陸上自衛隊は26日、那覇市に本部を置く第1混成団を第15旅団に改編した。軍備力を増強する中国を念頭に置いた南西諸島の防衛力強化が狙い。定員を約300人増の約2100人とし、中核となる普通科連隊のほか、偵察隊、化学防護隊などを新編した。
 第1混成団の旅団化は、1995年策定の防衛計画の大綱に盛り込まれた陸自改革の一環。北海道などの4師団を旅団に縮小し、沖縄、香川両県の混成団を旅団化する計画で、今回の改編で全国5方面隊の部隊は9師団6旅団体制となる。 

中井洽国家公安委員長、議員宿舎のカードキーを女性に貸与 週刊新潮報道(産経新聞)
1人で操縦OK、軽量水中ロボで琵琶湖保全(読売新聞)
持参金480万円付きでも…ポスドク就職支援苦戦(読売新聞)
<大学認証評価>静岡大大学院は「不適合」(毎日新聞)
混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
AD