• 22 Nov
    • イタリアの白い村オストゥーニ

      ★ 南イタリア 白い村オストゥーニ散策 ★このオストゥーニの白い村を歩いていると、どこも真っ白 ちょっと看板を見つけたので中を覗いてみると・・・・ ここは洞窟のようなレストラン。外のファサードから想像もつかないレストラン。 更に小路を進んでみると、少し広いスペースにカフェが?! これらランチの定食メニュー。アンティパストとプリモにカフェだと16ユーロなど定食メニューだと値段がお手ごろ。セコンドまで入れると20ユーロになるけど日本人の私たちだと沢山食べれないから16ユーロで十分だと思います。 こんなのんびりとした南イタリアの旅をしてみませんか・・・・オストゥーニ&アルベロベッロのコースをupしました。  ⇒     南イタリアの白い村&アレウベロベッロのコース

      1
      1
      テーマ:
  • 21 Nov
    • イタリアの白い村 オストゥーニ

      ★ 南イタリア・アルベロベッロから行く白い村 ★アルベロベッロから車で約1時間・・・ここにはオストゥーニというあまり日本人観光客にはまだ知られていませんが、白い村とも言える海の景色と青い空に囲まれた素晴らしいコンストラクトの村。 一歩間違うと迷路のような村なので来た道を忘れないように。。。 自転車が絵になるのでパシャ!村の教会が左にあり。残念ながら中に入ることはできませんでしたが小さな教会・・・可愛らしい! しばらく歩くと細い道となり、ここをくぐると・・・ じゃ~~ん この村最大の教会? そして、この教会の前にある門は表を裏の顔があり、まったく違った彫刻が珍しくパシャ!多分歴史的なストーリーがあるのだと思いますが、ガイドがいなかったのでわからないまま。。。 門をくぐってからの景色。ここを後に、更に村の奥へと行ってきます。まだまだ続きます。南イタリア・レッチェ&オストゥーニの旅は ⇒ フレア ツアーズへ

  • 14 Nov
    • 南イタリア レッチェの紙粘土職人の素晴らしい伝統工芸

      ★ バロックの街で見つけた! 紙粘土聖人像の伝統士 ★バロックの街 レッチェを歩いていると可愛らしいお店を発見!なかに入ってみると素晴らしい紙粘土の聖人像がずらり~ どうやって作っているかというと・・・ このように粘土で顔の部分や形を形成し 軸になるものに紙を張ったりしながら1つ1つ丁寧に作っていきます。こちらが出来上がりです。 他にもこのようなアクセサリーもありました。 アクセサリーは8ユーロ。聖人像はサイズや物によって値段はさまざまですが、約30~60ユーロこんな細かな手作業なのに、決して高くはないですよね~レッチェでおひとついかが?南イタリア・レッチェの旅は ⇒ フレア ツアーズへ

  • 11 Nov
    • 南イタリア バロック様式の街 レッチェ裏路地散策 ~ショッピング~

      ★ バロックの街レッチェ待ち歩き ★バロック様式の教会や建物が素晴らしいレッチェの街。レッチェの教会やドォウモなどはこちらのイタリア専門ブログ でご紹介しておりますが、こちらでは街散策のショップをご紹介致します このような路地裏や小さな小路には珍しいお店もあり、たまたま見つけた!こちらのお店をご紹介致します。 白い小物が沢山あったので・・・・ショップに入ってみました。こちらは今も近郊で発掘されている石灰岩”レッチェ石”粒子が細かくてやわらかいから加工しやすいそうで、木彫用のノミでも削れるそうです。 このような小さな壁掛けから小物・アクセサリーなど、どれも繊細なデザインのものばかり。 レジの横では職人さんが1つ1つ丁寧に彫っていました。 どれもかわいらしいですね~お土産に1つ いかがでしょうか。レッチェツアーのお問合せは ⇒ フレア ツアーズ へ

