松江市FP不動産コーディネーターが、安心できる住まいと暮らしづくりを応援します!@濱名毅行(はま8さん)

不動産事業・ファイナンシャルプランナー事業を通して、マイホーム、シニア・高齢者の暮らしのお役立ち情報を、城下町・島根県松江市からお届けします!

先般、帝国データーバンクから、「高齢者福祉・医療事業所」の2008年の倒産状況が公表されました。


高齢者施設の倒産は、過去最高の32件。

2001年からの全倒産件数が、102件。内、破産手続きが85件あったそうです。


介護保険の誕生とともに、事業者の民間開放が行われ、異業種から大小様々な法人の参入がありました。


かの「コムスン」などは、先がけの民間事業所でした。

「ワタミ」は、成功した代表格でしょう。


しかし、そのほとんどが、新規参入の小規模経営です。

極端な話では、土地の地主が法人設立と同時に参入したケースも多かったと思います。

要するに、普通の賃貸業建設の低迷から、建設業コンサルタント会社が新規事業として提案したわけです。


「業歴が浅く、規模の小さい事業所が多く、民事再生法を選択できる条件になった事業所が少ない」という、帝国データーバンクの分析は正しいと思います。



医療事業者の倒産件数は、2008年が52件。これも増加傾向にあります。

内訳が、病院11件、診療所41件。


「以前の放漫経営、非効率な初期設備投資費用のつけによる倒産から最近は様子が違う」と記事では、解説をしています。



過去2度にわたる「介護報酬、診療報酬の減額改定」がとどめを刺したケースが多かったのではないでしょうか。


これらの数字には、「自主廃業」の数字は入っていません。



民主党の「成長戦略」の一つ・・・「医療分野」。

全国一律の政策の限界を、認め正すことが是非必要です。

公共工事分野の余剰人員、設備、不動産、これらすべてをフル活用をして、再度民間企業が参入する意欲を取り戻せる提案が必要です。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。