小市民走る

2012年、第一回熊本城マラソンをきっかけに走り始めました。
九州を中心に市民マラソン大会に出場しています。
現在の目標は47都道府県全ての大会に出場することとフルマラソン100レース完走です。

■今後の予定■
2017.07.29 久住高原クロスカントリー(3km)
2017.08.27 瀬の本高原マラソン(16km)
2017.10.08 筑後川マラソン(ハーフ)
2017.10.22 出水ツルマラソン(フル)


テーマ:

今年からゼッケン等は事前郵送で当日受付はなくなりましたが、昨年同様朝8時前には現地に到着しました。
車は会場のすぐそばに駐車できましたのでラッキーでした。


うろうろしていると、コンサルのU原さんに遭遇。
今日はひとりなのでコンサル陣地に入れてもらいました。


3kmの部は9:30スタートですので、荷物を置くとすぐにアップ開始
高原とはいえ日が照るとかなり暑く、アップで汗が噴き出してきます。
3kmほどジョグ→着替え→流し→スタートへ


スタート前コールでは60代から呼ばれていましたので、60代の後ろに並ぶのかと思っていましたら、後から呼ばれた50代が前列に誘導され、最前列からのスタート。
今日の目標は3位以内に入賞すればもらえるらしい「ぶどうジュース」ゲットです。


意気込んでスタートしましたが、みんな速い!
足元が慣れない草地なので思うように前に進みません。


最初の上りで10位くらいの位置
下りに入って2~3人抜いて0~1kmのラップは3'45"
1km過ぎからの長い下りで前に追いつこうと思っていましたが、なかなか追いつかず上り階段に突入。
1~2kmのラップは3'28"


最後の1kmは長い上りです。
ジュースはあきらめ、なんとかゴールまで無事たどり着く目標に変更。
最後の最後に急傾斜の坂を上り、ゴール前ではコンサルの皆さんの応援を受け、ゼイハアしながらやっとのゴール。


順位:種目別8位
タイム:11分48秒
という結果でした。(昨年より10秒は縮まっていました)

RUN後他のメンバーの応援をしていると、6kmの部(50代)でアクシデント発生。
走っている途中で倒れた方がいらっしゃって、AEDを使用するような救急救命の現場になり、ドクターヘリまで出動し患者を搬送していました。
ヘリの離着陸の際は、コースを閉鎖してランナーも止めていました。
緊急の場合は~と注意事項に書いてはありますが、実際に起こるとびっくりしますね。

この時期は暑さ対策をきちんとして走らないといけないと肝に銘じました。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

12:00スタートなのでゆっくり8:00出発。


美里町に9時前に到着しましたが、「元気の森かじか」の第一駐車場はすでに満車で第二駐車場(岩野グラウンド)に案内されました。


ここはまだまだ余裕で、ゆったり駐車できました。
すぐにシャトルバスで町営駐車場に設置されたメイン会場へ移動

 


受付けは・・・前もって「スポットライトへようこそ!」の用紙を記載しておくとスムーズです。

 


レッドブルのゴージャスお姉さんたちの受付に感動します。
Tシャツとゼッケン、温泉券をもらいました。


更衣テントも準備されていますが、ここはちょっと残念。
会場に設置された待機用テントで着替え。

九州内のマラソン大会なら何人かは知った顔に出会うのですが、今日は知った顔がいない。
毛色が違う大会で、マラソンランナーより登山家が多いと感じました。

10:20~開会式に参加して


 

【以前の大会の優勝者インタビュー↓】

 

10:30~スタート地点へ移動しましたが、
前列はすでにガチガチに固められていました。
やる気の人たちが多いようです。


最後尾へ
あわよくばエキスパート部門に参加できる35分をと思っていましたが方針転換。
タイムはあきらめ、楽しむことに。


案の定スタートしても大混雑で進めません。
ようやく間を抜けながら前に出れるようになったのは600mくらい進んでから。
それでもカーブの内側に入ってしまうと途端に渋滞するので、カーブは外側のコースどり

最初の1kmを5'14"
約1.2kmくらいから石段へ突入


ここも渋滞。
最初から歩きです。

ここは呼吸を整えながら、すきを見て前に出ながら
下見をしていたおかげで先が予測でき、気持ちは楽に進めました。

石段のほぼ中間ににレッドブルの給水所があります。
並ばなくてはいけませんでしたが、もうタイムは度外視なので迷わずピットイン。
私は立ち止まって飲み干しましたが、飲みながら進む人も多かったようです。
途中の階段には空き缶がたくさん置いてありました。

2000段を超えたあたりからようやく渋滞緩和し、思うように進めるようになりましたが
この辺りまで来るとみんな同じくらいのペースで、簡単に追い越せる感じではなくなっていました。

3000段から先は走ろうと思い駆けてみましたが、チョットムリ
ペースを守って一段一段上がります

ゴールが見えたところで時計を見たら39分ちょっと
ラストスパートすれば!とも思いましたが、すでに階段ダッシュできる体力は残っていませんでしたショボーン

 

結局、40’12”
168位/863人でした。

ゴール後はしばらく参道を進んで東屋まで
ここでタオルと水、レッドブルを配っています。
大渋滞の列ができていましたが、お姉さんたちはマイペース。
それに文句をいうおじさんたちは皆無^^

