• 17 Feb
    • ★ ピエモンテ州アルバを旅する・・・★

      ピエモンテ州への日本人観光客はまだまだ少なく、メイン都市のトリノは徐々に増えておりますがアルバはこれから?なのでしょうね~アルバもなかなか美味しいものが揃う町です。 この広場には、屋台がでたり・イベントがあるとメリーゴランドの姿もあります。アルバの教会。ここは必見です。ピエモンテのパスタは独特で、このような細めんパスタです。アルバといえば、毎年10月に白トリュフ祭りが開催されます。白トリュフの名物な地域なので、高級食材もアルバにはたくさんあります。こちらはバルサミコ酢ですが、トリュフ入りなのでちょっと高い! でも 味は最高です。イタリアンレストランをされているかたには、特に訪問していただきたいですね~~ピエモンテ・アルバの旅は ⇒ フレア ツアーズへ

      1
      テーマ:
  • 08 Feb
    • ★ ワインの王様 バローロ 村巡りでワインを味わおう! ★

      ★ ピエモンテのワイナリー バルバレスコ ★トリノから車で1時間30分ほど走ると、バローロの葡萄畑がみえてきます。いくつもの小さな村がありますので、村々によって地のワインをテイスティングしながらハシゴをするのも楽しみの1つ。私もいくつものワイナリーを巡り、ここワイン城がある村に少し時間をとってみました。村の中を散策してみると。。。可愛らしい建物があり、絵本にでてくるような村教会も可愛らしいでしょう~バローロワインはたくさんの種類があります。エノテカが数店あるので、テイスティングしながら自分好みのワインをゲットしてみてはいかがでしょうか。 ワイン城を見渡せるこの場所からは360度パノラマが楽しめます。時期は10月でしたので、葡萄の収穫が終わり葡萄の葉っぱが黄色ついてくる時期です。 小さな古城がかすかに見えます。イタリアの田舎には、たくさんの小さな古城が点在しています。 トリノ・バローロワインの旅は ⇒ ピテモンテ州ワイナリーへ

      1
      テーマ:
  • 02 Feb
    • ★ 美味しい北イタリア ワインの王様バローロ村 ★

      ★ バローロの里でワインを楽しもう! ★ブドウ畑を抜けてワインの王様バローロの里を探訪。カンティーナ(ワイナリー)が沢山あって、どこのカンティーナに行こうか・・・迷ってしまうほど、いっぱりあります。自分好みのワインを探すには1日では足りないくらい広大なブドウ畑とカンティーナ。今回は2箇所の村へ行ってみました。今度は、車で20分ほど走ったところにある小さな村。なんとなく可愛らしい街でしょう~ワイン以外にもエプロンやワイングッズなど・・・イタリアらしいデザインは日本では買えないものばかり。次の村は少し観光化されていて・・・外国人観光客が大型バスで来ている姿が多くみかけました。こちらのお店ではワイングッズもあって、イタリアらしいデザインのものがたくさん!ワインショップに並ぶここバローロワインはいろんなカンティーナから集まったワイン。どれが自分好みのワインなのか? 迷ってしまいます。そんなときは、お店の方に自分好みのワインを訪ねてみてはいかがでしょうか・・・カンティーナ訪問していると、酔っぱらって眠くなってしまうかもしれません。そんなときは、バールで一休み。バローロワインツアーのコースは ⇒バローロの旅へ

      1
      テーマ:
  • 25 Jan
    • ★ 北イタリア・ピエモンテ州はグルメの宝庫 ★

      ★ ピエモンテの美食 ★北イタリアはイタリアの食品メーカーが集まるだけあって北の料理は最高に美味しく、有名なワイン・・・ワインの女王バルバレスコワインの王様バローロバルバレスコやバローロのほか、ガヤも有名でして、これらのワインがここピエモンテ州になります。そして! イタリア50番目の世界遺産として登録されました。バルバレスコへ向かう途中に寄ったこちらのレストラン雰囲気もよく、外国人や地元の人達で賑わうとっても人気のあるお店。ピエモンテ料理がワインをぐいぐい勧めてくれるそんな料理です。私達がオーダーしたメニューは・・・ウサギや牛肉のワイン煮込み  やわらかくて食べやすい料理です。ピエモンテのパスタはこのような細い麺。タリヤリン ピエモンテの方言になりますがタリアテッレ。このメニューは、どのピエモンテのどのお店で食べても超美味しい! また、食べに行きたいほど・・・特に北の料理はハズレがありません。イタリア旅行は人気ですが、まだまだメジャーでないトリノ・アルバなどピエモンテの旅もお勧めですよ!お問い合わせは バローロ&バルバレスコの旅へ

