2017年05月18日

F.T.W. show FINAL2 スペシャルゲストの紹介です

テーマ:F.T.W. show

F.T.W. show FINAL2 スペシャルゲストの紹介です

 

 

 

 

 

モーターサイクル部門

 

あの Custom Works ZON がやって来る!

 

 

 

 

 

 

 

 一昨年、日本中の第一線カスタムバイクビルダーが、同一バイクを題材に真の頂点を決めるグランプリ大会が行われた。そのタイトルは

「 STREET BUILD OFF 」

 

 

 

 ここのスタートラインに並ぶだけでも競争率は100倍、200倍と難関。その中でもグランプリを獲得したのが今回、F.T.W. show FINAL2 にゲストとして参加する Custom Works ZON

 

Custom Works ZON HP

 

 

 

 

 

 

 

題材として提供された Harley-Davidson STREET750。

そんな最新モデルに「カルマグ」というクラシカルなホイールを選択するなど、抜群のセンス。

さらにはワンオフで製作されたタンクには、世界中で活躍の福岡のアーティスト Mr.G (ミスタージー)がレタリングを担当。

 

 

 

 

現在 CW ZON は世界中からも注目を集め、海外からカスタムショーやモーターショーのゲストに招待され続けている。

ウワサによるとドバイの富豪からもカスタム依頼のオファーが…!

 

 

 

 

そんなCustom Works ZON が今回のスペシャルゲスト。

さらにはもう1台、CW ZON からサプライズな展示も発表されているが F.T.W. show の事務局でも把握していないスペシャルマシーン!?

 

どんなカスタムが会場でお披露目されるのか、今週末の日曜日

西日本総合展示場/本館で開催される F.T.W. show FINAL2 の会場に足を運んだ人たちだけが目に出来るサプライズカスタム。

 

 

乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーカー部門

 

1967年式の FORD MUSTANG、ボディーはもちろん、フレームから足回り、全てをレストアしたショーカーが展示されます。

 

 

 

 

 

このクルマを手掛けたのは太宰府に本社を構える KROOZ customs

低く構えるスタイルを可能にしたのは、エアサスペンション。

フルレストアに伴い足回りは4輪共にディスク化。

 

KROOZ-CUSTOMS → HP

 

 

 

 

 

 

内装はブラック一色で統一される。もちろんここもフルレストア。

 

FTW の会場ではコンバーチブルを開け、ご来場の皆様に渋く仕上がった内装もお披露目予定。

 

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

モーターサイクル部門

 

 

Aki Sakamoto が帰って来る!

 

 

 

1990年代半ばからアメリカのモーターサイクル専門スクール"MMI"で知識を学び、2000年代、全世界が熱狂したカスタムハーレーブームの火付け役 "West Coast Choppers" の Jesse James に師事し、東洋人で唯一 "WCC" に入門。共に世界中を沸かせたカスタムビルダー、それが Aki Sakamoto だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出身は福岡市。 現在はカリフォルニア州ロサンゼルス/ハワイアンガーデンで "HOG KILLERS" を主宰。

 

HOG KILLERSHP

 

 

 

 

 

全米でも様々なカスタムショーに招待され、今回は地元九州で開催の F.T.W. show FINAL2 にスペシャルゲストとして登場です!

 

 

 

 

 

会場では彼が手掛けた California Made のチョッパーが並び、モデルの Queen が華をそえます。

 

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーカー部門

 

 

 

 みなさんは Ford GT40 というクルマをご存知でしょうか?

1960年代、フォードの威信をかけ様々なレースで活躍した 孤高のFord製のレーシングカー

FORD GT40 (ジーティーフォーティー)

 

アメリカはもとより、ヨーロッパ、この日本でもめったにお目に掛かれないアメリカを代表するモンスターV8マシーンが、今年 F.T.W. show の会場に登場致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

車名のGT40の由来は、低く流れるルーフの高さが実に40インチ(約1m)と信じられない車高の低さ。

クルマへの乗り降りはステアリングを外し、さらにはドアと同時にオープンする屋根もFord GT40の特徴のひとつ。

 

当時でもレース用にわずかな台数と、ホモロゲーション用販売でごくごく少数生産の貴重なレーシングカーで、登場以来数えきれないくらいのレプリカやコピーモデルもこれまでに多数生産されてきました。


 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンはミッドシップ(運転席の後方!)に収まり、ボンネットとリアフードはチルト方式で前後に大きく跳ね上がる。またガソリンタンクは運転席との外側と助手席の外側と、一般の常識では考えられない位置に設計。

 

さらに凄いのは、一般公道をレーシングマシーンが走るだけでは飽き足らず、随所にはカスタムが施される!

特にエキマニ&マフラーは見どころのひとつで、担当したのは名古屋のリスキービジネス。

 

リスキービジネスHP

 

 

そんなアメリカンを代表するモンスターレーシングマシーンが九州は別府に存在と知り、

今回はオーナー様のご厚意により、F.T.W. show のためにインドアーのスポットライトの下で初公開です。

 

お楽しみ!

