全国健康保険協会(協会けんぽ)の加入者の後発医薬品の使用状況(金額ベース)は全国平均で6.6%であることが、同協会のまとめ(速報値)で明らかになった。加入者が所属する事業所の所在都道府県別に見ると、沖縄が10.5%で最も高く、最低は徳島の4.5%だった。

 2008年10月から09年3月までの診療分の調剤レセプト(電子レセプトに限る)を集計した。

 それによると、後発品使用の割合が高かったのは、沖縄のほか、岩手9.0%、青森8.3%、北海道8.0%など。一方、低かったのは徳島のほか、香川5.0%、福井5.1%、高知5.3%などだった。おおむね北海道、東北地方で使用割合が高く、四国地方は低い傾向にあった。

 また、薬効分類別では、制酸剤が91.6%で最も高く、ビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)が84.1%でこれに次いだ。


【関連記事】
国内後発品市場参入へ4月に「第一三共エスファ」設立
富士フイルムが後発品事業に本格参入―新薬開発も視野に
国内後発品大手3社は大幅な増収増益
後発品の説明「受けたことがない」が6割
後発品市場は年6-9%の成長率で推移―富士経済

阿久根市長、議場に現れたが市議会は連日の流会(読売新聞)
北教組突き上げ交渉 「帰省中でも自宅研修」 破棄項目復活ごり押し(産経新聞)
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル-広島(時事通信)
センバツ「振り込め」注意、出場校OBに不審電話(読売新聞)
<新型インフル>流行水準下回る 患者報告数「1」以下に(毎日新聞)
AD