      1
      テーマ:
  • 24 Jan
    • ★ イタリア・ピエモンテはパプリカが特産です ★

      ★ トリノのメルカート パプリカ三昧! ★トリノからバルバレスコへ向かう途中の広場でメルカードが開かれてました。この地域はパプリカの産地です。途中の道端にも露天のお店を数店みかけました。 広場の市場では、野菜やフルーツは勿論 衣類もありました。トリノ・アルバ・・・思った以上に楽しい地域です! お問い合わせは ⇒ トリノ観光とクールマイヨールへ

      1
      テーマ:
  • 21 Jan
    • ★ チーズについて学んでみよう ! ★

      ★ 美食のトリノでチーズを少し学んでみませんか? ★先日紹介したチーズショップの一角にある部屋でチーズを学ぶことができます。 スクリーンで各チーズを造る行程や歴史など学びながら実際のチーズをみて、いざ試食!左奥にあるチーズは葡萄の皮で熟成されたチーズ。赤ワインの香りがチーズに染込んだなかなか食べやすい味のチーズ5種類のチーズを学びながら試食。これだけでお腹がいっぱい!今回はオーストリアからの参加者がいらっしゃいました。チーズを学びながらお互い仲良くなり、楽しい時間を過ごすことができました。講習は英語で開催されます。 今回の講習会には、オーストリアからの観光客と一緒になり、最後はみんなで乾杯です! 講習が終ったあとは、お好みでチーズを購入することができます。あまりにも種類が多いので、どれを買おうか?迷ってしまいます。 でも、私は今回赤葡萄の皮で熟成したチーズを購入。美味しかったので、また買いに行きたいくらい。こちらのお店は、トリノに本店があり日本は代官山にある EATALYご存知かと思いますがEATALYにチーズを卸しています。食に興味のある方は北イタリアでカフェや食をテーマにした旅はいかがでしょうか。お問い合わせは イタリア トリノ旅行とピエモンテワインへ

      1
      テーマ:
  • 20 Jan
    • ★ 多種類のチーズを学んでみよう!★

      ★ トリノ郊外でチーズ講習会に参加できます ★トリノから車で40分ほど走ったところにあるチーズ工房を訪問しました。 こちらの工房には、店内入り地下に降りるとチーズ熟成室があります。どれも珍しいチーズばかり。隣のキッチンでグラムに切り分けてショップへと並びます。そして地下へ降りると、貯蔵庫となっておりまた昔のチーズ作りの機械などミニ博物館となっています。こちらへの入場は、決められた時間にチーズ試食ツアーがあり最初にこちらで説明をしてくれます。昔はこのような行程でチーズが造れていた歴史が伝わります。そして棚に多くのチーズが熟成されています。温度などチーズによっては管理が大切です。ここでは、スタッフの方がトンカチにようなもので叩いて硬さなどを説明しているところ。それぞれのチーズには、このように製造者の焼印などが押されています。このようなチーズは銀行融資の際に担保に出来たり!と、高価なチーズです。 そんなチーズたち。 説明を20分ほど聴いたあとは試食ルームで試食タイム!チーズの違いをより学ぶことができます。次回は、試食ルームでの内容をご案内致します。   byイタリア旅行 トリノツアー

