ブンデスリーガ開幕

テーマ:

 

ドイツサッカーのブンデスリーガ開幕ということで、今シーズンは、どんなチームがいるかをチェックしました。

 

今シーズンのブンデスリーガ一部は以下の通り。

 

ライプツィヒとダルムシュタットは、知らねーな、と、Wikipediaで調べました。

 

RBライプツィヒは、創設がなんと2009年と、私が駐在開始年に創設された若いチームでした。

我らがFCアウグスブルクは創設1907年で、2010-2011シーズンに創設103年でブンデスリーガ一部昇格を決めたと言うのに!!!

 

どうも、「翼をさずける」のレッドブルが2009年に出資し、当時5部だったチームがとんとん拍子に1部昇格を果たしたようです。

レッドブルと言えば、F1にも2チーム出してたり、色んなスポーツイベントをしていて、ヨーロッパの空港とかだと、そのイベント映像が流れてました。

日本でも、珍しいスポーツとして流れている映像は、ほぼ全てレッドブル協賛ではないでしょうか。

 

やっぱ、お金とか、スポンサーの力の入れ方って、大切なんですね。

 

同じドイツのTSG1899ホッフェンハイムは、元選手がSAPのスポンサーで、SAPが1990年にホッフェンハイムに出資し、ビッグデータを駆使して、若手の育成やら試合の分析やらをして、2007/2008シーズンに1部に昇格しました。

私が駐在した頃は、ドイツ人の同僚が、このチームはこうしたデータを活かして躍進していると説明してくれてました。今では、バイエルンミュンヘンやら、名だたるチームがSAPのデータ解析を利用しているようです。本田のSVホルンも使ってるみたいです。

プロ野球にも来年あたりから使われるんじゃなかったかな?(もう、調べるの疲れた)

 

一方SVダルムシュタット98は創設が1898年(1998じゃないよ)。

私が駐在から帰国する年に、まだ3部だったので、これはさっぱり知りません。

そもそも、この都市名も知らなかったのですが、昨日のFacebookの友人のコメントに、この街に住んだ経験のある方のコメントがあって、ちょっとビックリ。

 

 

AD

FCAが二連勝で8位!

テーマ:

FCAが二連勝で8位になりました。

ま、相手は、一部の昇格したばかりのブラウンシュヴァイクで、ちょっと貫録勝ちかも。
(ま、もう一つの昇格したてのヘルタ・ベルリンはFCAより上位の6位にいますが。)

ただ、このブラウンシュヴァイクは、三年前は三部だったようで、二年で二部を駆け抜け、昇格してきたようです。
更に、ウィキペディアによると、1967年には一部リーグで優勝しているらしい。

設立は1895年と、FCAよりも更に先輩。
しかし、ブンデスリーガのチームは、どこも100年を越える歴史があります。
うらやましい。


AD

FCAがFCBに貫録負け

テーマ:

ま、FCバイエルン相手にアウェイでは、どう考えても、勝てるとは思ってませんでしたが。
3-0で、FCアイウグスブルクが敗退。

しかし、これまでの貯金があり、12節を終わったところで、勝ち点13で、まだ残留圏内の12位です。
毎年、この時期は最下位を驀進中だから、少しはいいかな?

試合の方は、前半にボアテングとリベリがゴール。
試合終了間近にミュラー君がダメ押しをしたようです。

有名選手のゴールラッシュで、FCアウグスブルクのアウグスブルガーも、バイエルンっ子として、試合を楽しんだんじゃないかと思います。


実際に、試合を観に行くと、
「もしかして、うっかり勝ってしまうのでは?」
なんて思って観てしまうのですが、観戦に行ってないと、一敗にも、気楽なもんです。

確か、昨年は4-0で負けたから、ちょっと進歩かも。

AD

FCAが引き分けて暫定6位

テーマ:

ブンデスリーガの7節はFCAは他の試合より早く、現地時間の金曜日に終わってます。

あんまり苦手意識のないメンヘングラッドバッハと引き分けました。

ハーン君が先制ゴールをあげるも、逆転され、最後にミリクが交代後に同点弾をたたき出したようです。
監督の采配が当たったのでしょうか?



