TaiyoKEiTA's Blog

太陽系太の撮影エピソードや
カレンダー暦インフォメーション
イベントやワークショップの
情報などを掲載しています!

             


テーマ:
皆様、お世話になります。
毎年恒例、春分ダイヤモンド富士へ
今年も行って参りました(o^-')b
今回は2014年1月1日に開催した意識共有イベント
初日の出ネットワーク2014」に引き続き、
春分ご来光ネットワーク2014」の呼びかけに
全国から春分の日の出を拝みに行く
ご来光ネットワーカーが各地に集まってくれた
有り難い展開となりましたo(^▽^)o

3月17日(月)
春分の日の天気予報はサイトによってバラバラσ(^_^;)
晴れのち曇りもあれば
曇りのち晴れもあり
またまた微妙な展開の中(^_^;)~
3月20日(木)
結局、今回のメンバーは今までで1番少ない2人登山w
コレも何かの流れ~
レンタカーを借りて都内より出発!
~高速に入って初っ端、早速渋滞にはまり(苦笑)
ナビの到着時間は夜中の1時の予定。
「これはなんとか12:30には着きたいね~」
とか言ってるそばから~突然の分岐点が!
「あ~中央道あっちじゃない?」
「あちゃ~またやってしまったw」
首都高は久し振りに使うとホント解りにくい!
そんなこんなで間違ったと思われる道を進み~
「あれ…っていうか中央道これからじゃない!?」
「あ~大丈夫だ、大丈夫だ(^o^;)」
結局間違えたと思ったら合ってたパターンで(^▽^;)
はじまり、なんだかんだで渋滞を抜けて
パーキングは寄らずに南甲府ICまでまっしぐら
いつもの如く大月辺りで雨の洗礼を受けて
予想より早めに高速をぬけて
県道に出てから途中のコンビニで着替えて
am 0:20に七面山登山口に到着(^ε^)b
そして車もベスポジにて駐車完了(°∀°)b

am 0:30セッティングを終えて
「よっしゃ!行きますか('-^*)/ 」
「今回そんなに寒くないな~」
思った以上に温かいことにビックリしながら
登山口の山門で一礼して、登山開始!
いつも同行する人数と違って今回は2人登山
ということもあって、ペースを合わすのも馴染みが早く
2人で鈴を鳴らしながらリズムをとってクライミング!
最初はトークに弾み「ホントは実況生中継しながら
登りたいんだけどね~」そんな会話をしながら
まずは登山開始のショットを1枚 カシャ『◎』

即座にFACEBOOKに写真をUP!
皆の意識が向けられるのを感じながら☆-( ^-゚)v
「よっしゃコレでOK!」「皆、今夜は
寝られなくなっちゃうんじゃないw」
そんな中~茶屋で休憩をとりながら先へ進み
「ザァーッザァーッ, , チリンチリン」
「今度、この登山中の会話を録画しながら
登山トークライブしたら面白いかも(´∀`)b」
「この登山の登る音とか杖に付けてる鈴の音が
いい感じにバックミュージックになって、
リアルに実況されてて良いかも!」
「ザァーッザァーッ, , チリンチリン」
しばらく登っていると~
ちらほら周りに雪が見えはじめてきた段階で
「ザァ---------------------」
「オ~来たね◎滝の音」「滝の方に回ってきたんですね」
~そんな展開で一歩一歩踏みしめながら、
「すぅーすぅーふーふー」
呼吸を整えて、心臓慣らして、高山に順応◎
それから途中下を見渡せるところにでて
「オ~あれから結構登ったんだな!」
自分達の高さを実感しながら~また登りはじめて
「ザァーッザァーッ, , チリンチリン」
「すぅーすぅーふーふー」
緩やかな階段、坂道、平坦、急な階段と
登山道のバリエーションが、出てきた段階で
ふと空を見上げると「早くもお月様お目見え!」


「オ~来たね」『◎』カシャ
そして透かさずFACEBOOKにUP!