      1
      テーマ:
  • 17 Jan
    • ★ トリノの夜景とアペリティーボ ★

      ★ トリノの夜景とアペリティーボ ★トリノの夜景はとっても綺麗なので、夜はウォーキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。広場のライトアップは、昼間の景色とは違って夜はロマンティック!しばらくナイトウォークを楽しんだあとは、アペリティーボの発祥であるトリノでアペリティーボのはしごはいかがでしょうか? アペリティーボは以前フィレンツェでご紹介していますが、ドリンク1杯オーダーすると前菜が食べ放題! 沢山の量は食べれない日本人にとってはアペリは助かる食事タイムです。 お店によって並んでいる料理の種類が違いますので、アペリを楽しみたい方は地元に住むトリノに詳しい日本人アシストと一緒に出かけてみてはいかがでしょうか。 美味しいお店へご案内!ということで、ドリンク1杯7ユーロでこれだけ並んでいる前菜がとり放題。トリノの夜遊びは日本語アシストと楽しみませんか。日本語アシストの料金はコチラ →イタリア トリノ旅行

      1
      テーマ:
  • 14 Jan
    • ★ トリノ・ポルトヌオヴォ駅はフィレンツエまで約3時間 ★

      ★ トリノ ポルト ヌオヴォ駅のご案内 ★トリノのポルトヌオヴォ駅は主要駅なだけにかなり広くショッピングゾーンもいろんなお店が揃っています。イタリア鉄道は遅れは日常茶飯事ですし、ホームの案内もぎりぎりなので、この電刻案内の下周辺には多くのお客さんがまだか?まだかと待っています。 イタリアの国鉄トレニターリアのオフィスは構内目立つ場所にありますが、最近注目はフェラーリ列車のイタロ。こっこトリノ・ポルトヌオヴォ駅/フィレンツェ間を約3時間で結んでいます。以前は4時間強かかっていたのですが、ミラノ中央駅を通らずに行くので時間が短縮されています。 ミラノ中央駅へ行く場合は、イタリア国鉄であるトレニタリアを利用することになります。トリノ・ポルトヌオヴォ駅構内にはスーパーマーケットもあり、ここでほとんどの食材がお買い物できるので、トリノに住む方々も通勤帰りにここでお買い物される方も多くみかけます。 有名なファッションメーカーもお店も入っているので、列車の待ち時間に十分時間をつぶすことができます。 私もついついスペインブランドのT-シャツを買ってしまいました[:グッド:]トリノは意外と楽しめる街です。トリノ観光後、フェラーリ列車に乗ってフィレンツェへ行かれるコースはオススメです。コース詳細はコチラ⇒ フレア ツアーズ トリノ旅行

  • 13 Jan
    • ★ トリノにある老舗のお店でビチェリンを飲もう ★

      ★ トリノ名物 ビチェリンを飲もう ! ★ビチェリン(BICERIN)とは、小さいコップという方言からきた呼び名で、チョコ+コーヒー+生クリームの飲み物こちらは老舗のお店ですが、トリノの有名人たちも通ったお店だとか・・・まずは、カウンターでオーダー&お支払い。それから着席ですが、店内は狭いので混んでいると立ち飲みになってしまいます。ビチェリンとはトリノだけにしかない「ビチェリン(Bicerin)」という飲み物1763年創業のカッフェ・アル・ビチェリン(Caffè Al Bicerin)カッフェ・アル・ビチェリン(Caffè Al Bicerin)で下からホットチョコレートエスプレッソ、フォームドミルク(カプチーノなどに入れられる水蒸気によって泡立てられたミルク)の細かい泡、または生クリームを3層をグラスに綺麗に入れられた飲み物 トリノに来たら、必ずビチェリンをご賞味あれ~トリノ観光を日本語ガイドと徒歩で観光しませんか?  日本人アシストの手配承ります。トリノ&フィレンンツェ2都市コースは → イタリア トリノ旅行 へ