 

 

 

 

 

 

 

モーターサイクル部門

 

あのスティルローリンが帰って来る!

 

 

 

2013年の F.T.W. show 7th. 以来、実に4年ぶりのゲスト参加。

 

あの2011年の感動と興奮をもう一度!

 

 

 

今回、F.T.W. show FINAL2 にゲストとして招くのは

2002年式のヤマハ R-1

 

全身をキャンディーグリーンのグラフィックに包み、フレームやスイングアームはフルクローム。

これぞ "Show Bike"! FTW にはちょー似合いの1台が東北は仙台の地から九州にやって来る。

 

製作したのは東京のスティルローリンモデラート。

 

Still Rollin modellartHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにこのショーバイクの情報は海外でも有名で、海の向こうのマガジンにも掲載済み。

 

そんな世界的なショーバイクが F.T.W. show の会場にやって来ます!

細かなところ、裏の裏まで抜かりなくやるのが SHOW BIKE。

 

本物の SHOW BIKE をお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーカー部門

 

 九州ではまずお目にかかることは出来ない、ストリート仕様?のスーパーカー!

いや、ドリームカーとの表現の方がしっくりくる、デ・トマソ パンテーラのご紹介です。

 

 

 

 

先に"Stancemagazine"でも取り上げられたことで、九州のみなさんもご存知の方も多いと思いますが、

名古屋はリスキービジネスが製作した DE TOMASO PANTERA GT4 

リスキービジネスHP

 

ベースは1973年で、実に45年近く前に製造された市販車。

本来、このクルマの特徴であるリトラクタブルのヘッドライトは抹殺され、前後のフード(ボンネット)からフェンダーにかけてはカーボン製。そのリアフェンダーに納まるキャンバーホイールはナント15J!

 

 

 

 

 

また、画像では紹介していないがミッドシップに納まるエンジンはFord製のV8。

ガスを送り込む気化器はボクらも馴染みのある"FCRキャブ"が8つも付く、まさに怪物!

そんなエンジンルームにはドゥーキーズ製のフルチタンでできた大蛇のようなエキマニが生息し観る者を圧倒する。

もちろん会場に来た人限定でこのエンジンルームをお披露目!

 

 

 

また、未確認情報によれば、このパンテーラ、さらなるモディファイが行われたとのこと。

 

どんな姿で会場でお披露目となるか、みんな以上にボクもワクワクな1台です!

 

 

嬉しい情報がさらにもうひとつ!

ショップの代表でもありパンテーラのオーナでもあるO氏から、特製のポスターカレンダーをプレゼント用に持参されるとの事。ただし枚数に限りがありますので、欲しい方は F.T.W. show FINAL2 内のゲストブースへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モーターサイクル部門

 

 

 去年のMOONEYES主催、YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW  "Mystical TRIUMPH choppers"で鮮烈デビューを果たし、見事25周年の記念すべき開催で "Best of Motorcycle" の栄冠を獲得した

Masterpeace

 

このショーバイクが F.T.W. show FINAL2 の会場に特別展示されます。

 

製作は広島市にある 平和モーターサイクル → HP

 

ベースとなった車輌は1968年製 トライアンフTR-6

1960年代のイギリス製のオートバイで、独特の2気筒のエンジンデザインは、登場後日本の各オートバイメーカーがこぞってデザインを模した造形美を誇る。

 

 

 

 

 

 

現在、名実ともに世界一のカスタムと言っても過言ではないMasterpeace

 

この素晴らしいショーバイクを九州でご覧いただける最初で最後のチャンスをお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

F.T.W. show FINAL2

www.FTW-SHOW.com

2017年5月21日(日) 10:00-16:00

西日本総合展示場/本館(インドアホール)

 

モーターサイクル&カスタムカーショー
前売りチケット ¥2,500
当日券 ¥2,800

オートバイ駐車券付き前売りチケット¥3,500

ローソンチケットにて絶賛発売中!

Lコード:81909

 

 

 

 

 

 

2017

 

5/14(日)  太宰府オートバイミーティング    太宰府駐車センター/福岡県太宰府市

 

5/21(日)  F.T.W. show 10th. FINAL2      西日本総合展示場/福岡県北九州市

 

7/30(日)   Stancenation HTB     ハウステンボス特設会場/長崎県佐世保市

 

10/8(日)   Rockin' Cruisin' 11th     グリーンパーク古賀/福岡県古賀市

 

 

 

 

 

 

    -久留米- Next Sunday

 

 

 

https://www.facebook.com/asakuramento 

 

 

 

 

 

You can do it ! 
 

www.ftw-show.com 


You can do it !

www.zingys.jp 

 

 

ジンギーズ カスタム・サイクルズ

HOT ROD & CUSTOM CYCLE 

Zingy's Custom Cycles

〒838-0802 福岡県朝倉郡筑前町久光 999

TEL/ 0946-21-0202

FAX/0946-21-0301 

メール: zingys@lily.ocn.ne.jp 
www.zingys.jp

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Zingy's worldさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。