かえるの音楽堂

70年~80年のCROSSOVER(FUSION)とJAZZを中心にAORか
らSOULまで、かえるのお勧めのGood Music Albumや音楽情報な
どを紹介いたします。




皆さま、こんにちは。”かえるの音楽堂”を訪問して頂き、誠にありがとうございます。このたび、”かえるの音楽堂”がアメブロに移転しました。ブログ開設以来自分の好きなアルバムを思いつくままにレビューしてきましたが、アメブロ移転を機会に装いも新たに色々書いていきます。(旧ブログの記事なども書き直し再公開などしていきます。)宜しくお願いします。


テーマ:

LATE NIGHT TALKHIRAM BULLOCK

(1997年)

 ハイラム・ブロックは大阪生まれのパナマ育ち、幼い頃にピアノを始め11歳からサックスを、そしてジュニア・ハイスクールではロック・バンドでベースをプレイし、16歳でギターに転向しました。その後パット・メセニー、ジャコ・パストリアス、ウィル・リーらと出会い、76年にニューヨークでセッション・ギタリストとして活躍し出しました。70年代後半になるとセッション仲間のウィル・リーらと“24丁目バンド”を結成しライブを含む3枚のアルバムを製作しました。80年代に入りリーダー・アルバムをリリースしたり、“ハイラム・ブロック・バンド”を組んで活動したり、デヴィッド・サンボーンやボブ・ジェームス、チャカ・カーン、ビリー・ジョエルなど色々なミュージシャンのアルバムやライブに参加して活躍しました。セッション・ミュージシャンとして活躍していたように超多忙でありながら、自分のリーダー・アルバムも多く製作していたように、本当に精力的に演奏活動を行っていました。彼はロック・テイストに溢れるギターだけでなく、ソウルフルなヴォーカルも披露していました。晩年は巨体を揺らしてギターやヴォーカルを聴かしてくれました。今回紹介するのは、97年に日本のヴィーナス・レコードで製作されたリーダー・アルバムです。曲はハイラムのオリジナル5曲とカバー5曲の全10曲という構成になっています。参加メンバーはハイラム・ブロック(g,keyb,vo)、ドクター・ロニー・スミス(B-3 organ)、ジョー・ロック(vib)、エド・ハワード(b)、アイドリス・ムハマッド(ds)の5人です。録音は9612月にニューヨークで行われました。

 

1. I Got A Rite(アイ・ゴット・ア・ライト)

2. Long Tine Gone(ロング・タイム・ゴーン)

3. All Fall Down(オール・フォール・ダウン)

4. Creepin(クリーピン)

5. Sugar(シュガー)

6. Late Night Talk(レイト・ナイト・トーク)

7. Morning(モーニン)

8. Gotta Get Your Jollys(ゴッタ・ゲット・ユア・ジョリス)

9. Now It's Time(ナウ・イッツ・タイム)

10. Here's That Rainy Days(ヒアズ・ザット・レイニー・デイ)

 

1曲目「I Got A Rite(アイ・ゴット・ア・ライト)」はハイラムのオリジナルです。オルガンからスタート、ヴァイブのソロ、ハイラムのソロと続くブルージーなインスト曲です。2曲目「Long Tine Gone(ロング・タイム・ゴーン)」はロック・バンド、クロスビー、スティルス&ナッシュの曲のカバーです。作曲はメンバーのデヴィッド・クロスビーです。ハイラムはソウルフルなヴォーカルを聴かせてくれます。3曲目「All Fall Down(オール・フォール・ダウン)」もハイラムのオリジナルです。ここでもヴォーカルを聴かせてくれます。4曲目「Creepin(クリーピン)」はスティービー・ワンダーの曲で、彼の名盤「ファースト・フィナーレ」に収録されていた曲です。この曲も多くのミュージシャンがカバーしていますが、ハイラムのインスト・ヴァージョンもなかなか良い感じを出しています。5曲目「Sugar(シュガー)」は言わずと知れた、スタンリー・タレンタインのCTI時代のアルバム・タイトルにもなった名曲です。ハイラムのギターもブルージーで良い味を出しています。6曲目「Late Night Talk(レイト・ナイト・トーク)」はアルバム・タイトル曲で、ハイラムのオリジナルです。ハイラムのヴォーカルも味があって良いですし、バックのヴァイブも良い感じでブルージーな雰囲気を出しています。7曲目「Morning(モーニン)」はクレア・フィッシャー作曲によるものです。所々にラテン・ジャズ的な味付けの見られる味わいのある曲です。8曲目「Gotta Get Your Jollys(ゴッタ・ゲット・ユア・ジョリス)」もハイラムのオリジナルで、87年リリースのアルバムに収めれていた曲のセルフカバーです。9曲目「Now It's Time(ナウ・イッツ・タイム)」もオリジナル曲です。10曲目「Here's That Rainy Days(ヒアズ・ザット・レイニー・デイ)」はスタンダード・ナンバーのカバーです。このアルバムはスローからミディアム・テンポのバラード中心の選曲で、全体を通してブルージーでジャジーな演奏を聴かせてくれます。ファンキーでロック・テイスト溢れるハイラムが好きな人には物足りないかもしれませんが、こういったハイラム・ブロックも良いのではないかと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

SUGARSTANLEY TURRENTINE

シュガー:スタンリー・タレンタイン

(1970年)      

