2011年02月15日(火)

蒲生芳雲の皆様への約束 ④やさしく刻む

テーマ:★芳雲の皆様への約束
やさしく刻む。

どういうことかといいますと
   「活きたお名前」
   「活きた言葉」  に表現して彫刻するということです



この彫刻する部分だけはデジタルな要素を使用いたしますが、
ただそのまま彫刻するのではなくデジタル的な機械の特性をも活かして
想いを刻むということです。


神社などによく貼られ

木札のデザイン的な由来の1つとも考えられる「千社札」。


その文字は札いっぱいに大きく描かれております。

なぜかというと商売繁盛の願掛けの1つであり

「隅から隅までお客様が入りますように」と画面いっぱいに大きな文字を書いたのです。

さらに私の彫刻する木札は

「福もたくさん内に来ますように!」 と願いを込めて

なるべくお木様(木札)いっぱいに大きな文字にし、

その中で1文字1文字ていねいにバランスをとっております。

$-やさしく刻む文字のバランス
※画像クリックでさらに拡大

また、家紋などの細かい彫刻も、手作業ではここまで小さく綺麗に彫ることはできません。

ここでも「綺麗に見えること」が大前提であり微調整は欠かしません。

これが私なりの「やさしく刻む」ということです。。


   蒲生芳雲の皆様への約束
   最初から↓↓↓
      ①木育てはこそだて    
      ②自分で見て素材を厳選  
      ③自分の手でみがきあげる 
      ④やさしく刻む             
      ↓ 次へ ↓
      ⑤木材製品を使うということ


      ブログ最新の記事へ


あなたの想いを刻む名入れ木札専門店
特典付⇒木札カタログ資料請求
⇒芳雲の店舗情報
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浅草鳥越 木に想いを刻む 木札職人 芳雲(ホウウン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