おもろいこと大好きぃぃ((((´゚゚∀゚゚`))))ノ♪

みんなが幸せになれるようなブログになるよう頑張りまっす!


テーマ:


タイタニック

皆さんご存知の「 TITANIC 」何度見ても涙が止まりません。

先日、知人から海底深くに沈んだタイタニック号沈没の理由(謎)を聞きました。

その内容はにわかに信じがたいものでしたが、私は興味がわき、調べてみることにしました。
ネット上では、数多くの仮説や興味深いものもあり、半日もPCに釘付けになるほどでした。

以下に知人から聞いた内容と一致するものをUPします。
※UPするにあたり、許可をいただいていません。苦情などございましたらすぐに削除しますのでご連絡ください。また、UPする記事は複数箇所からいただいております。
 

タイタニック号の謎

豪華客船タイタニック号。最大幅28m、全長268m。ホワイトスター汽船の船でした。
当時では最新鋭の技術を駆使して作られており、
絶対に沈まないといわれていた。中はほぼ高級ホテル並みの施設がありました。



 



 

タイタニック 

タイタニック乗船券 
※乗船券

1912年4月14日13時、タイタニック号は処女航海に出ました。
2224名の乗客を乗せて、イギリスサザンプトン港を出港しました。
22時55分、タイタニック号の近くにいたリーランド汽船カリフォルニアン号が、
タイタニック号に氷山警告を出しました。
しかし、タイタニック号はそのときレール岬と交信中だったため、
氷山警告に対して、「うるさい、黙れ!」と言いました。
23時30分、カリフォルニアン号の通信士エヴァンスが無線機の電源を切り、床につきました。
23時40分、タイタニック号が氷山に激突しました。
0時15分、世界で初めてSOS信号を発信。
しかし、カリフォルニアン号は無線機の電源を切っていたので、受信できず。
カナダの船マウント・テンプル号がSOS信号を受信。タイタニック号へ向かいました。
0時25分、ムーア船長が氷山を恐れて、マウント・テンプル号はタイタニック号に向かうのを中止。
船の照明を全て消して、他船に気づかれないようにしました。
そのころ、タイタニック号は2回目のSOS信号発信。
キューナード汽船カルパシア号が受信。全速力でタイタニック号へ向かいました。
0時45分、タイタニック号の四等航海士ボックスフォールが8発の信号弾を打ち上げ。
カリフォルニアン号、マウント・テンプル号は無視しました。
2時20分、船体が真っ二つに折れ、沈没しました。


このとき、船体の真ん中部分には2500kg/cm2の圧力がかかっていました。
この圧力は、タイタニックの耐えれる限度の1.5倍でした。
船尾から大量の乗客が落下しました(映画でもそのシーンがあります)、ビル25階からのダイブです。
ものすごい恐怖です。そのときの海は零下2度でした。
死者1517名。救助ボートで脱出した人はカルパシア号により救助されました

今もタイタニック号は大西洋に眠っています。






この悲惨な沈没事故が実は予測されていたというのです。

イギリスの実業家オコンナーは、タイタニック号に乗る予定だったのですが、
タイタニック沈没により多くの死者がでるという夢を見て、不吉に思い乗るのをやめました

カナダの神父チャールズ・モガンも、沈没の数時間前に沈没の夢を見ました

イギリスのジャーナリストのステッドは、沈没の夢を見て、他人にもそのことを話していたのに、
タイタニック号に乗って命を落としてしまいました

これだけならまだしも、沈没の14年前にアメリカのアマチュア神秘主義者モーガン・ロバートソンが書いた
フューティリティ(愚行)」という短編小説の内容が恐ろしいほどタイタニック号の沈没と似ているのです

船名 タイニック タイタン
名前の由来 ギリシャ神話の神「タイタン」より ギリシャ神話の神「タイタン」より
船籍 イギリス イギリス
航海時期 4月 4月
航路 サザンプトン港~ニューヨーク サザンプトン港~ニューヨーク
沈没原因 氷山と激突 氷山と激突
船の規模 世界最大の豪華客船で沈没はあり得ない 世界最大の豪華客船で沈没はあり得ない
排水トン 6万250t 7万t
全長 882フィート 800フィート
最高速度 24ノット 24ノット
氷山激突時の速度 23ノット 25ノット
積載可能トン 3000t(乗員除く) 3000t(乗員除く)
乗客 2224名 2000名
スクリュー 3基 3基
救命ボート 20艇(乗員に対して数が圧倒的に不足) 24艇(乗員に対して数が圧倒的に不足)
防水隔壁数 15 19
氷山激突部位 右舷 右舷