6位といえば、ブンデスリーガではヨーロッパリーグ(チャンピオンズリーグじゃないよ。)に出場できる順位です。

なかなか、ここにランクされることは無いので、順位表をコピーしました。
試合を観てれば、強さがホンモノかどうかわかるかもしれませんが、ネット情報だけだと、よくわかんないですねー。

でも、残留争いに巻き込まれないようになれば、だんだん、いい選手も入ってくると思うので、そうなれば、強くなるでしょうね。



ブンデスリーガ1部昇格して二年目の、FCアウグスブルク(FCA)が、二部降格の危機です。
ま、そもそも、二年続けて、シーズン前の予想では、降格確率ナンバー1なんですけどね。

昇格1年目は、二部の頃から加入した、元浦和の細貝選手の活躍もあり、なんとか15位で残留しました。

ブンデスリーガは18チームあって、下位2チームが自動降格、16位が入れ替え戦のシステムです。


我らがFCアウグスブルクは、31節を終わったところで、勝ち点30。
一般的に、試合数くらい勝ち点を取れば残留と言われています。
これは、Jリーグでも一緒で、たぶん、この法則は、そんなに例外は無いと思います。

トータル34節と言うことは、勝ち点34なら、大体残留です。
31節を終わって、残り3試合で、勝ち点3を取れば、一般的には残留できるのですが、残り試合は、

32:SC Freiburg(SCF)
33:Bayern Munchen(FCB)
34:SpVgg Greuther Fürth(SGF)

です。

この3チームから、3試合で勝ち点4を取る必要があるのですが、その32節で、FCAがSGFに負けてしまいました。

ちょっと残留は、むずかしくなってきました。

33節で、CL決勝進出を決めているFCBが、次節のFCA戦で手を抜いてくれれば……。

FCBとの試合は5月11日。
FCBのCL決勝戦は5月25日。
二週間も離れてたら、手を抜くどころか、いい、練習相手扱いで、FCBは勝ち負けではなく、いかに点を取るかの布陣できそうなので、とんでもなく失点する気がします。

FCBが二人位、試合開始直後に一発退場でも食らってもらわないと、いい勝負にならないんですよねー。

我らがFCAは、八人位で守ってスコアレスドローで勝ち点1をとれば、残留できるかな?


この日のFCアウグスブルクは、シャルケとのリーグ戦。

前節で昇格仕立てだけど、現状の順位では上位のディシュッセルドルフを破ったので、個人的には、若干、応援するモチベーションがアップ。

$フロンターレと巨人とFC Augsburg


シャルケは、内田選手も先発フル出場。


その前節デュッセルドルフ戦で2得点のの立役者、メルダースがこの日も1トップ。

二列目は右から韓国のク・ジャチョル、プレミアリーグのサンダーランドから新加入のジ・ドンウォンとモラベクがトップ下、私のあまり好きじゃないヴェルナーが左。
ボランチは、バイヤー。時々モラベクも下がってきてボランチぽかった。
ディフェンダーは右からフィリップ、カールセンブラッカー、クラバン、オストルツォレク。

私の好みではディフェンダーは、右がフェルヘーフで、左がデ・ヨングなんですが、最近、出てきませんね。
二列目も左はムソナを出して欲しいだけどなぁ。



前半は、結構、攻め込んでいて、ポゼッション率も6割を超えていた感じ。
サイトで調べたけど、実際のポゼッション率はわからず。

結構、攻めてるようですが、決定的な場面はなく、なんか、ワンチャンスで失点するいつものパターンのような感じ。

ただ、審判は、FCAの決定的なチャンスを潰した二回のファールでイエローを出さなかったくせに、なんか、どうでもいい場面でイエローを出した後、FCA寄りの判定になり、若干、優位に試合を進めていましたが、結局、前半は0-0で終了。


