風男塾オフィシャルブログ「刮目」Powered by Ameba


「白羅の真笛」(びゃくらのまてき)
その美しいフォルムから美術コレクションとしての価値もあり、
「吹いてよし・殴ってよし・見てよし」という武器界の三冠王とも云われている。
その昔、高師淵(こうしえん)と呼ばれる土地に魔物が住んでいた。
時の権力者は、全国から9人の勇敢な武将を集め選抜隊を結成。
その時、魔物を鎮めるためにこの笛を使ったとされている。
この事から、仲間と協力し合う「和」の心がないと吹く事が出来ない。
余談だが「甲子園に魔物が住んでいる。」とはこの出来事が語源ではないかと野球評論家の間では噂されている。



風男塾伝風記「嗚呼、旋律は君へ響く」より

AD