もらうもんをもらうと下山
しようとしましたが、簡易表彰式が終わるまでは下れないようになっていました。
カットタイムの60分まで待って表彰式が始まりました。
女子は33'53"


 

男子は26'36"
が優勝タイム。


一般の部ですが、エキスパートの部にひけをとらないタイムなのではないでしょうか。

60分を超えた人たちは、表彰の間下で待たされるようですが、表彰式の後に完登させてもらえるようです。みんなが注目した後なのでけっこう目立ちます。

さて、「下山はゆっくり」ということでしたが、タッタカ下ります。
なんせ40分後にはエキスパート軍団が上ってきます。

サクッと下り、すぐに完走証を発行してもらって、手荷物受付へ
ここが最悪ムキー
荷物が見つからない!
特徴など聞かれますが、「かんべんしてよ~ガーン
他のひとも同じようでしたが、きれいなお姉さんたちに怒る人はいないようでした。
私も10分くらい探してようやく見つかり、それでも笑顔で離脱。

このとき14:00を過ぎていましたので、すぐにエキスパートの応援に
まもなくトップ集団が走ってきました。


人少なく走りやすそう!いいな~

エキスパートが走り過ぎるとすぐに、会場の入口付近に列ができ始めました。
尋ねるとシャトルバスを待つ列ということでしたので、そのまま並びました。

ほどなくバスが来て駐車場へ


帰りはチケットをもらった佐俣の湯へ移動
入った時はゆっくりでしたが、だんだんと石段帰りの強者が増殖びっくり

知らずに来た一般の人にはいい迷惑だったかもです。
上がる頃には強者でごった返していました。

 

【参加賞Tシャツ↓】

 

 

初めて参加しましたが、わりと楽しめたと思います。

仲間でイベント的に参加するのが正しいやりかただと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月に行われるRedBull白龍走にエントリーしたので、下見に行ってきましたパー


道の駅佐俣の湯に駐車し、石段まで10km弱をジョギングランニング


往路は小筵橋のところまで下って町道を通ったので、車の通りが多くアップダウンもきつめでしたあせる


復路は国道443号線を通ったので、交通量も少なくアップダウンもゆるやかでした。(走るならこっちがオススメ)

<この看板から左折し約2km>

 

<石段の上り口>


大会では制限時間があるようなので、上りにかかる時間を計ってみることにしました時計


最初は駆け上がろうとしましたが、傾斜が急&段差も思ったより高く、落ち葉がいっぱいで滑るかな?

と、すぐにあきらめて歩くことにしましたガーン


※落ち葉が多かったのは最初の方だけ植生のせいでしょうか?

天空まで続いているような階段に、気が遠くなりそうでしたので、一歩一歩単純作業を繰り返すマシーンと化します。


利用者も多く、途中何十組もの人たちとすれ違ったり追い越したり。
中には同じ目的の人もいたようでした。

 

<1000段目 白岳の方に目が行きますてへぺろ

 

1,111段を12分ちょっと
このペースが落ちなければ37~38分くらいかな?


<途中には水道も整備されていました。>

 

<2000段目>


2,222段を25分ちょっと
ほぼ同じペースで行けてますチョキ
しかしこのあたりからの疲労感が半端なく、帰りの10kmが心配になってきますショボーン

 

<ここまで来ると残り1000段を切っています>

 

<途中にはこんな道も・・・ここは走ります>


3,000段までが長く感じました。


あと333段
と思うとすこし楽に感じましたが石段はまだまだ続いています。

 

<最後の直線、あの上がゴールです。>


最後までマシーンになりきりペースを守ってゴール。

37分21秒


これにロードが加わるので、45~46分くらいでしょうか。
なんとか時間内には間に合いそうです。

下りは写真をとりながらタッタカと下りて行き
30分弱で下までたどり着きました。


石段のあとのロード(約10km)がかなりハード笑い泣き

途中何回か歩いてしまいました。
練習メニュー定番入りはキャンセルですもやもや

しかしRUN後の温泉(佐俣の湯)は気持ちよくて最高でしたグッ

 

---------------
<佐俣の湯(道の駅)>
(国道沿いセブンイレブンの横には佐俣の湯元湯があります)
入館料:500円
内湯、露天、サウナあり
水風呂はややぬるめ
シャンプー、ボディソープ備付
脱衣所に冷水器、ドライヤー
ロッカーは100円返却式
-----------------

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日は高校総体が開催中なのを承知で運動公園へ
15時頃だと少しは人が減っているかなと思いましたが、路上駐車がたくさんびっくり


パークドームも120%満車といった状態ガーン
帰ろうと思ったら、ちょうど目の前が空いたのでラッキーてへぺろ


パークドームの中はテニスの試合もなく意外と閑散としていました。


そこからKKウィング周りをジョグ
高校生の若さから刺激をもらう作戦です。


 

30年前と比べると選手と応援者の距離が遠くなったような
昔(水前寺)ではトラックのすぐ際で応援していたようでしたが・・・

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月は月間走行距離で久々400kmを超えました。
約1年半ぶりてへぺろ

 


 

 以前は、阿蘇カルデラスーパーマラソンの前など500kmを超えたこともありましたが、地震の影響で2年連続の中止になり、この時期の目標を失った感じでしたショボーン

 

それでも5月は雨が少なかったこともあり、距離が伸ばせたようですグッド!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。