後半も、ポゼッション率は51~2%くらいで、若干、押してる感じ。

結構、チャンスもあったのに、肝心な場面でフカして枠外のシュートばっかり。
ただ、二回ほど、バイタルエリアからのシュートが枠をとらえたり、惜しかったのは、バーに蹴られたメルダースのシュート。

FCAのフォワードは、どいつもこいつも頼りないけど、ま、この日のメルダースは、フォワードの中では、頭一つ出てるかも。

あと、そんなことは無いんでしょうけど、後半の審判はシャルケ寄りのジャッジ。
流せば、そのままFCAボールなのに、わざわざ泊めて、FCAのフリーキックになったり、2回くらい前のパスのところのファールを取って、「ん?何のファールだっけ?」みたいなジャッジも数回。

でも、バイタルエリアで、ゴール中央から、やや左のFKを得た時は、大きなチャンスだったけど、惜しくも枠を捉えられず。




試合は、タイトルの通り、スコアレスドローでしたが、この日の試合は、FCA選手の球際の気迫がよくて、持ったら、なかなか失わないし、相手へのプレスも、格好だけじゃなく、結構奪うシーンもありました。

そもそも、これまで、「パスを知ってる?」みたいな、ボールに触るのが精いっぱいで、触ったボールは相手に渡ってるような感じでしたが、この日は、相手のペナルティーエリア近くまでは、パスがつながってました。

これまでなら、日常茶飯事のパスミスが、数回しかなく、それに対するブーイングも出てました。これまでは、そういうプレイがあまりにも多すぎて、ブーイングも無かったんですけどね。


上位のシャルケ相手に、これくらいの試合をしてくれると、応援する気になります。
この日の試合は、ブンデスリーガぽかった。(ま、ブンデスリーガなんだけど。)

試合前は、下から二番目で、降格圏の17位だったのですが、試合終了後、同時刻に試合をしていた16位のホッヘンハイムが負けたため、勝ち点で並び、得失点差で16位に上がったとのアナウンスが流れて、競技場は盛り上がりました。

レベルが低いけど、それでも、ちょっと嬉しいゾ。


もう、今日になってしまいましたが、我らがFCアウクスブルク(FCA)は、バイエルン・ミュンヘン(FCB)との戦いです。
来週のドイツ杯も、相手FCB。
二週続けて、我らがアウクスブルク(ABG)市内のSGLアリーナにFCBを迎えての試合。

ま、誰がどう考えても、ここで二連敗でしょう。

ま、私も、お金を賭けるなら、FCBですけど、ファン心理としては、なかなかそうはいきません。


ここ数試合、結果は出てませんが、我らがFCAも、結構、いいサッカーをしてるんです。
FCBサポは、100%二連勝を確信してるので、その慢心につけいるところがあるような、ないような……。


日本のJリーグを見てると、結構、選手の使い方が複雑で、
「野球の監督は、やってみたいけど、サッカーは無理だな。」
って感じなのですが、ことFCAに関しては、私もちょっと採配したくなるような試合もあります。


話がそれましたが、今、FCAのいトコロは、CB(センターバック)では?と思うのです。

なので、私のお薦めのフォーメーションは、

CBに3Sankohと5Klavan
SBは、左が17 De Jongで、右は消去法ですが、6 Vogt

De Jongは、私の好きな選手の一人なのですが、元々、左SBだったのに、(ま、怪我もあったけど)出場機会が少なく、ここ最近は、左の攻撃的MFで使われているのですが、なんか、そのポジションでは、全然だめ。
私が監督なら、このポジションでのDe Jongは、さっさと交替させるんですが、今の監督は、彼を交替させず、その後、出場機会を減らす……という感じ。

ま、暫く出場してなかったので、試合勘もあるから、17 De Jongを左SBに持ってきても、あまり上手くいかないかもしれません。(そもそも私も17 De Jongの左SBを丸2年観て無いかも。)


