東京都江戸川区立小学校の男性校長(59)が保護者の女性と性的な関係を持ったとして、都教育委員会から解任されていたことが25日、分かった。校長は女性を同校の臨時職員として採用していた。都教委は近く懲戒処分も行う方針だ。
 同区教委によると、元校長は2008年に保護者の女性と知り合い、性的な関係を持った。その後、女性を同校の臨時職員として採用。女性は現在、職員を辞めている。
 女性が今年に入り、校長との関係を区教委に相談したことで発覚。元校長は3月1日付で更迭され、自宅謹慎中という。
 区教委は「教職員の服務について厳しく指導している中でのことであり、大変残念だ」(指導室)としている。 

【関連ニュース】
ベネッセ、教育情報サイトを一本化=ユーザーの要望受け
朝鮮学校除外に懸念表明=高校無償化で
「朝鮮学校は日本と違う」=高校無償化の除外要求
朝鮮学校、無償化見送りを=「思想教育を実践」
高等専修学校は対象に=高校無償化で

中井洽国家公安委員長が30歳年下ホステスとスキャンダル(スポーツ報知)
<恐竜>豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初(毎日新聞)
小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
脱「官僚離れ」へ国交相、キャリア試験PR(読売新聞)
<名古屋市>議会基本条例、全会一致で可決 市長は再議検討(毎日新聞)
AD