フレア ツアーズの旅情報&オフィシャルブログ

旅のプロがお勧めする! 
海外旅情報をご紹介!
ツアーにはない体験ごと・海外での名物料理・最新情報などなど・・観光ブックには載っていないさまざまな旅プランやフレアツアーズスタッフの日々の出来事などなど。。。。おもしろ楽しい情報をご案内致します。


テーマ:
     ★ ベルガモでランチ休憩~★


ベルガモの旧市街を散策すると・・・・小高い丘になっているのもあって
少々お疲れモード!

そんなときはランチ休憩!


ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ちょっと可愛らしいお店で口コミでも評判がよかったので入ってみることに・・・
イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ


ここでのランチは・・・

バニャカウダー(オリジナルはトリノです)

イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ


カリフラワーのスープ

イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ


ラビオリ

イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ


ボロネーゼ

イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ


どれもボーノビックリマーク

ベルガモの旧市街は丘の上にあるので、歩く方もいますが
便利なミニ鉄道を利用します。

イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ

3つのゴンドラが連なるミニ列車ですが、約5分程で到着します。

イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ


世界から沢山の観光客が訪れるベルガモ。
いろんな言語が交じり合いゴンドラは下へと下っていきます。

イタリア鉄道でミラノへと帰りますが、この路線はちょっぴり綺麗な列車で運行されています。
イタリア ベルガモ観光 フレア ツアーズ


あまり知られていないベルガモの街・・・5月から始まるミラノEXPOの観光とベルガモ観光
今年はミラノで数泊する旅しませんか?


お問合せは ⇒ フレア ツアーズ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★ イタリア・ベルガモの観光名所・・・サンタマジョーレ教会 ★


ベルガモの旧市街を歩いていくと広場に到着します。

ベルガモツアーフレアツアーズ

旧市街の中心にあたり。。。ここから数分でベルガモの観光名所であるサンタマジョーレ教会がみえてきます。
ベルガモツアーフレアツアーズ

サンタ・マリア・マッジョーレ教会(イタリア語: Basilica di Santa Maria Maggiore)は
イタリアのベルガモ(ミラノから列車で1時間)にあるカトリック教会の教会です。


ベルガモツアーフレアツアーズ



教会内部に入ってい見ると・・・以下、wikipediaから転記です。

教会堂内は建設当初のロマネスク様式のギリシャ十字型(集中式)を維持しており、身廊とその両側に側廊があり、交差部の正面仕切りで内陣と区切られている形状である。ただし、内装は17世紀の改装時にバロック様式のものに置き換えられている[1]。

壁面に飾られた聖母マリアの生涯を描いたタペストリーは、1583年から1586年に掛けてアレッサンドロ・アローリ(英語版)がフィレンツェで製作したものや、フランドル地方で作られたものがある。1698年にLudwig van Schoorがアントワープで製作したキリスト磔のタペストリーの上には、1691年にルカ・ジョルダーノが描いた紅海渡渉(海を渡るモーセ)の絵が架けられている。

身廊のいわゆる入口部分にはUgo da Campioneが1313年~1320年に掛けて製作したGuglielmo Longhi枢機卿の彫像や、Vincenzo Velaが1855年に製作した作曲家ガエターノ・ドニゼッティの墓所がある。左側の側廊の始まり部分にはアンドレア・ファントーニが1704年に製作したバロック様式の告解聴聞席が置かれている。

クワイヤの手すり子(バラスター)には、14世紀に作られたキリスト磔の姿がデザインされたものがある。また、クワイヤの木製座席はBernardo ZenaleとAndrea Previtaliによってデザインされたもので、そこに取り付けられている6基のブロンズ製燭台は1597年に作られたものだ。クワイヤの聖書の話をデザインした木彫はロレンツォ・ロットによって製作されたものである。

右側の翼廊には聖アエギディウスの生涯や、最後の晩餐、生命の樹を描いたフレスコ画があるが、一部は17世紀の改修時に描かれたフレスコ画で上書きされてしまっている。


ベルガモツアーフレアツアーズ




ベルガモツアーフレアツアーズ


ベルガモツアーフレアツアーズ


ベルガモツアーフレアツアーズ


コレッオ―二礼拝堂。
霊廟である建物

以下、ウィキペディアからの抜粋です。

ベルガモ領主バルトロメーオ・コッレオーニによって、彼自身と娘メデアの霊廟とするため1472年(又は1471年)から1476年に掛けて建設された[1]もので、聖バルトロマイおよび聖マルコ、洗礼者ヨハネに捧げられた礼拝堂である。この礼拝堂は隣接するサンタ・マリア・マッジョーレ教会の聖具室を取り壊して建てられた。

礼拝堂の基本設計は15世紀の著名な建築家ジョヴァンニ・アントニオ・アマデーオによって行われ、ベルガモにある全てのモニュメントの中で最も美しく豪華であるべきであるというコッレオーニの願望を叶えるものとされ[1]、八角柱を絞って太鼓を逆にしたような形のドームや、ドームの先端に燭台のような尖塔が乗せられているところに特徴がある。当礼拝堂はロンバルディア・ルネサンスの傑作の一つと言われている

ベルガモツアーフレアツアーズ


ミラノから片道1時間で行くベルガモ・・・是非、5月から始まるミラノEXPOとベルガモ観光を
ミラノ拠点に旅してみませんか?

日本語アシストと一緒だと安心ですよ!

お問合せは ⇒ フレア ツアーズへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
    ★ ベルガモの旧市街散策 ★


中心となる広場から西側にあるゴンビト通り100mくらいがお店の入った華やかな通りはカフェ
アパレル・レストラン・ワインショップなどなど歩いているだけでも楽しくなります。

ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


キッチン雑貨のお店や靴専門店など・・・観光地ながらもイタリアショップがあるので
こじんまりとエリアでお買い物が楽しめます。

ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ちょっと休憩にバールで一休み。

イタリアのバールはご存知?のとおりカウンターで立ち飲みです。
勿論、座ることもできますが有料になってしまうのでイタリア人たちはカウンターで立ち飲みしながら会話にはずんでいます。

ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ベルガモの旅は ⇒ フレア ツアーズ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★ ミラノに近いベルガモの旧市街を歩いてみよう・・★


丘の上の旧市街チッタ・アルタ(上の町)と、丘の下の新市街チッタ・バッサ(下の町)からなる。城壁に囲まれたチッタ・アルタには、中世の面影を残す景観や多くの文化財があり、観光地となっている。整然と作られたチッタ・バッサは、19世紀以降商工業の中心として発展した

ベルガモ観光ツアー



ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ベルガモ観光ツアー

お菓子屋さんに必ずおいてあるのが、この黄色いスポンジの上に鳥の形のチョコが乗ったお菓子。ベルガモの郷土料理にポレンタ(とうもろこしの粉を練ったもの)の上に野鳥のローストを乗せた料理があるそうで、それを模したお菓子もまた有名なんだって。ベルガモはなかなかグルメな町なのかもしれない。

ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ベルガモ観光ツアー


ベルガモ観光ツアー


ベルガモ観光ツアーフレア ツアーズ


ベルガモの旧市街(アルタと呼ばれている)は斜面に並行しているメインロードが500mほどあり、その真ん中に中心となる広場へがあります。
広場まではこのように両サイドお店がズラリ。のんびり楽しみながら広場へと向かっていきます。

次回は広場から大聖堂をご案内致します。

ベルガモの旅は ⇒ フレア ツアーズ 北イタリアの旅

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。