*Fresh Green Garden*自然療法&スピリチュアル日記

自然療法のホメオパシー・フラワーエッセンス・レイキによる癒しや、天使とのつながり、引き寄せについて綴っています。



テーマ:

どこに留学するのか決まらず過ごしていたら、ちょっとショックな出来事と共に閃きがやってきました。

 

ショックなことがあって落ち込んでいたら、ビジョンが見えて北欧みたな海辺の町でリラックスしている自分がはっきりと見えました。これって北欧に行くってこと?北欧って英語学べるんだっけ?と思って、調べたら不可能ではないが、可能でもない感じでした。

 

北欧でなければどこだろう…カモメがたくさん飛んでて海の近く…キョロキョロ

 

ああウェールズだったニコニコと思い出しました。一度だけウェールズを訪れたことがあり、カモメが飛んでいて、さっき釣りましたというような新鮮な魚が街中で売られていたことを覚えています。そして海が近い。

 

なぜ海が大事かと言うと、小さい頃から海が比較的近いところで育ったので、海が近くにないと恋しくなります。実際ロンドンは内陸でテムズ川しかないので、海のエネルギーが必要になり長期留学中に一時帰国したこともあります。そのため、海が近いことは私にとっては大事です。

 

というわけでウェールズに留学することにしました。といってもイングランドと違って、語学学校がたくさんあるわけでないので、試験対策コースがあって試験が受けられる学校を探して斡旋会社にお願いしました。

 

語学学校が決まったところで、フラワースクールはどうするか??と思いましたが、サマーセットにある学校がウェールズから近く、ロンドンから行くより楽だったのでそこに決めました。

 

あとウェディングフラワーのコースはちょうど学校に行ってない週に日程があり、同じくサマーセットだったので問い合わせ、大丈夫そうだったので申し込みました。

 

今思えば、仕事が忙しかったのによくここまでいろいろ悩んで決めたな~と思いました。

そんな留学が今月末から始まるので、準備をすすめています。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

斡旋会社が決まって、語学学校と花の学校を調べてもらうことにしました。

 

やはり情報量はサービスの良いところよりは弱い印象でしたが、こちらからこんな学校があるのですが問い合わせていただけますか?というと返事が来るまで粘り強く対応していただけるので助かっています。

 

一番悩んだのが、どこで勉強するかです。

語学学校ではケンブリッジ英検の試験対策コースに通うと決めていて、そのコースに時期とフラワースクールの時期がかぶらないようにする必要がありました。

 

別の斡旋会社がリストアップしてくれた学校には、ロンドンだけでなくイングランド地方の学校がいくつもありました。

 

どうもロンドンだと居心地が良くなさそうと無意識に感じていた私。イングランド地方、しかも海の近くがいいといろいろ模索していました。また試験対策コースに入るにはレベルチェックがあり、ゆるい学校だと中級レベルでも私の受けたい試験対策コースに入れるところもあり、かなり考えました。

 

候補にあがったのはブライトンやイーストボーンあたりのロンドンから比較的近い海辺の町。しかし、どう考えてもブライトンはエネルギーが雑な感じがして、リフレクソロジーの通えそうなコースもあったのですが、エネルギーが合わないことで断念しました。他の海辺の町だとフラワースクールに通えないという難点が出てきました。ブライトンにはこじんまりとしたスクールがったので条件は揃っていたのですが。

 

仕方ないと思い利便性を考えてロンドンにする案も考えました。ロンドンなら中級レベルから試験対策コースに入れる学校があり、以前住んでいた北ロンドンの学校もあり、フラワースクールもセントラルにあり、条件はいい。しかし、ホームステイ代やフラットシェア代が半端なく高くなっているということもあり、予算とすりあわせが難しくなりました。そしてまた、エネルギーが合わないし落ち着かない。

 

といっても他にいいところなんて思いつかず秋から冬まで数ヶ月悩み続けました。運よく気になっていたフラワースクールが来年の日程が出るのが12月になるという話で斡旋会社と話をすすめるのはそれが出てからとなり、考える時間はありました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年の秋くらいから、留学の準備を水面下で始めていました。

