松江市FP不動産コーディネーターが、安心できる住まいと暮らしづくりを応援します!@濱名毅行(はま8さん)

不動産事業・ファイナンシャルプランナー事業を通して、マイホーム、シニア・高齢者の暮らしのお役立ち情報を、城下町・島根県松江市からお届けします!


テーマ:

空き家のご相談を受け、家族構成・相続・税金などを検討して「活用するのか、処分するのか」を決めて行きます。


もうひとつ大切なことは、売主の方の生活設計、ライフプランを一緒になって考えなくてはならないケースも多くありますね。



特に高齢者の方がお住まいで、現在病気など一時的に病院や施設での療養のため入院されている方などは、退院後の生活まで考える・・・介護・医療・福祉まで含んだ相談場所が、私の「FPがつくった不動産屋さん」です。



ネット上でも良くある質問ですが、私と同じ 「FP有限責任事業組合マネードクター」  の会員、 「古田保険センター」 の古田さんと「空き家の火災保険」についてお話をしていました。



古田さんは、損保ジャパンの代理店の方です。



古い空き家の場合、所有者の方は「お金がもったいない」 と考えがち。


ですから火災保険を掛けていないケースも、多くの空き家に見かけます。




法律では、 「失火責任法」 の条文通り、ご自身の家の火災でお隣など類焼しても、責任を負う必要がありません。(故意または重過失の場合を除きます)


とは言え、火災後の後片付けや、お隣などに対するお詫びなどの費用がかかることは明らかです。



やはり、空き家と言えども、火災保険に加入されることをおすすめします。




注意点は、空き家の場合、「居住用の住宅物件」ではなく 「一般物件」の扱いとなりますので、総じて保険料は高めになります。




また、家に残っている家財などの中に、貴重なものもきっとあることでしょう。


できれば空き家から、安心して保管ができる場所へ移動しておくことも必要かも知れません。


あくまで安心のために入るのが保険ですが、「貴重な家財など」 はお金では買えない「思い出」が詰まっているからです。



「FPと住まい」



LOOKFP不動産屋 はま8さんの仕事はこちら













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。