ジンクス


ここ一年くらいでしょうか。
私が、試合観戦前に呟くと、試合結果が良くない傾向があり、特に、アウェイの時なんて、未だに初めて訪れる土地もあり、試合前に呟けないのは、とってもストレス。

もちろん、私一人の行動が、試合結果を左右するワケではないのは分かっているのですが、やはり、日本は言霊の国でもありますし、影響は、ゼロでは無いと思っています。

つまり、そうしたジンクスを、多くの人が守ることによって、結果的に、ひいきのチームの勝利につながるのではないかと。


国政選挙も、似たようなもので、確かに、個人一人の一票だけでは、大きく動くわけではありませんが、政治に対して、自分の意見が微力ながら反映できるチャンスです。

少々、面倒くさくても、選挙に行くと、当日の夜8時から始まる、全局でやってる選挙特番も楽しくなります。

これは、競馬とかの賭け事にも似てますよね。
私は賭け事に弱いので、やりませんし、別に勝っても、お金は戻ってきませんが。

あと、投票した自分が平凡か異端かなんかもわかります。
そりゃ、今回は、与党が勝つでしょうけど、投票日前日までの予測より、実際の当選者数が上の政党に投票したか、下の政党に投票したか……なんて、楽しみかたもあるかもしれません。
(そういう問題じゃ、ないんですけど。)

各政党の違いがわからないって方も、わからなくても、なんとなくでもいいんです。
なんか、ひっかかることがあれば、その政党は、きっと、そういう方へのメッセージを発していたのでしょう。

今回から、選挙権が18歳に下がりましたが、その対象の方々の投票率予想は4割以下とか。
それでは、政党も、年寄り向けの政策を考えた方が当選しやすくなります。

このブログをご覧になっている方で、未成年の方は、ほとんどいらっしゃらないというか、選挙権のあるお子さんがいらっしゃる方は、ぜひ、お子さんを選挙所に連れて行っていただきたいと思います。


AD