その後、3軒目の茶屋で休憩中に
他の登山グループが登ってきて、
「こんばんは~」と声をかけると
「こんちわ」「こんにちわ」
「ん…?」皆さん夜中の登山で
時間の感覚が麻痺状態w
~そんな流れの中…登山開始!
「ちょい冷えてきたね」
「こっち側は太陽があまり当たらない地帯なのかな?」
「場所によって全然気温が違うよね?」
辺りが見えない分、色んな感覚を研ぎすまして
探るセンサー作動((:*:・( ̄∀ ̄)・:*:))
~そしてしばらくすると、
「来ましたアイスバーン地帯f^_^;」


「こりゃあもうアイゼンタイムだな。」
このタイミングでアイゼン装着!

そしてこの辺りからFACEBOOKにUPしようとすると
波電傷害発生w アップ断念(^_^;)

ここからは記録パターンに切り替え!
「今、何時?」このタイミングで時間を聞くと
「オ~2:22きたね(o^-')b」


「ザァクザァク, , チリンチリン」
それから雪道入ったり、アイスバーン入ったり
結構ハードな登山道続き~
「イヤーこの辺足が重いわ(°д°;)」
~そうかと思ったら
「この辺は足が軽くなったヘ(゚∀゚*)ノ」
~というように場所場所によって
次元が変わるが如く空間も変化していき
中腹を過ぎてしばらく経ったあと
休憩をしていると…
「オ~あそこ今光った、ほらほらあそこ!」
「どれどれ…?」
「ヤバかった~、今あそこかなり光ったんですよ!」
このタイミングは逃したものの、
この山はよく出没することもあって
当然のことと受け止めて先へ進み~
ココからは無言の極地----------------- 
「ザァクザァク, , チリンチリン」
ひたすら足の踏み場を見つけながら
一歩一歩登り続け~
一呼吸止まって空を見上げると
星空が広がり、そこは雲の上
しばらく休憩していると
「また来た!あそこ!メチャクチャ光ってますよ!」
「どれどれ」「オ~あそこの光ってるやつね!?」
『◎』カシャ「よっしゃ捕らえました(b^-゜)」

am4:10「よっしゃ来ました!最終関門」
そんなこんなで登山も終盤を迎え~
残り約100mの急坂をラストスパート(b^-゜)



am4:30「着いた!」「お疲れっす!」
辺りは月明かりが照らす雪景色
「結構雪が残ってんね~」


それからお寺さん敬信院に向かい
「おはようございます!」
元気いっぱいの声がお出迎え
なんだか若い衆が増えたご様子(*^-^)b
~一先ず荷物を置いてから、
三脚を持って展望場所へ
「おっしゃ~!」階段を登り終え山門をぬけると
いつもより少なめなカメラマンと見物客がいて
上空は薄ら明るくなって、少し地平線が色付き
富士山は四方に伸びる大きな雲が壁になって
見えないパターン。。
一先ずiPhoneで『◎』カシャ

「さて見えるか!?」「今日は見えるような
気がするんだよね…?」そんな会話を聞きながら
「これは行けるな('-^*)b 心の底で思いながら」
自分の三脚をセッティングをセッティングして
着替えに戻り防寒服にチェンジしてから
一休みをしてると「オ~来たね(ノ^^)八(^^ )ノ」
何人か友達に会って~

am5:30「よ~し行きますか!」
展望場所まで50段程の階段を登って
山門を抜けると…
「オーーーーーーヤバい!」
見事に富士山お目見え!
思わずダッシュ!
富士山後ろには大きな壁が立ちはだかる
新しいバージョンo(^▽^)o
am5:40早速、カメラを三脚にセッティングをして
撮影開始!『◎』カッシャー
「イヤー良い色だねヘ(゚∀゚*)ノ」
「そろそろ地平線からの日の出は上がったかな?」
全国各地でご来光を拝む、ご来光ネットワーカー達の
意識を感じながら、シャッターを切る『◎』カッシャー



「だんだん富士山の形がくっきりして来たじゃん!」
『◎』カッシャー
後ろに聳える大弾幕の際が輝き始め
皆の思いが一つとなり(ノ^^)八(^^ )ノ一筋の光が!


am6:00 「オ~来るか!?」『◎』カッシャー


am6:07 キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!
「うわぁー奇麗!」「ヤバいね!」
オーディエンスの歓声があがり\(^_^)/
『◎』カッシャー『◎』カッシャー…