 

前回長期の際もほぼ1年前から留学の計画を練っていたので、同じような感じです。

斡旋会社はいわゆる大手でなく、イギリスに特化したところと思っていました。とりあえずセラピー留学にも興味が最初はあったので、それに特化している会社とすごくサービスが良さそうで提携の学校だったら基本的には料金がかからない会社と以前頼んだ会社の3社に問い合わせてみました。

 

1社目は同じような資料と紙とメールで何度も送ってきて、あまりカウンセラーの人数も多くない印象を受けました。結局最初に行けそうかな?と思ったリフレクソロジーのコースがあったのですが、9月開講の予定が1月に急に変更になったりするのを見て、難しいかなと思いました。

 

2社目はものすごくメールの返信が早く、仕事ができる方が働いている感じでした。提携校だとなんでも無料で調べてくれて、とりあえず聞きたいことを聞いて調べてもらいました。語学学校とリフレクソロジーのパートタイムの学校をリストアップしてくれました。あと園芸の専門学校の花のコースに入れるかどうか問い合わせてもらいましたが、今はビザが厳しく一度長期のビザを取った私が、日本の大学で学んだことと直結しないことを学ぶのは難しいといわれました。あと、提携校以外だと問い合わせるだけでも1校あたりかなりのお金がかかるいう点もありました。

 

3社目は以前お世話になった斡旋会社。以前は3パターンの料金体系があったので、今度は頼むなら一番安いのにしようかと思って問い合わせました。数年の間に会社の方針が変わったのか、安心してリーズナブルに留学できるサービスを提供する会社に変わっていました。そして、一応花の学校にも行く予定なので語学学校だけでないのに、以前一番高いプランでお願いしたことがあるため、語学学校だけの一番安いプランで引き受けてくれるという話になりました。

 

というわけで以前と同じところを選びました。長期留学するときにオーリングで選んだ斡旋会社ですが、やっぱりオーリングの結果が当たっていたようです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はてさて、ざっと今までの留学を振り返ってみましたが、結構大変だったのに懲りずにまたイギリスに旅立ちます。

 

でも前回の留学から帰ってきて、思ったことは長期は辛いから次は6ヶ月未満の短期にしようということです。

 

そして、花屋で働き始めた頃には、花留学もいいなと思い、語学学校と花の学校をセットで短期にしようという考えに至りました。

 

もちろん花のコースはたくさんあるので、予算を考え1年くらいで行けるものがないかとも思い、いろいろ調べました。セラピーにもまだ興味があり、1年のセラピー留学を宣伝している斡旋会社に問い合わせて資料を送ってもらったりもしましたが、どれもピンと来ない…というのが結論でしたショボーン

 

お金と時間をかければ素敵な花の専門コースはたくさんあります。しかーし、私自身がそんな高度な技術を身につけたいと思っていないのです。花屋さんでほぼ未経験で働き始め、基本のブーケやアレンジ、水揚げなどの業務を日々淡々とこなす日々でした。小さなローカルな花屋だったのもあり、特に高度な技術はいりませんでした。必要あるとすればごくたまにブライダルの注文やヘアードやコサージュの注文があったので、ウェディングフラワーの技術があればとは思っていました。

 

そのため留学するなら基本を学べる短期のコースということになりました。基本以外にもフラワーデザイナーが作品を作るようなレベルの高いコースもありましたが、興味がなく。基礎のコースとウェディングに特化した短期のコースの2つに絞りました。

 

ロンドンには有名フラワーデザイナーの学校がいくつかあり、4週間のコースで全部技術を学ぶような素敵なものもありましたが、スケジュールが合わない、予算が合わないという点で断念。

 

後で気づいたのですが、今回はとことんロンドンを避けております。どうやら私のエネルギーとロンドンの街のエネルギーが今は合わないみたいです。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人見知りであまり話さない性格のため、留学中にできた友達と呼べる人は数えるほどです。

 

