お兄さんの独り言 [映画、演劇の感想](Ameba)

映画や演劇、ドラマなどの感想と日々の日記を書き連ねています。


テーマ:
【会場】 俳優座劇場
【日程】 2012年1月31日(火)~2月5日(日)
【料金】 S席 6,500 A席 5,800 当日 \6,000
【原作】 パウロ・コエーリョ
【演出】 西浦正記(フジクリエイティブコーポレー ション)
【脚本】 大塩哲史(北京蝶々)
【出演】
 ベロニカ 西条美咲
 エドアード 永山たかし
 ヴイクトル 浅利陽介
 マルタ 亜希子(SDN48)
 マリア 奈津子(SDN48)
 ミレーナ ザンヨウコ
 マルコ 斉藤一平
 アントン 藤森太介
 ティム わたなべいつき
 マーヤ 逢澤ミチル
 サーニャ 木村キリコ
 ミルカ 辻村優子
 ヤン 山本卓卓
 アミール 野口卓磨
 ゼドカ 宮本裕子
 レジーナ 高樹澪
 看護師長 エド・はるみ
 マリー 久世星佳
 イゴール 酒井敏也
----------
【コメント】
 主演は、いしだ壱成さん、山崎邦正さん、宮下雄也くんらが出演した舞台「新宿ミッドナイトベイビー」(2009年)で、俳優デビューした西条美咲さんです。

 舞台「新宿ミッドナイトベイビー」では、いしだ壱成さんが山崎邦正さんにファックされるシーンが斬新でしたけど、この「ベロニカは死ぬことにした」も、なかなか衝撃的でありました。

 チラシの写真は、主演の西条美咲さんのフルヌードですが、舞台上でも西条さんは本当に全裸になってしまいます。従って、中学生以下、15歳未満は入場禁止です。

 舞台上で役者が全裸になると言うことは、ままあることではありますが、ここまで、あからさまなシーンは珍しいでしょう。

 三浦春馬くん主演のドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」(2011年)など、フジテレビのドラマをいくつも手掛けている西浦正記さんが初めて舞台の演出を務めたと言うことですが、ここまでやる必要があるのかなと、ちょっと疑問を感じないでもありません。

 舞台上で男性がオナニーするシーンというと、三浦大輔さん演出の「裏切りの街」での田中圭くんによるテレフォンセックス、葛木英(くずき あきら)さん演出の「SWEETS」での福山聖二くんによる布団の中でのオナニー、行定勲さん演出の「パレード」での山本裕典くんによる自室でのオナニーとか、いくつかありますけど、全裸で照明を浴びて、舞台センターでのシーンというのは、男女を問わず、さすがに初めてです。

 生きると言うことと、性・セックスが不可分だと言うことは判りますが、ここまで見せる必要があるのかなと言う気がしますし、どうせするなら、もう一息、セドガとのラブシーンや、エドアードとの濡れ場なんかがあっても良かったのではないかとさえ思ってしまいます。

 人は幸せになると、うつになる、死を目前にすると、生きたくなると言うのは一つの真理ですし、死が縁遠くなればなるほど、セックスレスになり、死を意識するほど、子作り・セックスに励むというのも事実ですが、舞台表現として、ちょっと中途半端なような気がします。

 ところで、永山たかしくんが演じるエドアード、前半は全くセリフがなく、後半、ベロニカの弾くピアノを聞いた辺りから、人間が変わるという、いささか不思議で難しい人物でありました。

$お兄さんの独り言 [映画、演劇の感想](Ameba)
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード