自民党の谷垣禎一総裁は15日午前、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題への鳩山政権の対応について、「今までのわれわれの努力なり話し合いを全く無視して、こねくり回した揚げ句、ますます事態を複雑にしている」と批判した。
 谷垣氏は、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画に関し「これだけこねくり回して、もう一回やるのかと言っても、これだけ状況が変わっているから、そんな簡単なことはできなくなっている」と指摘した。 

【関連ニュース】
普天間、県内移設反対を決議=民主県連
普天間「5月決着」に悲観も=半ば本音の継続使用論
普天間移設「百点満点はない」=地元、米国とは水面下で調整
5月決着へ「内閣一体」=普天間移設
平野官房長官インタビュー

メタボで入院外医療費が1.4倍に(医療介護CBニュース)
高校無償化法案、衆院を通過(読売新聞)
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書-鹿児島(時事通信)
官房長官、ホワイトビーチ沖埋め立て案言及(読売新聞)
統幕学校の田母神氏拒否 理由は「政府と異なる見解を公に」(産経新聞)
AD