24日午前0時40分ごろ、愛知県長久手町岩作雁又の竹林で、近くの無職、木村登志子さん(55)が倒れているのを木村さんと同居する自営業の男性(41)が見つけ、119番した。木村さんは心肺停止状態で、搬送先の病院で間もなく死亡した。顔に殴られた跡などがあり、県警愛知署は木村さんが事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査している。

 同署によると、木村さんは左目付近に打撲の跡があったほか、頭部を骨折していた。所持品はなく、シャツやズボンに乱れはなかった。同署は24日に司法解剖して死因を調べる。

 木村さんは約1年前から男性と、男性の両親と同居。木村さんが夜になっても帰らないのを不審に思った男性が自宅周辺を捜したところ、自宅の東約50メートルの竹林であおむけに倒れている木村さんを発見したという。

 現場は名古屋市営地下鉄藤が丘駅から北東約2キロ。周囲は畑が多く、住宅が点在している。【山口知、沢田勇】

首相、豪外相らと会談(時事通信)
水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
宇宙から帰還の「神秘の種」芽吹く 若田さんと無重力の旅「山高神代桜」(産経新聞)
アスベスト泉南訴訟 国の責任認める 大阪地裁が初判断(産経新聞)
急速な円高けん制=「市場の動き注視」―菅財務相(時事通信)
AD