JR福知山線脱線事故(05年)で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長の山崎正夫被告(67)の第3回公判前整理手続きが9日、神戸地裁(岡田信裁判長)で開かれた。弁護側は起訴内容を否認する方針を表明、予見可能性の有無などについて争う姿勢を示した。

 起訴後、山崎被告側が起訴内容を否認するのは初めて。

【関連ニュース】
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
JR西日本:試運転の新型車両から部品落下
JR西日本:南谷元社長が退職へ 遺族や被害者対応は継続
JR西:新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め
社説:パロマ中毒事故 「危険放置」でトップ断罪

企業関与の医療ツーリズムに反対-日医(医療介護CBニュース)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
「参院選に政治生命かける」谷垣氏が決意(産経新聞)
両親? 暴行し死なせる=殺人未遂容疑で42歳男逮捕―警視庁(時事通信)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
AD