松江市FP不動産コーディネーターが、安心できる住まいと暮らしづくりを応援します!@濱名毅行(はま8さん)

不動産事業・ファイナンシャルプランナー事業を通して、マイホーム、シニア・高齢者の暮らしのお役立ち情報を、城下町・島根県松江市からお届けします!

有料老人ホームでは、「 入居一時金 」 が支払われることが多いと思います。


これにより、利用者は毎月の家賃を抑えることができる効果があります。


事業者は、初期投資の費用を早期に回収でき、経営の安定が期待できます。




不動産業界から考えると、住み続ける権利金と解釈できると思います。


また、 昨今問題視されている 「礼金」 にも近いとも取れます。




厚生労働省は、入居一時金の償却についてルールを決めました。



「90日以内の解約の場合、原則全額を返還すること」


「返還の際に差し引ける金額は、入居中の部屋の修繕費、未収利用料などに限る」




通常国会に、 「老人福祉法」 の改正法案を提出、2012年4月実施を目指すようです。



入居一時金は、数百万円から数千万円で支払われます。


これとは別に  「高齢者向け有料賃貸住宅」 では通常3カ月の敷金以外のものは請求できません。



「終の棲家」 を選択するためには、慎重に比較検討をする時間が必要です。


そのためには、多額の入居一時金が足かせにならないよう、事業者も配慮するべきでしょう。



一番良いのは、 「お試し期間」 があること。


できれば、1カ月以上の体験入居ができれば理想です。


もちろん、 モンスタークレーマーの入居者は、事業者から入居を断れる権利を認めることも必要です。



















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。