本気で稼ぐタオバオ中国輸入貿易

中国からタオバオやアリババその他のルートを使い輸入貿易をしている方々に情報提供、また、情報交換をできるブログにしていきたいと思っています。

小笠原社長のドタバタ日々是れ勉強日記

テーマ:

ビジネスをやっていく上では常に最悪な事態というのも想定しておかねばならない。

 

なので、今回のさくら代行乗っ取り事件についても僕の方は事件発足から、数手先を読んで行動に移していた。

 

2016年12月、まさにその最悪に近いことが起こった。

 

合同会社万和通のお金を社長の僕に知らせずに他へ移動。お客さんの代行窓口の口座の差し替え。

 

この時に警戒しなければいけないのは、何よりも中国サイドにお金を持って飛ばれることです。

 

2016年11月の時点でのさくら代行の月商は約7000万円。お金を預かって運営しているのは合同会社万和通なので、中国側に逃げられた場合、僕は7000万円の負債を被ることになってしまいますので、何としてもその最悪の事態は回避しなければなりません。

 

この中国側と僕がグルである可能性も否定する為に、こちらも行動で証明する他ありません。

 

つまり、僕が弁護士のところに行かざる負えない状況を作ったのは彼らの行動が原因とも言えます。

 

僕の方には一連の行動を内密に行われたのですから、彼らがどんな考えで動いたなど知る由もありません。

 

とにかく、彼らが口座を動かした万和通株式会社と僕の合同会社万和通とは全くの無関係であることを公に伝えて、そしてできる限りお客さんに入金を踏み止まって貰うことが、自身の身を守る方法と言えました。

 

また、この注意喚起を投げかけることによって、中国側にそのままトンズラさせることを気づかせないという思惑もありました。

 

案の定、僕がこの件を公開して注意喚起したことによって、彼らは逃げるという選択肢を忘れてしまいました。それは、こちらにとっては好都合なことでした。

 

しかしながら、彼らのおかげでいろいろと被害を被ったのは事実ですので、必ず責任はとって貰うつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕は一切嘘をついていません。

業務管理上の関係で?
しっかり、お客さんも騙してますよね?

僕のコンサル生も塾生もみんな、僕の会社だと思って騙されましたよ。

僕のお客さんも騙して持っていこうとしたんですよね?

僕に秘密で合同会社万和通から万和通株式会社に業務管理上の関係といって口座を移し替える。

 

これを乗っ取りと言わずに何と言うんですか?

 

合同会社万和通は平成25年2月20日設立

一方、チョウの会社は両方とも平成28年設立

会社まで、パクパクリ。

大体、この資本金1400万円はどうやって捻出したの?

 

会社を取られ、事業を持っていかれたに関わらず、何故か中国では悪者扱い。

 

僕が何の悪いことをしたの?

僕が何の悪いことをしたの?

 

大体さ、本当のことを伝えて、自分のお客さんを取り戻しただけじゃないの?

 

手数料だって、さくら代行より高いんだから、僕のとこのサービスを利用してるお客さんは僕のお客さんなわけだし、こちらの営業努力じゃないの?

 

こちらは後ろから切りつけられるようなことをしたのに、死ななければおかしいというのですか?

 

はっきり言ってチョウのおかげで死ぬほど、苦しい思いをしました。

 

這いずり回って這いずり回って、やっとこさ盛り返してきたのです。

 

大体さ、会社のお金を個人口座に持って行かれて、これは何て税務申告したら良いの?

 

会社のお金を持って行かれて、所得税の支払い、決算は身銭をきってやってるんですよ?

 

取る方は後は知らんですか?

 

絶対に許さないです。

 

僕は弁護士もついてるので、SNSに投稿するにも弁護士さんに問題ないか見てもらって投稿しています。

 

これは仮差押の証拠です。

 

しっかり仮差押も裁判所が認めています。

 

僕は徹底的にやります。

 

絶対に許さないです。

 

だから、善意で、さくら代行を使っている人は逃げてくださいと、そうお伝えしたのです。

 

礼儀として警告はちゃんとさせて頂きました。それでも、利用したいという人はどうぞそのままでご利用ください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

僕には彼と北朝鮮とがダブってしまう。

たとえば例のお兄ちゃんの暗殺事件だ。

自分らの都合の良いように話を作り上げ、都合の悪いことは真実をも捻じ曲げてしまう。いかにも朝鮮人ぽいと思う。

 

さくら代行を立ち上げ時はパートナーとして、僕とチョウの2人で始めたことは間違いない。

奥さんやら奥さんの弟やら、家族が入ってきたのだって売上が上がってきた後の話だ。

 

そう、実は今では中国側は彼の妻、妻の弟、妻の父、姉、姉の旦那といったほぼ家族経営の状態なのです。そりゃあ、中国側では皆、彼に味方する筈です。

 

それはさておき、2人で始めて立ち上げたのに、2人しかいないのに宣伝担当と経営者のような主従関係はあるのだろうか?

 

まあ、100歩譲ってあったとしても、当時(2012年)の僕は書籍も出版していないし、セミナーだってやっていない。

 

言うなら、ただの物販プレイヤーだったわけです。

 

ただの物販プレイヤーに広告塔を依頼しますか?
僕だったら、もっと人選します。

 

つまり僕は、さくら代行を経営し始めてから、努力で発信力を持ったのです。

 

今の僕なら宣伝担当でも話が通じるかも知れませんが、僕が出版したのだって2014年に入ってのことです。

 

時系列的におかしくないですか?

 

何でもかんでも都合の良いように言うのは勝手ですが、事実は絶対に変えられないし、嘘をつくと必ず矛盾が生じるものです。

 

つづく・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。