2016-03-27 05:00:00

28年度、雇用関係助成金のゆくえ

テーマ:おしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 著書、『すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル』の内容はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら 、法改正最新情報はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

○ 共著、『中高齢者雇用ハンドブック2015 』の内容はこちら

○ 共著、『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』の架空内容はこちら

==========================================


28年度の雇用関係助成金改正は、情報が比較的早かったですね。3月になってやや遅くなり、平年並みというところです。全体の予算は微減で、全体に小粒ですが、新設の助成金も多いのです。伸びるものも衰えません。


4月1日の年度代わりの他に、27年度の補正予算に基づく、2月10日の法改正も含みます。なお、予算が明らかになってから、正式に分かる情報を含みます。


ニコニコ 新しく造られる助成金…やや前倒しのもの、大きい助成金の「一族」も含みます。


・出生時両立支援取組助成金 : 男性従業員の育児休業のための助成金です。

・3年以内既卒者等採用定着奨励金 : 既卒者を含む新卒者採用枠を設けた場合おります。


・介護支援取組助成金 : 介護休業や時短勤務を促す工夫をした企業に一時金を給付します。

・中小企業両立支援助成金(介護支援プランコース) : 後半期に介護支援プランが加わります。

・職場定着支援助成金(介護労働者雇用管理制度) : 従業員に昇給を導入した介護向けです。


・生涯現役起業支援助成金 : 60歳以上の起業で雇用の創出にかかった経費を補助します。

・高年齢者雇用安定助成金(高年齢者無期雇用転換コース) : 50歳以上の正規雇用転換用です。

・キャリア希望実現支援助成金 : 労働移動の出向・移籍先での教育のための助成金です。


・キャリア形成促進助成金 中高齢雇用型訓練 : 45歳以上の新入社員の教育訓練です。

・キャリア形成促進助成金 社内検定制度 : 制度を作り、実施した場合、50万円支給されます。

・職場意識改善助成金、時間外労働上限設定コース : 36協定を中心とした時短コースです。                                    


にひひ 要件が良くなる助成金 …額の増加や、大企業でも受けられるものが増えました。


・キャリアアップ助成金、正社員化コース : 正規雇用等転換と多様な正社員を統合します。

・キャリアアップ助成金、人材育成コース : 経費助成の限度額を増額します。細かいところで改正。

・キャリアアップ助成金、処遇改善コース 賃金テーブル改定:11人未満の特例が設けられます。

・キャリアアップ助成金、処遇改善コース 健康診断制度:額が増えます。

・キャリアアップ助成金、処遇改善コース 短時間労働者の労働時間延長:改称、倍額に増額


・キャリア形成促進助成金、雇用型訓練コース : OJT付き訓練を集めたもの。対象範囲が広がります。

・キャリア形成促進助成金、重点訓練コース : OFF-JTのみ。育児関連だけやや緩和のみ。

・キャリア形成促進助成金 教育休暇制度 : もとの「自発訓練コース」制度導入にリニューアルです。


・職場定着支援助成金 : 「成長分野」の指定が外れ、企業の業種制限がなくなります。

・高年齢者雇用安定助成金 : 従来のモノも年齢が緩和し、新たな項目もできて拡充します。

・高年齢者雇用開発特別奨励金 : 額が10万円増えます。


・トライアル雇用奨励金:試用の助成金。特開金と併給可能になります。

・特定就職困難者雇用開発助成金 : 昨年5月と10月に改正がありました。トライアルと併給可能です。


・障害者トライアル雇用奨励金:障害者の短時間含む試用助成金。精神障害者の給付が増えます。

・労働移動支援助成金(再就職支援奨励金) : 休暇付与支援の額も上限も上がります。

・労働移動支援助成金(受入助成金):早期受入れが10万円増額。一部が新助成金に建替えです。


・職場意識改善助成金(テレワーク・コース):1人当たり限度額が増加します。

・建設労働者確保育成助成金:女性関連の項目はじめ、拡張・増額されます。