この小説は出版した当時はあまり人気はなかったのですが、
タイタニック号沈没をきっかけにショッキングな予言書として大センセーションを巻き起こしたらしいです

ギリシャ神話の神「タイタン」は巨神族です。まさに大きな豪華客船にピッタリです。
しかし、「タイタン」はギリシャ神話の最高神ゼウスにより、破滅させられた神でもあります

では、次は「タイタニック号は沈められた」という話をしたいと思います。
タイタニック号には謎な点がたくさんあります。
船主J・ブルース・イズメイは船長に「速度を速くしろ」と何度もせがんでいました。
しかも、双眼鏡がなくなっていたため、氷山の発見が遅れました。
事件の鍵は船主イズメイにあると言われています。
4月14日13時42分に、バルティック号から氷山警告を受信していますが、
イズメイはそれを船長から渡され、そのままポケットに突っ込みました。
船長が氷山警告のことを思い出し、イズメイから返してもらったのは19時15分のことです。
おかげで船員に氷山のことが知れわたるのが遅れました

実はタイタニック号には、姉妹船のオリンピック号が存在します。


※オリンピック号
オリンピック号


※タイタニック号
タイタニック号


外観、内装、食器類まで何もかもが同じ船でした。(窓の数、スクリュー番号など微妙に違う点もある)

 
※オリンピック号とタイタニック号


オリンピック号はタイタニック沈没以前に軍艦と接触事故を起こし、耐久性能が下がっていました。
おかげでオリンピック号には保険がかからなくなっていました。
そこで経営不振を考えたホワイトスター社は外観が酷似しているタイタニック号とオリンピック号をすり替えました。
すり替えは至って簡単。船名の部分の塗装を変更するだけでした。
そして、保険金を手に入れるためにタイタニック号(実はオリンピック号)を沈没させたというわけです。
タイタニック号の真の所有者J・P・モーガンは、ホワイトスター社長J・ブルース・イズメイを船主として
タイタニック号(実はオリンピック号)に乗船させ、事故をさせるように仕向けました。
もし、その説が正しいとすると、謎がわかります。
まず、船主イズメイが「速度を速くしろ」といったり、氷山警告を隠したのは、氷山に船をぶつけるため。
双眼鏡がなかったのも氷山に船をぶつけるために、あらかじめ双眼鏡を隠していた。
見張り役を買収していたという説もあります。
しかし、見張り役は自殺をしたので買収されていたかは分からないままです。
また、真の所有者J・P・モーガンは自分の身の安全を考え、急遽、乗船をキャンセルしていました。
このとき、モーガンの知人55人も同時にキャンセルしていました。
つまりタイタニック沈没は、保険金目当ての大量無差別殺人だった可能性があります

出航時のタイタニック号の写真と、作られた当初のタイタニック号では舷側の窓の数が異なることが確認されています。
また、事故の後、格納されているオリンピック号(実はタイタニック号)の船名の塗装部分に
修正が加えられていることが確認されました。修正前の文字は「TITANIC」となっていたようです


現代、海底調査の際、船体には「T」「I」「T」と書いてあったそうですが、ありえない「O」「M」の文字も確認されたとのことです。塗り替えられた塗装がはげて、ORYNPIKの文字が出てきたのではないでしょうか。
これらがオリンピック号とのすり替えの根拠とされています


※以下は、この保険金詐欺に対してのコメントです


◎船を動かすのは航海士です。
つまり氷山にぶつけるなら、航海士が意図的に、ぶつかる進路をとらなければなりません。
しかし航海士が汚い金を裏で受け取っていて、わざと氷山にぶつけたなら・・・
はたして航海士に死人が出るでしょうか
そういう問題もあるし、すりかえるには、微妙に形の違うオリンピックを工事しなければなりません
オリンピックとタイタニックをすり替える為には、オリンピックが座礁した2月24日から4月10日のタイタニックの処女航海までにこれらの工事を終える必要があり、両船の船員全員を配置転換しなければならないこと、改修に関与する造船所の工員の数などを考えると、すり替えが成立する根拠はほぼなきに等しい