  • 05 Dec
    • 南イタリア・マテーラの素晴らしい景色

      ★ 洞窟住居のマテーラ・サッシ地区に泊まって・・・★ここマーテラはアルベロベッロから車で約1時間。洞窟住居を遠くから眺めてみると・・・・ 素敵でしょう~このなかに今でも普通に生活されています。勿論、ホテルもあります。 サッシ地区には、泊まるコースもありますが、アルベロベッロから車で移動し2時間ほど観光して、ナポリ・アマルフィへと移動されるパターンもあります。南イタリア。アルベロベッロ・マテーラ・アマルフィへと観光するコースは以下より。 ⇒ マテーラに泊まる旅

  • 02 Dec
    • 南イタリア・洞窟住居の街サッシでのグルメ

      ★ 南イタリア・サッシにある         洞窟住居に泊まって美食を楽しもう! ★南イタリアにある洞窟住居でお馴染みにサッシ地区。ここは、今でも住民が普通に生活していますが、階段が多いため住むにはとっても不便を感じますが、ここで暮らす人々は慣れっこなんですね・・・・不便さを感じないそうです。昨日ご紹介したホテルも、車が横付けできないため、上のほうで車を停めスーツケースを持って、5~6分階段を移動しながらホテルへ行きます。大きな荷物は要注意です。さて、ここの泊まるとどんなグルメが楽しめるかというと・・・・ホテルから徒歩5分程のところに小さなお店がみえてきます。中に入ると・・・・やはり洞窟内にいるような雰囲気でしょう~ 南イタリアのパントースト&モッツァレアチーズ&ルッコラサラダというメニュートマトがたっぷり!のってとってもヘルシーこちらは南イタリアならではの耳たぶの形をしたパスタと魚介のトマトソースかなりの量なのでひとりでは食べれないかも・・・・・ サッシへは、アルベロベッロから車で約1時間宿泊してもよし、サッシの街で2時間程滞在してアマルフィ方面へ移動してもヨシ!南イタリアだけを満喫するコースが間もなくUPします! お問い合わせは ⇒マテーラの洞窟住居に泊まる旅へ

      1
      テーマ:
  • 01 Dec
    • マテーラ サッシにあるオシャレな洞窟ホテル

      ★ イタリア・マテーラにあるデザイナーズホテル ★南イタリアのアルベロベッロから車で約1時間走ると洞窟住居の街マテーラここには、いくつかのホテルがありますが、フレア流のおすすめは、デザイナーズスタイルの洞窟ホテルです。部屋数が6部屋とわずかなので、お泊りの際は早めのご予約が必要です。お部屋の中をご案内すると。。。。こちらは1室だけあるスイートルーム。これはちょっと高いので。。。。追加代金で・・・という案内に設定! 洞窟スタイルのバスタブです。お湯がたまるまで少し時間がかかりそうなくらい広いバスタブです。ロフトのようになっているので、2階から撮影すると。。。右の扉から入ったところが、バスルーム&トイレです。そして2階がベッドルーム窓からの景色は?というと・・・・夜景がとっても素敵でしょう~~間もなくこちらのホテルに泊まるコースがアップいたします。イタリアツアーのコースは⇒ アルベロベッロに泊まる旅へ

      1
      テーマ:
  • 28 Nov
    • アルベロベッロのトゥルッリのお部屋の様子

      ★ 世界遺産アルベロベッロのトゥルッリに泊まる ★今回は、トゥルウッリのちょっぴりランクが高いお部屋をご紹介します。入り口はシンプルなんですが・・・・ 中に入ってみると・・・・なんとなく洞窟のような感じで、広めのお部屋です。このお部屋はベッドが3台あり、ダブルベッド1台&シングルベッド2台のお部屋です。キッチンとテーブルもあるので、お部屋で料理が楽しめます。 バスルームも広めでバスタブ・ドライヤー完備です。   プーリアのコースは ⇒アルベロベッロの旅へ

      1
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 南イタリア・アルベロベッロのトゥルッリに泊まる!

      ★ アルベロベッロ トゥルッリのお部屋って? ★世界遺産であるアルベロベッロ。トゥルッリに泊まる!というのは好評ですが・・・・お部屋のなかはどうなっているのか? 一部ご紹介しますね!トゥルッリは、ホテルと違って、1軒1軒別々になっています。なので、朝食のレストランなどはございません。そのかわりオーナー次第ですが、バールでの朝食券をだしてくれる場合があります。 場所にもよりけりですが、バールまで徒歩5~10分の場合があります。      こちらの奥に行くと、2軒隣同士になっているトゥルッリがあります。まずは、お一人様やお二人で様で泊まるリーズナブルなタイプのお部屋です。こじんまりしていますが、中に入ると広めです。 ベッドルームとダイニングルームと2部屋あって、キッチンがついています。ダブルベッド+シングルベッドの2台あるので、3人家族にもオススメです。 バスルームはバスタブ+ドライヤーもついていますので、各自シャンプー&コンディショナーは持参されたほうがよいです。       次回は、デラックスタイプをご紹介しますね!間もなくプーリア&アマルフィコースがアップいたします。乞うご期待[:!:]お問い合わせは ⇒アルベロ トゥルッリに泊まるへ

      1
      テーマ:
  • 20 Nov
    • イタリア プーリア・アルベロベッロ美食ツアー

      ★ アルベロベッロの老舗パン屋さん 出来上がり! ★日から、イタリア・世界遺産の町”アルベロベッロ”にある老舗パン屋さんのご紹介をしておりますが・・・・先日のパンの出来上がりはこちらです。綺麗に手作業で袋詰めされています。こちらのパン屋さんで、他に売られているものは・・・・ プーリアでお馴染みのビスケット。プレーンもあれば、オニオンテイストもあります。パンと一緒に必ずだされます。グリッシーニのようなものです。 パスタの乾麺もこちらで作られています。プーリアはナッツ類も特産で、砂糖をまぶしたアーモンド菓子なども名物です 伝統お菓子類               工場見学の日に、どのパンが焼かれるのか?はその日次第ですが、その場で試食も楽しめますよ!こちらのパン屋でパンを習うコースもあります。 コース詳細はコチラ ⇒ イタリアプチ留学

  • 17 Nov
    • 南イタリア・アルベロベッロのパン工場見学&パンレッスン!

      ★ プーリアで食を楽しむ旅 ★イタリア旅行とはいえ・・・ちょっぴり違った旅をしてみませんか?南イタリア・プーリアのアルベロベッロにある老舗のパン屋さん。ここは、バックヤード見学をさせてくれるんです。又は、希望者は別途料金でパン作りのレッスンをしてくれます。その日によって、今日はどんなパンが焼かれるか?違ってきますがプーリア地方ならではのパン・お菓子が焼かれる工程を見学することができます。 こちらがバックヤード3~4人の方が形を形成しています。老舗のパン屋さんなだけに、おばあちゃんが今でも働いています。 今、焼き菓子を造っています。 こちらが焼き上がりです。焼き上がりを1つ試食・・・・美味しいですよ!        アルベロベッロのコースは ⇒ アルベロベッロ パン工場見学へ

      1
      テーマ:
  • 15 Nov
    • プーリア・アルベロベッロの美食グルメ

      ★ プーリア・アルベロベッロのグルメ part2 ★アルベロベッロの別のレストランで、先日ご紹介した前菜盛り合わせのメニューを頼んでみました。こちらのレストランでも、たっぷりの前菜メニューが運ばれてきました。。。まずは、南イタリアのパンとピザ               そして! ブラッターという、とろ~~としたチーズやモッツァレラチーズなどの盛り合わせにたっぷりのオリーブオイルとブラックペッパー。最高というか。。。。贅沢な1品です。モッツァレラチーズのハムロール カボチャのグリルドライトマト キノコの炒め物フレッシュ野菜と大豆のサラダ こちらはフリッターたち。ナスなど季節の野菜の天ぷらに塩がかかったシンプルな一品です。 〆がパスタです。 これだけたっぷりのボリュームなのに・・・・15ユーロお店によって前菜メニューが違うので、何軒か行ってみるのも楽しいですね!南イタリア・プーリア アルベロベッロのコースは ⇒アルベロベッロのツアーへ

