もう2月ですが・・・あせる


2010年に感想を書いたドラマの中でベスト5を決めてみよう!音譜


と思い立ちました。


が、なんと9作品しかありませんでした!!!www


はい、ノミネート作品は9つです!!


なのでベスト3にしたいと思います・・・w


     ☆☆☆


「シンデレラのお姉さん」

「18・29~妻が突然18歳!?」

「美男<イケメン>ですね」

「カインとアベル」

「オールイン」

「思いっきりハイキック」

「エデンの東」

「ぶどう畑のあの男」

「ベートーベンウィルス」


     ☆☆☆


こう並べてみると、微妙に悩みますね・・・w


さ、では行ってみましょうかありがちなキラキラ



第3位 「カインとアベル」 !!!

ジソプとシン・ヒョンジュンの演技合戦がすごかったでしょう!!

第2位 「美男<イケメン>ですね」

これはもう、皆さん一致するところのものでしょうラブラブ

これを2位にしてしまうと、1位はかなりのプレッシャー!!!

1位と2位は僅差ですよっっ

そして・・・

・・・

・・・

王冠1第1位 「ぶどう畑のあの男」

それほどいいとは思ってなかったオ・マンソクがとてもステキに見えてしまったということで、ポイントUP♪



が、1年前に見たものだとあまり記憶が・・・w


というわけで、なんとなくうろ覚えの印象で決めてしまいました。


これから視聴される方の参考になればと思います^^

GD&TOP

テーマ:
GD&TOP 1st ALBUM(仮)/GD&TOP


BIG BANG の GDとTOPが二人で活動しているのがかっこいいですね!!

元々GD好きなんですが、最近TOPの目力に抗えずにいますww

歌番組では物足りず、動画も探してぼ~っと見てしまいます。
いやぁー眼福 眼福w

こういう系統の曲あまり好きじゃなかったんですけれど、
耳に残ってしまいますね。

「Baby Good Night」は好きですねぇ。







スンリもソロ活動してますね。
私の中では当初ビッベンと言えば彼のイメージだったので、なかなかいいと思います。
歌声も好きですよー

東方神起 「Why」

テーマ:
Why? (Keep Your Head Down) (DVD付)(ジャケットA)/東方神起


週1度Mカを見るようになってから、韓国の音楽事情にも追いつけるようになってきましたw

今までそれほど東方をかっこいいとは思ってませんでしたが、ユノがかっこいいのは知ってました!w

そして今回の曲、めちゃめちゃかっこいいですね~~
チャンミンはかわいいしラブラブ
ユノに目は釘付け!!! ですw

アメノナカノ青空

テーマ:

韓国に住んでたときに、「ing...」という原題をよく見かけました。

公開してた時期だったのかしら。

どんな内容なのかまったく知らず、どうも評判よかった気がしたので見てみることに。

韓流モノによくある不治の病ネタなんだけども、

まったくわざとらしくなく、爽やかなストーリーでした。

コメディ的要素はまったくないけれど、目が離せませんでしたね。

イム・スジョンちゃん、かわいいのかどうなのかよくわからない・・・

他の女生徒たちの中にいるとかわいいのが分かるけれど、

一人だけ見るとどうだろう??

そして今回、どうも二重と鼻筋と唇が気になってしまいました・・・w

キム・レウォンは、それほどかっこよくないと思うけれど、かっこよく見えてしまう。

スタイルがいいからですかね~ 不思議です。

そして、最近気になっている、ステキなお姉さまであるイ・ミスク氏が母親役!

今回も色っぽくてかっこよかったです!

が、度を過ぎた茶目っ気に殺意を覚えてしまう母親役でしたww

韓国語マラソン: 1468時間

前回のマラソン: ドラマ「善徳女王」

善徳女王

     

とうとう見終わりました! 1年以上かかったんですなぁ~

せめて韓国と同じように週2話放送にしていただけないかしらねー


しかし1年飽きもせず見てこられたというのは、それだけおもしろかったから。


何がおもしろかったかというと、「ミシル」に尽きるでしょう!

(左の写真のコ・ヒョンジョンさん演じる役ね)


眉一つ動かすだけで笑ってしまうんです!!

「演技が怖い」という評判だったようですが、私にとってはおかしくてたまりませんでしたっ

そして、美しい・・・


見所はミシルとピダムと言っても過言ではありません!!


そのもう一人のピダムは、一番右の写真の左にいるキム・ナムギルさん演じる役ですが、

返り血を浴びながら次々と人を斬っていく殺人鬼。

狂気を帯びた目をしているときが魅力的なんです!!

いわゆるアブナイ人ですっっ


それがいったんおとなしくなってしまうと魅力がなくなってしまうのですが、

殺人鬼復活の際には小躍りしてしまうほどワクワクしてしまいましたっ


周りを固める役者さんたちも、一癖も二癖もあるような方たちばかりだったんですが、

この二人が特に光ってましたね~


ミシル、最初から最後まで美しいままだったんですが、いったい何歳の設定だったんでしょうか・・・

孫までいたんですけど???

そして、何人の夫・愛人、子ども、孫がいたのでしょう・・・

相関図が欲しくてたまりませんでしたww

そんなに何度も結婚したり、愛人を持ったりと自由にできたものなんでしょうか??


今後もコ・ヒョンジョンさんの出演作品は必見かしら。

楽しみにしています。


韓国語マラソン: 1466時間

前回のマラソン: 映画「赤ちゃんと僕」