一筋に伸びる光が強くなってきたタイミングで
富士山がピラミッドのシルエットに姿を変え
エネルギー放出『◎』「いいよ(o^-')b」カッシャー





「眩しい~(≧▽≦)」「最高ですね(b^-゜)」
「よ~しエネルギー来たぞ☆-( ^-゚)v」
『◎』カッシャー


am6:15「そろそろど真ん中来たかな!」
『◎』カッシャー「半端ないねp(^-^)q」
「イヤ~温かいわ!」『◎』カッシャー


「この光のラインは「一」いちだな!」
「この一筋の光は皆の思いが一つになったあらわし!
漢数字の「一」でレイライン(光の道)にも繋がる
完璧なパターンだな(^O^)b 」
~そんなことを思っていると
「僕は『大』っていう漢字にも見えますね~?」
「なるほど、人が一つになると大になるか(b^-゜)」
『◎』カッシャー


まさに今回の春分の日のご来光ダイヤモンド富士は
目出度くあらわしをくれた天開となりました!
(ココで閃く)
春分∞ご来光ネットワーク
皆の意識が一つになって
一重(ヒトエ)・真(マコト)の富士の山(ノ^^)八(^^ )ノ




その後太陽は富士山から離れ~世界を巡って行くのです。

そして今回の締め◎祝福のあらわし
虹色のエネルギーでニッコリスマイルくん



am6:30そして撮影を完了させて
今回集まった春分ご来光チームで
スマイルショット『◎』カッシャ

太陽系太
SUN次元に吸い込まれ
エネルギー放出
右目がキラ~ン(☆_-)



今年の春分◎七面山は雪満載
明るくなって尚実感(  ゚ ▽ ゚ ;)

am7:00一先ず お寺に朝食を食べに戻って~
3時間程、仮眠…z…zをしてから
下山の支度をして、
pm13:00 最後に展望場所へ行くと
富士山は雲で暮れてるパターンで

登山を終えて展望場所に来ていた叔父さんが
「今日は晴れてるからあっちの方に海が見えるでしょ!」
南の方角には海がお目見えΣ(・ω・ノ)ノ
「オ~マジで!?何回も来てるけど始めて見たわ!」

pm13:30 最後富士山は見れなかったが、

この景色を見納めて下山開始!
下山は登ってきた時を思い出しながら
まずは登山道の両下脇に積まれた雪壁山道をり


pm14:00 しばらく雪道&アイスバーンの道を抜けて~
そろそろ土が見えてきたのでアイゼン取り外しタイム!
それから恐る恐る雪残りの道を降りていると~
「うわぁー!!・°・(ノД`)・°・」
調子をこいて早めにアイゼンを外してしまったので、
すってんころり「痛たたたた…ちょい早すぎたかw」
~そんな流れもありながら、下山に集中(⌒¬⌒*)t


pm15:20 「オ~ようやくココに来てお出ましだ!」
下山終盤林の間から「また来いよ(・∀・)/」
と言わんばかりに富士山が登場!
最後の締めくくりとなりpm16:20下山完了!







~ということで
今回、春分ご来光ネットワーク
お疲れさまでしたヾ(@^▽^@)ノ
皆の思いが一つになり
見事なご来光を拝めることができました!
「大」成功☆彡









3月24日(月)
~あれから何日かして
春分ご来光の写真データをPCで確認していると
「なんだコレ…なんかゴミが入り込んじゃったか?」
そんなことを思いながら、画像調整していると
「ポロリン」LINEのメッセージが入り
チェックして見てみると、その文章を見て確信!
「写真整理してたら何やら
無数の浮遊物が写ってました(°∀°)b 」
「やっぱりか!」
さっき写真のデータを確認していたときに
ゴミかと思ったら物体だった!
ということが判明w川・o・川w
即座に写真を見直してみると~


「Wow!!!なんやこりゃ~!?
よくよく見ると無数の浮遊物が富士山から
出てきているではありませんかヾ(@°▽°@)ノ」

これはまさしく
UFOの産卵◎春分のご来光と共に
富士山より産み出される瞬間を捕らえたのです!

中にはこんな形の物体もいました!

~ということで2014年春分ご来光の模様は
今回テレビ局の人達も来ていて、
『日本の名峰、絶景探訪』という
BSの番組にて5月に放送されるようなので、
お楽しみに♪


















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

太陽系太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。