4弾初大会

テーマ:

七曜杯
1戦目 日単 勝ち
初手が橙橙リリーリリーキスメ妖幽々子ダイアモンドダスト。
リリーコストに橙エンドしたら中央橙パンチ相手左AF早苗喋ってパンチ。そのままこいし追加される。
こいしの場所に増えた妖コストにダイアモンドダスト貼って手札が橙橙リリーリリーとか。
仕方なしにリリー出してなんとか引いたお燐コストに妖。
次のターン幽々子出す。返しに天子合わせられる。
幽々子殴ったら寝かされたので適当にお茶濁し。
早苗前のリリーはもふじ来たのでチャンプ。
返し早苗前大妖精、橙前レティ。
もふじサポートで落としに来たのでテキスト。空出される。
ダストあるから相打ちでいいやとミスティア。最初に引き過ぎたせいで花引かない・・・
サブタレイニアンサンやだなぁと思っていたら、チルノ追加される。橙いるしデッキ詰まないので余裕のスルー。
手札0だったけどEX0全落ちで花が残6枚とかだったので、まあ2ターン連続でヒューマンケージを天子に言えて勝ち。

プレミ後悔してた。
ミスってもらわないと日単とか勝てないっすw
まあダスト貼った場所が完璧だったね。


2戦目 雪月日 勝ち
早苗能力宣言対応妖。
そのままターン返したらチルノ映姫だったので映姫を藁。
即幽々子出し。
雪アリスに人形呼ばれ続けて時間を稼がれるが、まあハンドアドが取れていると割り切って殴り続ける。
道中サポ要因に早苗と咲夜追加したり。橙を大妖精で止めてみたり。
そのうち相手中央DFに天候:梅雨貼られ、人形の指定は妖。幽々子に楼観剣を貼り焼く方向にシフト。
チルノVS咲夜の状態になり、咲夜前に大妖精出たところでデッキ差が22対10。
大妖精の場所にダイアモンドダスト貼り、ドロー込みで10枚まで減る。
相手の詰め手がなかったので、ゴミ箱確認して妖3を確認。能力カウンター無しなら勝てると反魂蝶キスメから白楼剣で詰め。

2積みしてみたダストが仕事しすぎて困る。
増やそうかしら。

AD

新弾とか。色々

テーマ:

新弾出ましたね。

大会出てないけど身内でフリプはしまくってます。


コミケも過ぎて4弾環境ですね。

そういえばボクが銀符の3弾環境を書いた同人誌が出てたりしたんですけど、後の祭りですね。

まあ身内以外でここ見ている方がどの程度いるのか分からないけど・・・w


さて、4弾環境。


とりあえず目立つのは月の強化。

イベント封じがすごい数出たので、サポーターの無い花に五分で渡り合える可能性があるというすごい事に。

本家知ってる人間からすれば「相性は五分の立ち位置のはずなのにスペック差で圧倒される月」と言うのがひたすら基本だったので、正直驚きを隠せないくらい。

まあ純粋に殴られると相変わらずちょっと厳しいけど。


次いで日。

原稿には強制徴募欲しいとか書いてたら、まさかの日版天則。

しかも天則より強い。

ぶっちゃけた話諏訪子が考えなしに寝かせてくる状況が無理だったので、これはこれで素晴らしい回答に。

まさか諏訪子焼けるとは思ってなかったw

また、欲しかった「動ける3コストキャラ」も増えて、日の体制は割と整った感じ。

新環境日単はメルラン魔理沙マスパMPPを4積んで、神奈子てゐ妹紅辺りをアクセントに添えるだけでデッキとして機能しかねないレベル。


雪は吸血鬼姉妹が揃って遊びに行った。お前ら何してるw

映姫も相当強いのが出て、レミリア幽々子映姫が全部賽銭詐欺から出る謎仕様。

メリー絡めれば展開で押し切れそうな気がするが、肌に合う発想じゃないからなぁ・・・

多分誰か作るよ。(適当


パチュリー固いね。

神奈子強いね。


(笑)

今回の花は元々あった素材だけで対処しなきゃいけない感じ。

日と月が台頭してきた結果、メタが絞りきれずなかなか難しい感じかもしれない。

流行りに合わせて構成を考えるしかないのかな。



以上新弾雑感。


あ、ボクの雪花はスターダスト入って小傘1積みになりました。

AF貼って除去2点、バトル中呼んでエリア移動がなかなかいやらしくて楽しいですw

2ハンドSP2が欲しかったんだよねーw

AD