18日午後6時10分ごろ、兵庫県明石市の団体職員の男性(51)方で、妻(48)が洗面所で倒れているのを、帰宅した長女(23)が見つけ119番した。県警明石署員らが駆け付けたところ、妻には顔面などに切り付けられたような傷があり、既に死亡していた。同署は殺人事件とみて捜査を始めた。
 同署などによると、1階床面に血が飛び散っており、洗面所で男性の妻があおむけに倒れていた。妻には顔や右手などに刃物で切られたような跡があり、耳の後ろ側からあごにかけて特に大きな切り傷があったという。現場には血の付いたジーンズなどが残されていた。
 遺体は死後数時間たっているとみられるが、長女が同日午前7時ごろに家を出る際、変わった様子はなく、帰宅時にドアは施錠されていたという。夫婦には子どもが4人いるが、同居していたのは長女と大学生の三男(18)。三男と連絡が取れなくなっており、同署が行方を捜している。 

【関連ニュース】
68歳男を逮捕=奥州市の男性殺害容疑
腹刺され70歳男性死亡=自宅の庭先、殺人で捜査
男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取
夫婦殺害容疑、長女の夫逮捕=昨年結婚時から不仲

車両不正改造容疑で業者ら逮捕 (産経新聞)
普天間問題で与党手続きを省略 月内に閣議「了解」を目指す(産経新聞)
三社祭 「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
【新・関西笑談】Salad City KOBE(5)(産経新聞)
村井長野知事 1期限りで引退表明…田中康夫氏破り初当選(毎日新聞)
AD