熊本市の農業コンサルタント前之園行政書士事務所

熊本の行政書士です。公庫資金、農地関連、事業承継(相続)など。

中学3年の夏、物理の授業(私の中学校は中3で高1の内容を勉強していた)で、教師から東大に行かないかと勧められる。

ということで、もともと理系だったが、数学Ⅲの三角関数の微分積分をやっていると、肩こりがひどいため、高校2年の夏、文系に転じた。

数学と物理が得意な文系というニッチな分野で実力は、全国屈指となる(全国模試で全国10位前後)。

そして、東京大学文科三類に現役入学、フランス現代哲学に興味があり、第二外国語はフランス語を選択。

やがて社会科学に興味を持つようになり、また理系の勉強もしたくなったので、農学部の農業経済学科に進学。

大学3年に茨城県の岩井市でフィールドワークを体験。農家の実態を調べることに興味を持ち、研究者を志望。

ところが、実家が保証かぶれのため資金難になり、就職せざるを得なくなった。

「毎日がフィールドワークだよ」という言葉に惹かれ、農林漁業金融公庫に就職。

秋田に赴任、言葉が分からないことにショックを受けつつ、吹雪で飛ばされそうになりつつ、仕事に励む。

やがて、債権回収を担当するようになる。

「回収の武器は法律だ、弁護士と喧嘩できるレベルくらいに勉強しろ」とある人に言われ、民法の勉強を開始。

民法の勉強が面白くなり、回収の実績も好調であった。

「せっかくだから、資格をとりなよ」と同僚に言われ、宅建を受験し、合格。

秋田に慣れたころ、熊本に転勤となる。

1年が経ったころ、病気に襲われ、半年の欠勤を余儀なくされた。

そして、サラリーマンには向いてないと悟り、独立を検討。

最初は司法書士を目指したが、さすがに難関であり、健康な人でないと受験はムリだと行政書士試験を受験。

こちらは3ヶ月の勉強で一発合格。しかも合格最低点ちょうどの点数。狙ったかのようであった。

そして、サラリーマンとなってちょうど10年がたち、タイミングは今、とH26に独立を果たす。

熊本最大の会計事務所の代表に声をかけられ、提携して業務を開始しようとしているところである。


農業に関して、

「カネの問題」→ 制度資金サポート
「モノ(農地)の問題」 → 農地売買/転用サポート
「ヒトの問題」 → 事業継承サポート

をメインに行う予定。

まだ、登録手続中ですが、有益な情報を流していきたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

TEL 096-202-7378
FAX 096-300-3064
Email info@h-maenosono.com

メールは24時間受け付けてます。

HPは →農業コンサルタント前之園行政書士事務所

テーマ:

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」というのがある気がします。

 

土地や施設を「購入」して、最初から「正社員」「技能実習生」を入れるパターン。

 

初期投資も固定費も高くなるため、リスクが高くなります。

 

世界中どこでも家族農業がメインになっているのは、固定費を変動費化できるからだといわれます。

 

こういう参入の場合、往々にして、販路があることが多い。ビジネスモデルとしては成り立っているように見えます。

 

しかし、台風などで生産が不調になった瞬間に崩れてしまいます。

 

生産が安定しないことを前提に事業計画を組む必要があります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。