ってことも考慮すると、すり替え説はありえません

◎もし計画的に沈めるならもっと陸地に近いところやオリンピック号をある程度近づけさせて乗客の救助をさせるなどの工作をしたはずです。結果的には被害者への補償金でホワイトスターライン社は経営が傾き売却されてしまっています。
保険金詐欺だとするとことの大きさの割にはずさんすぎます







その他の沈没の理由

さて、次は「タイタニック沈没はミイラの呪い」という話をしようかと思います。
1910年、エジプトのカイロでアメリカの盗掘者たちがピラミッド内部から一体のミイラをとっていきました。
ミイラは棺に入っていました。盗掘中に一部の盗掘者が謎の死を遂げていきました。原因不明です。
「私は神の裁きで呪われたのだ」と叫びながら死んだらしいです。
そのミイラは盗掘者がイギリスの学者ダグラス・マレーに売りました。
紀元前1600年にテーベに生きていたアモン・ラー神殿の王女のミイラでした。
棺を売った盗掘者はその日の夜に謎の死を遂げました。
マレーは棺を手に入れた3日後、ナイルに狩りに出かけた時、銃が暴発。
肘から先の腕を切断することになりました。
さらに、棺を持ってイギリスに帰る途中、同行した友人2名が謎の死を遂げました

しかも、ミイラの棺を扱ったエジプト人2名までも謎の死を遂げました。
マレーは恐怖を感じ、棺を富豪夫人に受け渡しました。
すると、夫人の母親が突然死。夫人は恋人にフラれて、熱を出し、死にそうになりました。
夫人は恐怖を感じ、マレーに返品しようとしました。しかし、マレーは拒否。
大英博物館に寄付することになりました。
展示されたミイラの写真をとろうとしたカメラマンが謎の死を遂げました。
展覧会を企画した学者がその日の夜にベッドで謎の死を遂げました。
次から次へとミイラに関わる人たちが死んでいったり、悲劇が起きたりしています。
それなのに、ニューヨークの博物館がミイラが欲しいと要求してきました。
ちょうどそのとき、イギリスサザンプトン港からニューヨークへ行く船がありました。タイタニック号です。
絶対沈まない船だったので、安全な輸送手段とされました。
絶対沈まないはずなのに、ミイラは1517名を道連れに大西洋に沈んでいってしまいました。
そのミイラは現在、海から引き上げられ、大英博物館に今も保管されています…。


 

映画タイタニックは事実を再現してるの?

ジャックとローズの恋物語はフィクションです。ローズがおばあさんになって、宝石を海に捨てるのもフィクションです。
しかし、それ以外は生存者の証言を元に、事実に基づいて細部まで克明に再現されていますよ。
船長が船と共に運命を共にしたのも、パニックになる乗客たちを落ち着かせるために音楽家たちが最期の時まで演奏を続けたのも(彼らも船と運命を共にしました)
タイタニックが氷山にぶつかった後,乗客が救命艇に乗り込む中、甲板で演奏を続けたウォレス・ハートリー率いるバンドを覚えていると生存者たちはよく語ってきた

ハートリーのバイオリンは1912年の惨事で失われたと信じられてきたが
競売会社ヘンリー・オルドリッジ・アンド・サンによると2006年に発見されたこの楽器は,厳しい調査の結果ハートリーのものと証明された

 

船員がピストルを発射してしまったのも、まさか沈没するまいと思われていたため少ししか救命ボートを積んでいなかったために僅かな人しか助けられなかったのも、3等の乗客がほとんど助からなかったのも、死を覚悟した老夫婦が部屋に戻りベッドに身を横たえたのも、船が沈む時に縦になって沈んだのも、みんなみんな事実です。
豪華な階段と天使の像がたびたび登場しますが、船の内部の装飾も全く忠実に再現されています。

※ダグラス・スペイドンという6歳の少年 映画でも登場しています。

後にこの少年、不運にもアメリカで初の交通事故死亡者となりました。




5000点にも及ぶタイタニックの遺品の数々。
オークションに出品されました。






 


 

1517名にも及ぶ犠牲者を出したタイタニックの事故。保険金詐欺があったかどうかは分かりませんが、痛ましい事故にはかわりありません。
ジャックとローズのような物語は無かったようですが、1517名それぞれのドラマがあったことを考えると、とても胸が痛くなります。※ちなみに『ジャック・ドーソン』という同姓同名の乗客はいました。

最後に、沈没前日に出た、ランチメニュウと再現をどうぞ

タイタニックのランチ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。