埋め込んだオリジナル
w w w . f u d a y a . c o m / s h o k u n i n w a z a 技


お祭り用は今からしっかり準備!大人気の渋~い黒檀!
素材にこだわるフダヤドットコムは黒檀も種類ごとに3種をご案内
w w w . f u d a y a . c o m / k u r o 黒


想いを刻む名入れ木札一つよりお作りいたします
皆様の大切な思いを感じた瞬間に目覚めました⇒クリック↑↑↑
w w w . f u d a y a . c o m / o m o i 想い
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浅草鳥越 木に想いを刻む 木札職人 芳雲(ホウウン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