ボランチは、消去法と言いますか、今はいないので、ワン・ボランチで、18 Callsen-Bracker

昨年は細貝がいたので、このポジションは細貝でよかったのですが……。
私としては、日本のJリーグが終わったので、我らが川崎フロンターレの中村憲剛(ケンゴ)が来てくれればいいと思っているのですが、ケンゴは日本代表でもトップ下が右の攻撃的MFだし、風間監督の下でも日本代表戦と同じポジションなので、気付いてもらえないんでしょうね。

でも、ボランチで細貝選手以上に活躍してくれると思うんだけどなぁ。

私の勝手ですが、Jリーグは試合が終わったので、ブンデスで、これから半年、FCAで活躍して欲しいです。



さて、二列目ですが、右は07 Koo, Ja-Cheol、トップ下は10 Baier, Danielが、まぁ、鉄板ですが、(……って、10 Baier, Danielは、ここのところ、ダブルボランチの一角っぽくなってますが、実際の試合では、もうちょっと前めで、プレーしてるので、実質トップ下の右斜め下みたいな感じです。)

問題は、二列目の左です。


私の本命は08 Musona, Knowledgeです。足は早いし、足元も上手いし。
二年前の二部の頃に、私の好きな選手で、(岡崎選手のいる)Stuttgartに移籍したTraoleと似た印象なんです。

もっと、彼を使えばいいのになぁ……と思ってます。

でも、FCB戦の先発で、一番有力なのは、13 Werner, Tobias。
この選手は、なんか、ボールが近くに無いと、動きがいいのですが、なかなかボールに触らないし、空中戦は全て競り負け……なのですが、なんか、本人の理想の動きがあるらしく、その動きにたまたま(3試合に一回くらい?)ハマると、いい感じのプレーになります。

でも、なんか、酷いんです。


さて、最大の問題は、FW。
これは、日本のJ2並みの選択肢です。

09 Oehrl
現時点で相対的に頼りになるのは、09 Oehrl。
とはいえ、彼のプレーの長所は、よくわかりません。
191cmの長身ですが、そんなに空中戦で強いイメージもなく。(弱いイメージもない。)
なんか、印象が薄いのですが、なんか、時々、得点してます。

23 Bancé
本命は、鳴り物入り(?)で入ったBancéをいれるべきなのでしょうけど、この選手、どんな経歴があるのか知りませんが、どー見ても、練習不足!!
私が言える立場ではありませんが、下腹が出過ぎ。

黒人で、髪の毛をトサカ状の金髪にして、アピールしてるから、さぞかし、自信があるとおもったのですが、とにかく動きが遅すぎ。

Jリーグの多くのチームもそうですが、とにかく、FWって、なかなかいい選手がいませんね。


次は、36 Hainくん

実は、私は、彼も結構好きなのです。
でも、今年もイマイチ。

時々、偶然じゃないでしょうけど、私から見ると偶然っぽいナイス・シュートをするので、今後の成長に期待です、(……っつ0か、彼に期待する以外、FWの頼りなさが酷い。)




FCAも、Bancé以外は、昨季、開幕自にちょっと得点いれたけど空中戦に弱いわ、足元もだめだけど、ちょっとだけ、ゴールの嗅覚がある

昨年までは右MFにNjengってのがいたので、コイツを右に持ってきて、ちょっと不慣れだろうけど、07 Koo, Ja-Cheolを左MFってのがいいかと思ったんですけどねぇ。


というわけで、FCB戦の私の予想(希望)は以下です、

09
08 10 07
18
17 05 03 06
01(30?)


