京都~伊勢の旅から数日後、今度は広島や島根方面へ。


相方の両親が「名城100選」のスタンプ集めをしてまして、80個くらいすでに集めてます。

日本国中にあるので大変そうです。

 


日本100名城公式ガイドブック
 



近所の八王子城とか何か所か我が家がお手伝い(ドライバー)した記憶はあるのですが、せっせと集めてきてたんだなぁとびっくり(笑)


島根あたりは車がないと厳しく(両親は免許を持ってない)、1か月休みなら!と相方に白羽の矢が立ったのです。

ちなみに、旅費は自己負担。けっこうな金額になっております。。。


こちらの旅は親孝行ということで、お城中心の行程となっております。

かなりのタイトスケジュールが組まれておりまして、時間との戦いでございます。

どれだけ楽しめるか未知数でしたが、そこは割り切っていくしか。



この旅はそんなにカメラの出番もないかなと、レンズを望遠だけにしてみました。

Wレンズキットとして売られてる、望遠の方だけ装備。

あんまり使ったことがなくて、撮れる範囲とか、使用感が知りたかったから実験を兼ねて。




さて。


初日は新幹線で広島まで。11時くらいに着きます。

耳が弱い私を気遣ってくれて新幹線移動となりましたが、広島くらいまでだと飛行機も新幹線もトータルの時間的にはあまり変わらないようです。


横腰痛いが発生してて、ダイソーで移動中用のエアクッション(骨盤枕として売られてたもの)を準備。

これ、けっこう大事でした。

あんまり腰が背もたれにはまりすぎないように、足の付け根をぎゅっと折り曲げすぎないように、ほんのちょっとだけ膨らませたクッションが役に立ちました。


まずは広島城。


駅前のビルの中のお好み焼き屋さんでお昼をいただき、広島城へ。

別名「鯉城(りじょう)」。昔地名が「鯉」だったからとか、堀に鯉がたくさんいたからとか、そんな理由らしいです。


太平洋戦争時、本丸に大本営があったため破壊目標だったそうで原爆によって天守は倒壊(ウィキより)。

大本営の跡地、たしかにありました。


無事にスタンプをゲットして、その後、敷地内にあった「広島護国神社」に立ち寄って御朱印をいただき、原爆ドーム、原爆資料館へ。

初めてだし、資料館は読む系が多くてじっくり読みたかったのですが・・・タイトスケジュールのため30分ほどで撤退。

人も多くて、ちゃんと見たりするなら2時間くらいは必要な気がします。

外国の方がとにかく多かったです。

 


核兵器反対!!は当然なのだけど、普通の兵器はありきなのはなぜだろうと疑問に思ったりします。

世界はそんなに単純じゃないというのはわかるけど、核兵器も生物兵器も普通の兵器も、役割は同じなのに。









で、宮島へ急ぎます!!


そう、もう夕方に差し掛かる頃、厳島神社へ行くのです。

フェリーがちょうど出る時間で小走り。




 


鹿さんもたくさんいました。

観光客からエサをもらってないせいか、奈良公園の鹿よりおとなしいというか控えめというか、穏やかでした。













そこはかとなくタコっぽさを感じるのは私だけ?(笑)

 

ちなみに、帰りのフェリーもギリギリで(次を待てばいいんだけど)行きよりも激しめにダッシュ。

なにやらあわただしい旅行の象徴のようです。



この日のお宿にあったミニチュア。





お部屋から鳥居が見えるホテルでした。
行く先行く先で遭遇していた某中学の修学旅行生。

なんと、同じホテルに宿泊でした(笑)

修学旅行の宿ってもっとひどかったなぁとか思い出したりしてました。


つづく




 

  

AD

コメント(6)