脱原発を訴えるNPO法人「原子力資料情報室」(東京都新宿区、伴英幸共同代表)は6日、もんじゅの運転の即時停止と高速増殖炉からの撤退を求める抗議文を発表した。

 事故後の設備点検について「配管の内側の目視点検はほんの一部で、燃料集合体も1体を点検しただけ。とうてい万全とはいえない」と指摘。耐震安全性なども問題視したうえで「高速増殖炉の開発先進国は技術的・経済的困難、社会的合意の困難が克服できずに撤退した」としている。

 同法人は同様の抗議文を文部科学相あてに郵送する方針。【松本惇】

「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
ポニーの馬車でコトコト 板橋区で親子連れ満喫(産経新聞)
「富士ソフト」元社員を背任で逮捕 社名でPC仕入れ転売(産経新聞)
国債発行44兆円以下に=11年度予算案で-菅財務相(時事通信)
AD