自民党の与謝野馨元財務相は6日午後、「内閣が倒れるような事件が起きているにもかかわらず、自民党の評価が高まっていないことは、深く反省しなければならない」と述べ、鳩山政権の「政治とカネ」の問題を攻めあぐねているとして谷垣禎一総裁ら党執行部を批判した。都内で記者団に語った。
 与謝野氏は、鳩山内閣の支持率が下落する中で、自民党の支持が上向かないことを問題視し、「受け皿として自民党が機能していない」と指摘した。さらに、先の党首討論の際の谷垣氏の対応にも、「皆、物足りなかったと思っている」と不満を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

「ヤミ金融やめていた」初公判で被告無罪主張(読売新聞)
京橋花月 吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)
<日本航空>女子バスケ「JALラビッツ」来季限りで廃部(毎日新聞)
300万円程度の弁護士報酬、2200万請求(読売新聞)
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席-東京地裁(時事通信)
AD