      1
      テーマ:
  • 12 Jan
    • ★ 素晴らしい! トリノ コンソラータ聖所記念堂 ★

      ★ トリノ観光の目玉の1つ マドンナ デラ コンソラータ聖所記念堂 ★とにかく堂内は素晴らしい!  ロマネスク様式の教会内は、昔の面影が今でも残っておりジーンとカラダに感じるものがあります。パイプオルガンや天井画どれも素晴らしいものばかり 教会内には懺悔の部屋がいくつもあり、私が滞在した数分の間に多くの方が懺悔の部屋へ入っていかれました。トリノに来たらマドンナ デラ コンソラータ教会も絶対に訪問すべき場所の1つです。トリノの観光は日本語ガイド付きがお勧めです。 お問い合わせは → フレア ツアーズ イタリアの旅へ

      1
      テーマ:
  • 11 Jan
    • ★ トリノ・床下に見える遺跡・・・遺跡の上にあるマダマ宮殿 ★

      ★ 遺跡が続く・・・トリノ歴史探訪! ★前回トリノ観光のみどころをご案内致し、記事の中でマダム宮殿をご紹介致しましたが、この宮殿は・・・なんと・・・遺跡の上にあるんです。そして、こちらのマダム宮殿はユネスコ世界遺産に登録されています。 このようなローマ遺跡が建物の地下にあり、宮殿から少し離れたローマ遺跡からつながっています。そして、こちらはガラス張りになった床。遺跡の様子がご覧いただけます。 トリノはイタリアではまだまだメジャーな観光地になっていませんが、見どころたっぷり!次回のイタリア旅行はトリノへいかがでしょうか。トリノとフィレンツェをマッチしたコースはコチラ              → イタリア トリノ旅行

      1
      テーマ:
  • 30 Dec
    • ★ トリノ市内観光で歴史に浸ってみよう・・・・★

      ★ トリノの町歩き~徒歩で楽しめます! ★トリノの町は徒歩で観光ができシンプルなのでとてもわかりやすい街です。カステッロ広場Piazza Castelloは、トリノの中心的広場であり、王宮Palazzo Realeやマダマ宮殿Palazzo Madamなど素晴らしい建物がみえてきます。広場を後に、しばらく歩くと王宮がみえてきます。 「世界遺産」である王宮は外観はシンプルだが、内部には900年間トリノを統治し続け、イタリア統一を果たしたサヴォイア家の豪華な調度品や装飾が展示されています。 左コーナー箇所にはカフェとなっており、カフェ内には数々の装飾品が飾られています。優雅な気分でカフェタイムが楽しめることでしょう。 サボイア王朝 こちらはエジプト博物館。世界で2番目の規模と言われています。トリノにあるというのは意外ですよね~ マダーマ宮殿。二人の女性摂政が暮らしたことからこの名がある。現在はアンティークアート市立博物館Museo Civico D'Arte Anticaとなっている。。ゴシック、ルネサンス両様式の豪華な広間やその装飾、アントネッロ・ダ・メッシーナの「男」などの絵画類、貴重な装飾&美術品などが展示されています。 トリノは日本語ガイドと一緒に1日かけてじっくり観光するとより楽しめることでしょう。トリノ&フィレントという異色のコースはいかがでしょうか。 お問い合わせは ⇒トリノ&フィレンツェの旅

      1
      テーマ:
  • 29 Dec
    • ★ トリノは美食の宝庫 ★

      ★ トリノは食が楽しめる街 ★トリノはイタリアの食材メーカーが集まるほど美食に優れた街。チョコレート工場や有名なイータリー本店があるのもトリノです。アーケードを歩いていると食材のお店や老舗のカフェが多く目立ちます。 店の中をのぞいてみると・・・・このようなデザートソースをはじめ、シャンパン・チョコレート・パスタ類などの専門店。ジャムやはちみつ・・・どれもミエモンテ州産のものトリノのお菓子で有名なのは、チョコレートをはじめヌガーもその1つ。 トリノの案内はまだまだ続きますが・・・トリノ&フィレンツェの旅をフェラーリ列車を利用したコースで作ってみました。 →           トリノ & フィレンツェの旅

      1
      テーマ:

プロフィール

freya

性別:
女性
お住まいの地域:
福岡県
自己紹介:
フレア ツアーズがご紹介するイタリア&フランスの旅情報 最新情報や旅のプロが案内するお勧め情報...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

月別

一覧を見る

お気に入りブログ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。