2009-12-31 11:15:12

ペネロペちゃん絵本でフランス語のお勉強! 冬期集中講座第2回

テーマ:  - ぺネロぺ編
Pénélope à la plage
今日は2ページ目です。

$フランスのビジュアルブックと湘南の生活と-penelope2


Mais le sac de Pénélope n'est pas prêt.
Où sont ses affaires ?
Il faut regarder dans toute la maison.

Des moufles, un maillot de bain ou un manteau ?
Que faut-il prendre ?



1行目
Mais le sac de Pénélope n'est pas prêt.

まずは否定文
動詞を ne と pas で挟む典型的な否定文です。

例えば、
je suis enseignante. 私は教師です。
je ne suis pas étudiante. 学生じゃありません。

本文は
le sac de Pénélope est prêt
「ペネロプのかばんは用意ができている」
を否定して
le sac de Pénélope n'est pas prêt
と言っていますので
ペネロプのかばんの準備が
まだ出来てないということを表しています。

ちなみに文の主語が女性名詞ならば prêt は prête になります。

2行目
Où sont ses affaires ?

où est / sont + nom ?
※ nom = 名詞

~はどこですか?

答えとしては例えば

Elles (=ses affaires)sont sur la table.
「机の上です」

ses affaires は「彼/彼女の持ち物」です。
ここではペネロプの荷物に言及していますので、
「彼女の持ち物」ですね。
ses は前回見た mon coeur とか ton sac とかの mon, tonの仲間。
続く affaires が複数形なので
son(男性単数)でもなく
sa(女性単数)でもなく
ses(男女複数)という形になります。

cf. son stylo「彼/彼女のペン」、sa voiture「彼/彼女の車」


3行目
Il faut regarder dans toute la maison.

il faut + inf.
※ inf. = infinitif = 不定詞

~しなければならない。

toute la maison「家中」

il faut regarder toute la maison「家中を見なくてはなりません」

4行目
Des moufles, un maillot de bain ou un manteau ?

des moufles ミトン
ミトンは左右2つセットなので常に複数形。
眼鏡と同じです:des lunettes

un maillot de bain 水着

cf. ツールドフランスのマイヨ・ジョーヌは
maillot jaune です

un manteau コート

5行目
Que faut-il prendre ?

この構文は次のようにも書き換えられます。

Qu'est-ce qu'il faut prendre ?
(Qu'est-ce que + il faut prendre ?)

あるいは

Il faut prendre quoi ?

qu'est-ce que は
que + est-ce + que
という構造ですが、
最初の que は「モノ」を対象にしていること
次の que は文の中で目的格として働くことを示します。

なので、2つの que が合わさって、
「何を」という意味になります。

これが
qu'est-ce qui になると
頭の que = モノ
est-ce に続く qui = 主格
をあらわすので

「何が」

と物を主語にする疑問文になります。

また、qui est-ce queは
「人」+「目的格」=「誰を」

qui est-ce qui なら
「人」+「主格」=「誰が」

となります。

尚、
qu'est-ce que と qui est-ce qui は
形式上同じものが2つ並びますので、省略して
que あるいは qui だけで表すことも多くあります。

que だけの例はまさに本文中の

Que faut-il prendre ?
(単独の Que の後は常に倒置形になります)

qui だけの文は例えば、

Qui t'a dit ça ?「誰があなたにそれを言ったの?」
(単独の qui の後が倒置形になると、qui は目的格になりますが
話が長くなりますのでこれ以上踏み込むのはやめておきましょう)

ということで、
Que faut-il prendre は il faut prendre の目的語を
疑問詞に置き換えて文頭に持ってきていますので、
意味は「どれを(何を)とらなくちゃいけない?」
となります。

尚、2つ目の可能な書き換え

il faut prendre quoi ? は話し言葉で
よく使われる表現です。

ex.) Tu fais quoi ? 「何してるの?」
Tu prends quoi ? 「何にする?」







$フランス絵本プティトラン
ぺネロぺうみへいく フランス語版


$フランス絵本プティトラン
ぺネロぺ大全集にも収録されています。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

プティトランさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。