社民党の福島瑞穂党首は13日、高校授業料無償化の焦点となっている朝鮮学校の扱いについて、都内で記者団に「差を設けるのは妥当ではない。すべての子どもたちを応援すべきだ」と述べ、無償化の対象から除外すべきでないと強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

愛子さま、4日続けて登校(時事通信)
「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)
再投票の日弁連会長選、宇都宮氏が当選「順送り、ゆがみ出ていた」(産経新聞)
なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯(産経新聞)
供述調書漏洩事件 ジャーナリストがNHKと和解(産経新聞)
AD