やっと、おらが街のFC Augsburgが今季、初勝利。

フロンターレと巨人とFC Augsburg

相手はWerder Bremen。
FCAの昇格初年度の昨シーズンの戦績は、0勝0敗2分。
ただ、ホームで観た試合は、なんか、お互いパスもロクにつながらず、ブンデスリーガ1部の試合とは思えませんでした。

とはいえ、今シーズンは、6節を終えて、0勝4敗2分と、最下位。
かたや、Werder Bremenは第8位。
この日も負けるのだろうなぁと、若干、足取り重く、スタジアムへ。

ま、昇格二年目だし、頑張っている選手を応援してあげようというような、子供の運動会を観に行く感覚。

フロンターレと巨人とFC Augsburg

客席には、なぜか、マイスターシャーレを掲げ続ける子供が。
FCAの得点シーンで喜んでたから、彼もFCAサポーターなんでしょうけど、FCAとマイスターシャーレは、あまり関係がなさそうなので、きっと、表側に、何かオチがあるに違いない。

でも、私達の座席からは、確認できず。
場内のカメラも、彼を映さなかったから、スベッていたのかもしれません。

試合の方は、開始早々に我らがFCAが先制!
ところが、その瞬間、とぼけた観客が、自分の座席を見つけられず、階段で立ち尽くしているもんだから、その影になって見えなかった……。

7試合目にして、今シーズン3得点目の貴重な得点なのに……。

その後、追いつかれるも、ワントップのハイン君が得点し、更に、終盤にきて、バイヤーがフリーキックを直接放り込んで、3-1で終了。

フロンターレと巨人とFC Augsburg

今季初勝利に、選手がゴール裏で御挨拶。
会場も大騒ぎ。

ま、たまにしかないから、この時に喜んでおかないとね。

フロンターレと巨人とFC Augsburg


FC Augsburgやっと、勝ち点1

テーマ:

さて、ブンデスリーガは、第三節を迎えました。
この日は、昨年2勝0敗のWolfsburgが相手。

開幕戦は、バイロイト音楽祭に行ってて見られなかったので、この日が、私の開幕戦。
昨年のシートは、前の方すぎて、臨場感はあったのですが、ちょっと、遠くの方が見えにくかったような気がして、今年は、後ろの方の席にしたのですが、これが、そんなに自由に選べるワケではないので、行ってみたら、結構、後ろの方でした。

最高列から5列目くらいだったかな?

ま、試合全般は、見やすくていいですね。
なんとか、プレーしている選手が誰かもわかるし。

昨年、ドルトムントに行った時は、ほんとに、選手が爪楊枝くらいの大きさに見えて、誰が誰やら殆どわからなかったのですが、(そこまではいかないか……)ま、選手のプレーもわかって、いいです。
文句を言っても、今シーズンは、座席を変更できませんし、購入時点で、一番いい席を確保したので、しかたありませんな。

フロンターレと巨人とFC Augsburg

さて、昨年までの監督は、FC Augsburgの3部降格の危機に瀕している時に就任し、なんとか、降格を酒、翌シーズンは一部との入れ替え戦までチームを連れて行き、惜しくも敗戦なるも、その翌シーズンで、一部昇格、そして昨シーズンで一部残留を成し遂げた監督が、お家騒動で解任され、ブンデスリーガでは、今シーズン唯一新監督の采配も見ものです。

試合の方は、4-4-2のシステムでDFは、昨シーズンと同じ。
ボランチに、私の好きな背番号10のバイヤーを下げ、トップにブルキナファソ代表で新加入のバンセが入りました。

ま、バンセは、金髪に染めた髪が王冠みたいで、カメハメハ大王みたいな顔なんですが、なんとなく、闘争心がありそうな顔で、私は、期待してました。

一方、得点力不足に悩む今年は、今季唯一の得点を入れたオェールを初先発。
ということで、これまで4-5-1だったのが、4-4-2になったようです。


さて、試合の方は、なんかだらけた感じで、ちょっとブンデスリーガの試合とは思えませんでした。

Wolfsburgもひどかったけど、FC Augsburgの問題は、私の期待のバンセでした。
期待しなければ、腹もたたないといいますが、期待していただけに、ガッカリです。