 豪快でファンキー、そしてソウルフルでブルージーなトーンが持ち味のテナー・サックス・プレーヤー、スタンリー・タレンタインの代表作のひとつと言えば、CTIからリリースした本作「SUGAR(シュガー)」が挙げられます。スタンリーと言えば、60年代にはブルーノート・レーベルを中心に活動していました。ブルーノート時代のアルバムの中に、ザ・スリー・サウンズとのコラボ作で「BLUE HOUR(ブルーアワー)」がありますが、こちらはすごくブルージーな雰囲気のゆったりした大人の音楽といった感じでしたが、「SUGAR(シュガー)」はブルージーで、よりファンキーで豪快なイメージのアルバムです。CTIの作品はイージー・リスニング・ジャズとも言われたより聴きやすい大衆的なジャズから、フュージョンのはしりでもあったクロスオーバー作品などが制作されましたが、本作品はどちらかと言えばストレート・アヘッドなジャズ作品となっています。世の中のジャズ作品がどんどんクロスオーバー化していくなかで、王道のハードバップに近い作品は逆に新鮮でもありこの作品は大ヒットしました。参加メンバーは、スタンリー・タレンタイン(ts)、フレディー・ハバード(tp)、ジョージ・ベンソン(g)、ロン・カーター(b)、ロニー・リストン・スミス(el-p)、ブッチ・コーネル(org)、ビリー・ケイ(ds)、リチャード・パブロ・ランドラム(conga)です。

01SUGAR(シュガー)

02SUNSHINE ALLEY(サンシャイン・アレイ)

03IMPRESSIONS(インプレッションズ)

 1曲目「SUGAR(シュガー)」はスタンリー・タレンタイン作のアルバム・タイトル曲です。スタンリーとフレディ、そしてジョージ・ベンソンがユニゾンでテーマを演奏します。この曲はファンキー・ジャズの定番となり、今でも多くのミュージシャンがカバーしています。ちょっと荒削りなところもありますが、ジョージ・ベンソンのギターも彼ならではです。フレディ・ハバードのトランペット・ソロはちょっと控えめで、もっとばりばり吹いても良かったのではないかと思います。2曲目「SUNSHINE ALLEY(サンシャイン・アレイ)」は参加メンバーのブッチ・コーネルの作品です。親しみやすいメロディで、ジャズ・ロックのリズムを取り入れたファンキーな作品です。作者ブッチ・コーネルのオルガン・ソロ、続くジョージ・ベンソンのソロの流れがなかなか良いですね。ベンソンに続いて、ハバード、タレンタインとソロが続きます。3曲目「IMPRESSIONS(インプレッションズ)」はジョン・コルトレーンの作品です。コルトレーンの定番曲をタレンタイン風にファンキーに仕上げています。3曲の中でこの曲がベスト・トラックではないでしょうか。タレンタインらしいタッチで豪快にブローしています。アルバム全編に渡りブルース・フィーリングたっぷりのファンキーな作品となっています。タレンタインらしいアルバムと言えばやはり本作品になるでしょう。また本作品のジャケット・写真はPETE TURNERによる“足なめ”と呼ばれる写真です。ジャズというよりソウルのアルバム・ジャケットっぽいですね。この後タレンタインは70年代後半にファンタジー・レーベルに移籍しフュージョン作品を制作し、79年にはエレクトラに移籍しスムース・ジャズのはしりとも言えるフュージョン作品を制作しました。

 

Stanley Turrentine In Concert 1990

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


Plays Marcos Valle Summer Samba :  EUMIR DEODATE
(2002年発売)
 デオダートが60年代に録音したボサノヴァ作品で、曲は全曲マルコス・ヴァーリの楽曲をカバーしたものです。マルコス・ヴァーリは弁護士の息子として生まれました。少年時代にジョアン・ジルベルトのレコードでボサノヴァ・ブームが始まり、少なからず影響を受けました。そして1964年になるとEMIよりデビューしました。1966年にはマルコスが作曲し、兄のパウロ・セルジオ・ヴァーリが作詞した「サマー・サンバ「(Samba do Verão、英語題:So nice)」を、オルガン奏者、ワルター・ワンダレイが演奏し大ヒットしました。1960年代にはマルコスの多くの作品で、デオダートがアレンジを行ったりキーボードを弾いています。そんな深い繋がりもあり、デオダートがマルコスの作品を全曲カバーしたのが、今回紹介するアルバムです。参加メンバーはルーベンス・バッシーニ、ラウリ・ジ・スーザらブラジルのミュージシャン達です。デオダートはハモンド・オルガン、エレピを中心に弾いています。2曲目は大ヒット曲「Summer Samba」ですね。デオダートの演奏も爽やかな清涼感を感じさせる演奏です。7曲目「Flap」や8曲目「The White Puma」はデオダートの1973年の作品「OS CATEDRATICOS 73(オス・カテドラ-チコス73)」にも収録されています。録音は60年代ということもあり少し古さを感じますが、でもデオダートのホーンとパーカッションの目立つアレンジで、メロウでポップなジャズ・ボサノヴァに仕立てられており、カフェなんかにもお勧めのアルバムです。
1.Crikets Sing For Anamaria
2.Summer Samba
3.Marias Dream
4.Even More Beautiful
5.Land Of Nobody
6.Out Of Time
7.Flap
8.The White Puma
9.Summer Samba (Origional Lp Sterio Mix)
10.Crickets (Origional Lp Stereo Mix)
11.Crickets (Origional Single Mono Mix)


Eumir Deodato - Out of Time


Eumir Deodato: Summer Samba

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。