ガルフレ(仮)考察(仮)②

テーマ:
前記事ではわりといいところを抽出して書き出しました。
いいところだけなわけはないので、ダメなところ。

・基本的に重い
flash多用しているからなのかなんなのか、どこもかしこもアホみたいに重い。
アクセス集中しているタイミングだとロードも遅く、瞬間的に走るにもイライラします。
結果、PCからニ窓運用なんかもわりと常識的に行われているらしく、もう少しまともに通信規制を考えるべきなんですが、そもそも作りが重いようなので改善するべきですね。


・イベントにおけるバグ
ソシャゲにおけるイベントとは、大抵5種類程度のイベントをローテーションして、上位が変わってーみたいなものだと認識しています。
それだけで飽きさせないために、ミニイベントというかおまけ要素を追加する試みを出してくれるのはいい心構えだと思います。
この追加イベントが8割くらいバグで一旦休止しなければ。
デバッグしてないと思う程度に安定と信頼のバグで休止します宣言。

飽きさせないための追加イベントで呆れられてます。


・補填
結果として過失なので、運営はお詫びを出すわけです。
バグ及び影響の度合いによりますが、最低でアイテム1個、最大で使用したアイテム全返却かな?
バグりそうだから走れというのはガルフレでの常識となっています。なにせチケット返ってきて引いたガールは返しませんし。
なんで増えてるんですかねぇ。あと、バグの存在しないイベント運用ってできないものなんですかねぇ。
大なり小なりバグが存在しなかったイベント、いつまで遡ればありましたかねぇ。


・その他細かいところ
トレード解禁しないのは、アイテムの配布状況を鑑みて致し方ないかと。
それより問題なのは複垢はおろか自動ツールすら止めきれてないようで。
で、元々一時的にアクセスの集中して止まりかける対抗戦(モバマスでいうフェス)を、くおえ効果で二週間で20万も増えた最中にやったら、まあ鯖増強してないと死にますよねとしか。
久しぶりに読めてる死亡だったけど、キュピチケ全返却は読めてなかったのでもっと使っておけばよかった…

・まとめ
個人的には卒業を考えてますが、無課金に優しいゲームなのは確かです。
バグりそうだと思ったら走ることさえできれば、資産どんどん増える素敵なゲームですよ^^
AD

ガルフレ(仮)考察(仮)①

テーマ:
あけましたおめでとうございました(おざなり感
専らソシャゲーマーと化してしまった人です。

さて、くおえうえーる効果で対抗戦パンク→中止とかいうセンスのある事をしたガルフレについてダラダラ述べてみようかなと。

まず、ガルフレの特徴。
・声が豪華
他のソシャゲとは比較にならないほど多くのカードに声優が付いています。
有名声優多数起用で、声優推しがある人には色々嬉しいゲームだと思われます。
…わたしは特にないです

・センバツボーナス
ガルフレは他のソシャゲ同様、メンバー組んで戦闘するシステムです。(ガルフレにおいては戦闘=応援)
ここまでは他のソシャゲでもよく見ますが、キャラクターによって特徴が1~3ほどありまして、これが最大5レベルまで進化します。
1レベルだと3%の能力値修正と微々たるものですが、以降5%ずつ上昇し、このセンバツボーナスは5つまで発動します。
つまり最大23%*5個!
おまかせで発揮値高い順に組んでくれますが、属性はおろかセンバツボーナスも見ないので、基本役立たずです。

・イベント報酬が大きい
このゲームではギルド=部活ですが、イベントでの部活報酬がシャレにならない貴重さです。
部活上位100位以内でHR確定(SR10%)チケが手に入ります。
最上位のSSRは課金しないとまず出ない(チケ共通0.05%)と見て、歩いてももらえるキュピチケがHR9%SR1%と考えると、このゲームがほぼほぼHRでエンジョイできるということが察せると思います。

また、日々の自動回復分だけの活動でも報酬のアイテムは多いです。
体力回復アイテムなんかは上位を狙わない限りまず溢れます。
攻コストの方は使いたい場面が多いので辛いてすが、部活上位でいるのに自分が頑張る必要がないのでなんとかなります。

今はどうかわかりませんが、半年前なら常時部活50位程度でも、アクティブユーザーを募集し続けていました。
インターフェース上部活を探すのが困難ですが、その分以上の手間が返ってくることは間違いないです。

・バッジシステム
SR以上で要らないカードを処分すると、SRと交換できるバッジが手に入ります。
無進化SRは4MHRに劣る性能ですが、うっかり期間限定SRを引いても、恒常SRに変換が可能です。
また、イベント完走報酬も微々たるものですがバッジが貯まります。
最終的にちゃんとSRが揃えられると考えて、かなりいいシステムですね。
レートはちょっと辛いですが。

さて、長くなったので後半へ。
AD