なんか、試合に出て無くて、試合勘の無い選手の動きといいますか、練習やら訓練をサボっててナマってるといいますか……。

ガタイはいいのですが、空中戦も戦略無く跳ぶだけなので、ほぼ全敗。
トラップが上手いワケでも、足が早いワケでも……。

で、私の素人目からすると、DF陣と、私の好きなバイヤーと、もう一人の新加入のオットル、右サイドアタッカーで、これも新加入のペトルツェラが結構よくて、前の方まで持って行くのですが、オェールとバンセがイマイチで、なかなかシュートに持っていけません。

一方、多分、ポゼッション率もFCAの方が高かったと思うのですが、遅めのカウンターみたいなので、Wolfsburgに攻められ、メイン・キーパーの怪我(?)の関係で、今季初出場・初先発の二番目キーパーのアムシフ君が頑張って止めてました。

ほんと、弱いチームって、キーパーが上手に見えます。
今日のアムシフ君は、ビッグセーブと言えるほどのプレーはありませんでしたが、
「あ。ヤベッ。」
くらいのシュートをちゃんと止めて、無失点に抑えたので、もう、合格点ですね。

そもそも、2トップの二人は守備は全くやらないので、なんかゾーン・ディフェンスっぽいWolfsburgが攻めに入ると、数的不利だか、単に下手なのかわかりませんが、なかなか前線にボールが戻ってこないので、もう、バンセを変えて、守備もちゃんとする人を入れればと思っていたら、後半の30分くらいかな?バンセに代えて、フォクトと言う、これまた新規加入の選手が出てきました。

ポジション的にはトップ下で、4-5-1のシステムに変わりましたが、フォクトは、結構、点を入れようと、
攻撃の際は、前の方に行ってましたね。
短い時間だから、当たり前かもしれませんが、結構、動いてて、好感持てました。

私は、システムとしてはやはり、4-5-1で、今日の先発メンバーから、怪我から復帰できたら、ク・ジャチョルをヴェルナーの代わりに入れて、トップは、少なくともバンセは外して、オェールか、メルダースがいいかと思いました。

フォクトもいいと思うのですが、先発して、どうなのかは、よくわかりませんね。



さて、昨シーズン、なんとか一部に残留しつつ、フロントのゴタゴタから、監督が交代した我らがFCアウグスブルク。

今シーズンは、フォワードを中心に大補強。
……っつーか、そもそも、レンタル選手が多かったので、あちこちから選手を借りてこないと、チームとして、成立しないという、厳しい台所事情。

今年の目玉は、ブルイナファソのFWのバンス選手。
昨季のメルダースや、その前のナンド・ラファエロもいるけど、1トップのFWを今季も獲得しました。

試合は見られなかったのですが、FCアウグスブルクのサイトによると、昇格したばかりのデュッセルドルフに0-2で敗退したようです。
昇格したてのチーム相手に、ホーム開幕戦で敗れるとは……。

こりゃ、先が、思いやられますな。

MFは、昨季の途中、今年の頭からウォルフスブルクからレンタルで、韓国代表のク・ジャチョル、FCAの」エースのバイヤー、やはり、昨季途中加入で、チェコ代表のモラベク。
あとは、新規加入で、ヘルタ・ベルリンからきたオットルと、ジンバブエのムソナだったようです。

FCAのサイトによると、右から、
クジャチョル、オットル、モラベク、バイヤー、ムソナ
となっていますが、多分、オットルとモラベクがボランチで、4 - 2 - 3 - 1か、
オットルがワンボランチの4 - 1 - 3 - 1 - 1 -1くらいじゃないかと思います。

……知らんけど。

DFは、昨年とほぼ同じ陣容で、
右から、オストルツォレク、ラングカンプ、サンコー、フェルヘーフ。

左SBは、私はデ・ヨングが好きなのですが、怪我から復帰したようですが、この日も出場は無し。
オストルツォレクなんかよりは、いいと思うんだけどなぁ。