・中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース) : 額が大幅に増えます。

・事業所内保育施設設置・運営等支援助成金 : 内閣府と共同で「企業主導型保育事業」に立替です。

・ストレスチェック実施促進のための助成金 : 複数社でなく、1社でも受けられるようになります。


・沖縄若年者雇用促進奨励金: 沖縄県内の若年者の賃金助成です。2年目以降額が上げられます。





叫び 要件が悪くなる助成金…これまでの拡充傾向が止まるものが多いです。


・キャリア形成促進助成金、一般型訓練コース : 定期のキャリコン要件が必須になります。

・キャリア形成促進助成金、制度導入コース:企業内人材育成助成金の実施助成が廃止、新設もあり。

・女性活躍加速化助成金 :  管理職の賃金水準への強化、一部の対象行動の廃止です。

・キャリアアップ助成金、処遇改善コース 共通処遇推進制度:改称。生活習慣病の健診が対象外。


・求職者支援訓練 : 就職実績を雇用保険の適用される就職に限定します。

・地域雇用開発奨励金:昨年大規模不正があり、チェックが厳格化。地域の分類が多少変わります。

・職場意識改善助成金(職場環境改善コース): 達成による率が一部厳格化します。


ドクロ 廃止になる助成金…3月31日廃止。


・中小企業両立支援助成金(期間雇用者継続就業支援コース):プランナーコースに役割を譲ります。

・職場支援従事者配置助成金 : 障害者の方向けで、支援者のための助成金でした。

・求人セット型訓練 : 求人用教育“委託”助成金。10年以上持ちましたが、ついに廃止です。



シラー 横ばいの助成金…長年続いているものが多いです。 まだ不明のところもあります。


・中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金 : これも改正はないと思われます。

・障害者初回雇用奨励金:今のところ変わらない予定です。


・障害者職場定着支援奨励金 : 障害者の方の職場支援員の確保のための助成金です。

・障害者職場適応援助促進助成金 : 計画による職場適応援助者による支援に対する助成金です。

・障害者職業能力開発助成金 : 障害者教育を行う施設の設置運営を行う事業所向けです。

・障害者職場復帰支援助成金 : 職場の中途の障害者に対する助成金です。 


・職場意識改善助成金(所定労働時間短縮コース) : 昨年度と変わりません。

・被災者雇用開発助成金:予算は大幅に減りますが、変わりません。

・発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金:こちらも去年7月以来変わりません。


・通年雇用奨励金:出稼ぎの季節労働の助成金です。終了予定の特例継続。変更なしです。

・職場適応訓練費 : 障害者の教育“委託”助成金。これも変わらない予定です。

・雇用調整助成金:これも変わらない予定です。 ただし箱根山の特例は6月で終わります。

・受動喫煙防止対策助成金 : 変わらない予定です。


28年度は、「1億総活躍社会」の名で、助成金の量は少なく、老・壮・青・男女年代別に種類が多くなります。キャリア形成促進、キャリアアップの注目される助成金は取捨選択あって全体には伸び、企業内人材育成推進助成金を飲み込んで、教育や正社員化を行う会社はますます使いやすくなるでしょう。


しかし予算全体は増えるわけではなく、多くの助成金を薄く広くという傾向になるでしょう。受給側の不正摘発や、不祥事なども目立ちます。ここではよくなると思われる助成金でも、計画の要件レベルでは合致しても、受給の実務レベルで苦戦するコトが多くなる、つまり審査がより厳しくなることが予想されます。


できて久しい助成金は、いろいろな「マズイ案件」が出てきて、その対策として要件、審査が厳しくなるものです。例えば労働契約書・賃金台帳・出勤簿の整合性や、残業代の正確な計算、離職率、措置を計画通りやったかどうか、変更届は抜け目なくだしたかどうかなどです。


今後はいろいろな助成金にチャレンジし、また、その要件となる福利を真剣に考える必要性が増すでしょう。そして、その組み合わせや福利を行う手順や人選を行うコンサルティングの腕が、会社の現況と照らし合わせて、会社も社労士も問われることになるでしょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

フレンチフリゲートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。