しかも外人の友達となるとほんの少しです。

 

その中で出会った不思議な人たち。

その一人はドイツ人の大家さんでした。フラットを見学に行った際にホメオパシー学んでいると言ったら、ホメオパシーを知っていました。フラットで暮らすようになってから、大家さんはシュタイナーの教えを大事にしていてその系列の幼稚園の先生をしていました。しかし、体調不良のため仕事ができず、シュタイナーの教え基本としたホメオパスや他の治療家の方にかかっていましたが、一向に回復する感じはありませんでした。

 

私は学校からレメディをもらってきては、こっそりブリタの浄水ポットにレメディを溶かしてみたり、いろいろ勝手に入れては大家さんに変化があるか観察していました。この方、余計なものをあまりとってなかったのでレメディがよく作用する人でした。一度、フラットがペンキを塗り替えているときがあり、そのペンキで調子がすごく悪くなった大家さん。それを見て、先生のところに行ってペンキに良いレメディーはありますか?と言ってもらってきて、浄水ポットに入れたら、次の日なんか調子が良くなったと言っていました。もちろん、私も同じ水を飲んでいましたが、あまり変化は感じられませんでしたニコ

 

後は、抗生物質を処方されて飲んでいたらこれまた副作用か調子の悪くなった大家さん。ちょうど習い事の発表会の練習で忙しい時だったらしく、レメディマシーンで副作用に良さそうなレメディを作ってあげられると言ったら、ほしいと言われました。後日、練習中に薬の影響で調子が悪くなり、私のレメディを思い出したらしく、飲んだら楽になったと言われました。別の優秀なホメオパスにかかったらすぐ元気になるんじゃないかと思いましたが、それもまた大家さんの選んだ道なのでほおっておきました。

 

もう一人は、ロンドンの語学学校で知り合った友達です。

といっても会話のクラスで一緒だった時があっただけで、挨拶程度の中でした。私が語学学校のコースが終わる頃に、たまたま他の日本人のクラスメートに誘われ、その人と私と3人で学校の近くでランチをしました。それで帰りは隣の駅だったので一緒に帰り、そこで別れて以来会うことはないと思ったのですが、ある日専門学校に通うためにバスに乗っていたら、途中から彼女が乗ってきて声をかけられました。偶然って不思議。ただ、次の地下鉄の駅で彼女は降りたので少し会話しただけで別れました。近くに住んでることだけがわかり、連絡先は特に知りませんでした。

 

そんな偶然がもう1回起こりました。もともと隣の駅に住んでいたので、会ってもおかしくない距離でしたが、私が最寄りの駅の近くを歩いていたら、彼女が立っていました。さすがにこのときはまだ出た!と思い声をかけて連絡先を交換しました。

 

それから何度か彼女の家に遊びに行きました。旦那さんはイギリス人で、旦那さんの仕事の都合で南アメリカから4年前に引っ越してきたと言っていました。女の子が二人いて、子供も旦那さんも英語はペラペラ。母国語はスペイン語なので、彼女は英語を勉強中(といっても大学のパートタイムのコースに通っていましたが)、私よりははるかに英語力があったと思いますが、発音がネイティブでないため大学でいじわるなイギリス人の先生に嫌味を言われることもあると言っていました。

 

とってもオープンな人でいい人でしたが、1つ微妙な問題がありました。彼女とその旦那さんは日本の新興宗教の信者でした。しかも母国でその宗教を知り、そこでヒーリングを学び良くなったから信仰していると言っていました。日本の新興宗教って外国にそんなに浸透しているんだ…と驚きました。ロンドンにも支部があると言っていました。日本のことに興味があるのはいいことでしたが、私にもその宗教をすすめてくるので、いつも今度行けたらいくよ~というような曖昧な態度でごまかしていました。だって1度行ったらなかなか抜けられないのは日本人なので想像がついたので。別にNOと言っても友人関係は変わらないと彼女は言っていましたが、曖昧な日本人の私は曖昧にしたままで貫き通しました。

 

きっと縁のある人たちなんだろうと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。