営業再開のお知らせ

テーマ:
熊本地震への皆さまからのご支援誠にありがとうございます。

一度目の震度7、二度目の震度7は流石にこたえました、自宅はめちゃめちゃになりましたが当店は運よく被害がほぼなくお預かり品も無事で助かりました。

周りには沢山の困っている方々がおり、少しでもお役に立てればと思いここ数日をすごしてまいりました。

地震発生からもうすぐ2週間となります、街全体が元のように戻るにはまだまだ時間がかかると思われますが、これからは少しでも多くのお店が営業を再開することがまず大事だと思い 当店では明日より営業を再開することとしました。
まだまだ困っている方もおられますのでお手伝いでそちらの方に行っていることもあると思いますがお電話いただければ対応は可能ですので当店までお電話いただければと思います。


今後ともよろしくお願い申し上げます。



FSE Fujiyama Sound Engineering

代表 藤山

AD
皆様こんばんわ、九州でも寒気に覆われ雪がふりとても寒くて冬眠したい気分ですが風邪などひかれてませんか? (・ω・)/


さて、先日ご案内致しましたDumbleスタイルのアンプについての続編となります。 某ミュージシャンが現在レコーディングで使用中と発表させて頂きましたが今日はそちらのご案内となります。



Stevie Ray Vaughan などテキサスブルースサウンドファンの方々からも人気の高いChris Duarte氏がつい先日までカリフォルニアで行っていたニューアルバムのレコーディングでこのアンプを使用してくれました v(^-^)v。


昨年末に来日した際に、完成したばかりの このアンプをChris氏にテストしてもらったところ大変気にいって頂き、その際にレコーディングの話題になり今回の使用に至りました。

完成しているとはいえレコーディングでの使用となるのでFSEとしてはとてもシビアで神経質になりました。通常業務を行いながらでの準備時間は限られてますし、ましてや遠く離れたカリフォルニアに送るわけですから何かトラブルがあっては大変です ギリギリまで様々なことを行いました 。 大変でしたが無事にレコーディングも終わったようで現在やっと安堵しているところです。


あとはニューアルバムが完成しそれを聞くのを楽しみにしているところです。




先日Chris氏 から画像が届きましたので公開させていただきます。



Chris Duarte 1

Chris Duarte 1

(この画像の無断転載はご遠慮ください m(_ _ )m)


Chris氏によるサウンドテスト時の様子です(^_^)v。



AD
お知らせ

新年一発目のブログになります。

二つお知らせがあります。


一つめは、昨年末からの業務多忙のためモディファイメニューの一つであります、

”Reissue Mode MOD -プリント基板からハンドワイアードへ- " の受け付けを

誠に勝手でございますがしばらくの間停止させていただきます、他のモディファイは引き続き継続させていただきます。尚、現時点でご依頼頂いておりますお客様分は予定通り作業行うこととなっておりますので作業完了次第ご連絡させて頂きます。




二つめですが、昨年末にご案内致しました当店のニューアンプのプロトタイプが完成致しましたのでお知らせさせて頂きます。

Dumble Steel String Singer をベースに当店のサウンドイメージを織り交ぜたアンプになります。

一般販売のための製品化には、今しばらく時間がかかると思われますが先行してご紹介させて頂きます。
















尚、うれしいことに某ミュージシャンが現在レコーディング中のニューアルバムでこのアンプを使用してくれております。ヘ(゚∀゚*)ノ

ミュージシャン情報に関しては後日、ご案内させて頂きます(^∇^)。


サンプル動画
(スマホ撮りのため音割れしておりますが感じを掴めて頂けたら幸いです。












AD