安藤隆春警察庁長官は1日の記者会見で、国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効後、警視庁が捜査結果概要を公表したことについて「治安に重大な影響を与えた事件であり、説明責任など、公益性にかんがみて公表に踏み切ったと理解している」と述べた。
 解決に至らずに時効を迎えたことに対しては「事実を重く受け止め、これまでの捜査をしっかり検証してほしい」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
警察庁長官銃撃を不起訴=「特定至らず残念」

ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
山口公明党代表「かみあわない首相答弁、残念だ」(産経新聞)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
東京商工リサーチ元社長・西山静氏死去(産経新聞)
「Jタロー」で縄文PR=青森県〔地域〕(時事通信)
AD