日経の記事で、Jリーグも発足20年を越え、最近は、Jリーグの選手出身の監督が増えてきて、Jリーグを活性化させているとのこと。

この記事では、柏レイソルの下平監督の記事でした。

記事によると

-------------------------------------
前任のミルトン・メンデス氏は科学的な指導ができる監督としてブラジルから鳴り物入りで迎えられたが、明治安田生命J1リーグで開幕から浦和、大宮に連敗。3戦目(3月12日)で磐田に引き分けたところで「家族の健康上の問題」を理由に突然帰国してしまった。アシスタントコーチから急きょ昇格した下平監督は最初の新潟、鳥栖との2試合は引き分けたものの、その後はFC東京、G大阪、鹿島、神戸、甲府に5連続完封勝利。ヤマザキナビスコカップで横浜M、川崎から挙げた白星も加えると公式戦7連勝とチームをすっかり立て直した。
-------------------------------------

でも、上記の文章の前に

-------------------------------------
 Jリーグ1部(J1)で私が今、最も注目しているチームが柏だ。5月8日の川崎戦に負けるまで5連勝の快進撃を続けていた。試合に活気があるのも好ましい。
-------------------------------------

一週間早ければ、川崎に負けたことを掲載しなくてもよかったのに……と思う反面、川崎は2009年以来、柏スタジアムで勝ってないので、きっと、先日の試合でも川崎は勝てないと思って記事の掲載を一週間遅らせるという勝負に出たのかも。

記録を見ると、川崎フロンターレが柏戦でアウェイに勝ったのは、今回も入れて三回。
前回は、上記の2009年の最終戦。
この試合のことは覚えてないのですが、その前のアウェイ戦は、柏が国立競技場に川崎フロンターレを迎えた試合で、私も観に行きました。

日立さんの社員を招待した、冠試合でしたが、たしか、5-3で川崎が勝ったんです。
だから、柏スタジアムで勝ったのは、実は、今回で二回目でした。

日経…………残念……。


AD