大橋由佳のぼちぼち日記

担当番組
Fresh Morning OKAYAMA(月・火担当 午前7:30~10:00)
ステーションらんでぶ~(隔週火曜日担当 午後2:40~2:47)


テーマ:

 

次の日曜日、ダンスパフォーマンス集団ズンチャチャが、

結成20周年大感謝大パフォーマンス

「ズンチャチャL」を開催します。

 

ということで、

ズンチャチャ代表のチミさんこと

須原由光さんにお越しいただきました。

 

 

20年を振り返った時に、

Love、Life、Laugh、Let it be・・・など、

いろんな”L”が浮かんだそうです。

だから、「ズンチャチャL」です。

 

 

ズンチャチャの皆さんはもちろん、

備中温羅太鼓から5人が、

1年間ダンスの練習を積んで、

ズンチャチャと一緒に踊ります!!

楽しい舞台になること間違いなしです。

 

すっごく、すっごく楽しいのですが、

私、毎回、泣いているんです。

始まる前から感極まって・・・。

 

それぐらい、ズンチャチャの皆さんの踊りに、

踊る前から心動かされるんですよね。

 

岡山市立市民文化ホールで午後2時開演です。

ハンカチ忘れないようにしなくっちゃ。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

 

中国電力のコーナー

「エネルギア ちょこっとモーニング」

今週も中国電力岡山支社広報グループの

南條英樹さんにお話しいただきました。

 

テーマは、「中国電力からのお得な情報」です。

 

昨年4月から始まった

電力の小売り全面自由化に合わせて、

新たな料金メニュー「ぐっとずっと。プラン」が

出来たことをご存知ですか?

 

電気料金を少しでも安くしたい方、

電気をたくさん使う方、

夜や休日に電気をたくさん使う方、

電化住宅に住んでいる方など、

4つのライフスタイルから、

あなたにあったものを選ぶことができます。

 

ぐっとずっと。プランに入会するためには、

会員制WEBサイト「ぐっとずっと。クラブ」に

入会する必要があるのですが、

エネルギアポイントサービスが利用できるので、

とってもお得です。

 

ポイントをためると、いろんな商品や

サービスと交換することができるんです。

 

中国地域の特産品と交換したり、

スーパーで利用できる商品券と交換したり、

カープの試合観戦や応援グッズに交換したり、

天満屋の商品券に交換もできますよ。

 

自分の生活スタイルに合わせたプランを選んで、

ポイントをためて、ほしい商品と交換しましょ。

 

詳しいことは、中国電力のHPをご覧ください。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

由佳の本棚、今月は、

東日本大震災を題材にした絵本を

3冊ご紹介しました。

 

 

馬場国敏 作、江頭路子 絵

「さくら 原発被災地にのこされた犬たち」

金の星社

 

 

鈴木まもる作・絵

「おじいさんとヤマガラ 3月11日のあとで」

小学館

 

 

淺沼ミキ子 著、黒井健 絵

「ハナミズキのみち」金の星社

 

「さくら」は、何度読んでも号泣でした。

本を読んだだけの私がこうなのだから、

動物と離れ離れになったまま、

避難生活を余儀なくされているみなさんは、

どれほど心を引き裂かれる思いなのかと、

想像すると、また涙が浮かびます。

 

絵本は、どれも多くは語りません。

でもその分、想像する余白のようなものがあって、

それこそが大切だと、私に教えてくれました。

 

震災がどれほど恐ろしいものだったのか、

どれだけの家族を離れ離れにしたのか、

豊かな自然をどれだけ壊したのか、

そして、どれだけ多くの人が、

今も苦しんでいるのか・・・・。

 

少しずつ笑顔の回数や時間が増えることを、

心から祈っています。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、プラネタリウム朗読会のリハーサルをしました。

 

小野エリコさんと上森佳枝さんの

ファゴットとピアノの音色がどう会場に響くのか、

ウロウロしながら確認しました。

 

当日は、会場が真っ暗になって、

小野さんと上森さんの後ろの壁に、

倉敷の町並みや瀬戸大橋、星空が映し出されます。

 

それらの映像をご覧いただきながら、

音楽と朗読をお聞きいただきます。

 

昨日のリハーサル、

小野さんのファゴットと上森さんのピアノに、

体の芯から癒されました。

 

とくに、「鳥の歌」は、

「よだかの星」の朗読の後なので、

曲を通して、よだかの苦しみや悲しみ、

かすかな希望が伝わってくるようでした。

私の朗読より、音楽のほうが雄弁です。

 

電子ピアノを使っているので、

音色を変えることができるんですが、

上森さん、小野さんの電子ピアノを使いこなして、

新たな音や技を見つけていました。

 

同じ曲でもいろんな楽譜を用意して、

一つの楽譜だけではなく、

それらを組み合わせて曲にしているんです。

それを、思いついたら、その場ですぐ出来るんです。

音楽家ってすごい。

 

豊かな音に包まれて、

音楽が作り上げられている様子を間近で見られて、

私は本当に幸せ者です。

 

 

プラネタリウム朗読会は、3/25(土)夜7時半~、

倉敷科学センターで開かれます。

興味のある方は、

電話かFAXで倉敷科学センターに

お申し込みください。

電話番号は、086-454-0300です。

 |  リブログ(0)

テーマ:

 

FM岡山防災特別番組

「家族とわたしをまもる!わが家の防災」

2回目のきょうは、

「非常持ち出し袋」について、

日本防災士会 岡山県支部の

平松惠美子さんにお話しいただきました。

 

このブログをご覧になっているあなたは、

非常持ち出し袋を持っていますか?

定期的に点検していますか?

 

非常持ち出し袋は、よく、

3日~5日過ごせるように用意するようにと言われますが、

平松さんは、それだと、いざというときに、

持って逃げるのが大変だから、

自分が持てる分だけ準備するのがお勧めだと

おっしゃっていました。

 

確かに・・・若いスポーツパーソンならまだしも、

高齢者の方に3日分は重いですよね。

 

何日分と言うよりも、とにかく、

持ち出せることが大切だそうですよ。

 

懐中電灯やラジオはもちろん、

衛生面、食事面、身を守るものなど、

「もし、大震災にあったら」をイメージしながら、

準備をしてください。

 

私が平松さんの非常持ち出し袋を見て

一番驚いたのは、

トランプが入っていたことです。

私の非常持ち出し袋には入ってない!!

そもそもトランプ持ってない!!!

 

もし、避難所生活を余儀なくされたとき、

トランプがあったら、

少し気持が紛れますよね。

 

甘いもの、温かいものも必須です。

 

平松さんによると、3月と9月の年2回、

非常持ち出し袋を入れ替えするのが

お勧めだそうです。

 

そうすると、中に入れる着替えも

入れ替え出来ますものね。

そして、賞味期限が切れそうな食品を

チェックすることもできます。

 

平松さんかの非常持ち出し袋を拝見して、

電気やガスがなくても温かい食事が食べられるセットと、

缶詰のパン、簡易トイレをネットで注文して、

文庫本を新たに追加しました。

 

注文した非常食の味が気になるので、

あと3年はもちますが、

賞味期限が切れるのが楽しみです。

 

楽しみながら準備するのも

大切なことですよ!!

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。