  • 14 Nov
    • プーリア・アルベロベットのグルメたち

      ★ アルベロベッロの美食グルメ ★べれない、少しづつ食べたい日本人にとってはありがたいメニューです。どういうものかというと・・・まずは、地元プーリアの名物である生ハム・ブラータなどのチーズの盛り合わせ       ドライトマトとこの土地で採れたオリーブ。 キッシュとモッツァレラをハムで巻いたオーブン料理 フライもの最後にパスタがでてきます。 ここアルベロベッロでの食事は少し珍しく・・・・前菜盛り合わせのようなメニューがあり、沢山の量が食これだけでもお腹がいっぱいになるので、2名で注文してメインにもう1品オーダーするのがよいでしょう~ お問い合わせは ⇒ アルベロベッロのグルメ

  • 10 Nov
    • アルベロベッロの町並みは「おとぎの国」みたい・・・

      ★ トゥルッリの街”アルベロベッロ”町散策 ★なんとなく可愛らしい街アルベロベッロは「おとぎの国」に迷い込んだような雰囲気。1つ1つの建物がかわいらしく、イタリアのイメージと少し違った街です。       ジェラート屋さんもちょっとオシャレな感じでしょう~ 植物が生い茂ったトゥルッリも絵になる感じ! アルベロベッロを散策していると、ところどころにお店があります。ついついどのお店も中に入ってしまいたくなります。 このトゥルッリの建物がある群れと反対側にある街に大聖堂があります。        こちら側には、近代的なショップやレストランがあります。違ったイメージをもっているので両サイドの群れを散策してみるのもいいですね! アルベロベッロの旅は ⇒フレア ツアーズのアルベロベッロツアー

      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 世界遺産アルベロベッロの街散策

      ★ 世界遺産アルベロベッロのトゥルッリの街散策 ★アルベロベッロの街をご案内しておりますが、ここアルベロベッロのお土産品というと。。。。。路地にこのようにカラフルに置かれています。これはティータオルですが、刺繍が売りです。 他には・・・・このようなタイプのものもあったり~下のものは、三角のトンガリでトゥルッリの形になっており何に使うの?と、尋ねると・・・・鍋掴みだそうです。なんだか使いがってはあまりよくなさそうなんですが・・・笑 こちらは、南イタリアのオリーブオイルたち。       オリーブオイルは、お店によっては試飲させてくれるお店で購入されることオススメします!ピリっとするオイルもあれば、柑橘系だったり。。。ナッツ風だったり。。品種などによって味も香りも違います。好みで選んでね。これはフルーツのリキュールです。これもここの産地のものです。       航空券の安い冬にアルベロベッロもオススメです。お問い合わせは ⇒ フレア ツアーズのアルベロベッロの旅へ

  • 08 Nov
    • 南イタリア・アルベロベッロの旅

      ★ 世界遺産の町 アルベロベッロの旅 ★これから冬のイタリアでは、観光地は閑散としてきますが、ここ世界遺産のアルベロベッロで食にこだわった旅をしてみませんか・・・・ こちらはトゥルッリのこの街でイチバン大きな教会です。 このようなゆるやかな坂道の両脇には、民家やところどころお店が並んでいます。可愛らしい街でしょう~~ トンガリ屋根で有名なトゥルッリに泊まって街散策が楽しめます。 小さな町ですが、ゆっくり散策するにはオススメの街です。 プーリアの旅は ⇒ イタリアの白い街へ

      1
      テーマ:

プロフィール

freya

性別:
女性
お住まいの地域:
福岡県
自己紹介:
フレア ツアーズがご紹介するイタリア&フランスの旅情報 最新情報や旅のプロが案内するお勧め情報...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

月別

一覧を見る

お気に入りブログ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。