社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は17日午後の記者会見で、国会同意人事について「議院運営委員会に(人事案が)出た後の段階でしか(顔触れを)知り得ないのは連立政権として問題だ。事前にどう意思疎通を図るかが課題だ」と述べ、与党間で事前調整が可能になるよう決定手続きの見直しを求める考えを示した。
 政府は原子力安全委員会委員に班目春樹東大大学院教授を充てる人事案を国会に提出しているが、社民党は同日、脱原発を目指す党の方針とは相いれないとして、班目氏に反対の考えを平野博文官房長官に伝えた。福島氏の発言は、こうした動きを踏まえたものだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<民主、公明両党>急接近 選挙目当てと与野党から批判(毎日新聞)
「暴力団会長と兄弟分じゃ」 入院費を恐喝しようとした男逮捕 東京・竹ノ塚駅(産経新聞)
給与支払いで強制執行求める=市長告発も-阿久根市職員側(時事通信)
「虐待」判断基準をより明確に―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
琉球泡盛残波 初栄冠 ちゅーばーL
AD