2011-01-13 05:00:00

社労士自身にもついに来た!不正対策

テーマ:おしごと
当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


○ 改訂版、「すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」の内容はこちら

○ 弊事務所の賃金制度改定の方法はこちら

○ 助成金の無料診断はこちら

○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

====================================================

時間の問題と思っていましたが、ついに来ました、東京のハローワークで、助成金申請の際、社労士の書くアンケートに、社労士自身の責任を問うモノが出ました。フォームは以下の画像の通りです。


新労社 おりおりの記  新労社 おりおりの記
その理由の大要は、以下の通りです。


○ 不正受給で摘発された事業所の支給申請で、社労士の関与が高い。

○ 社労士の手続きそのものに問題があるのではないか?


その確認の方法は以下の通りです。社労士はこういうことをしなくてはなりません。


○ 適正な確認が行われたかどうか、確認する。(このアンケートを書く)

○ 不正受給の怖さの喚起。(助成金全額返還の上、企業名公表)

○ 教育訓練を実際に行っているかどうか見る。

○ 不正受給したら、ハローワーク助成金事務センター(助成金の東京の総本山)に社労士も来ていただく。


東京の窓口では11月頃から担当者に「口頭で助成金申請代行の社労士にちゃんとやっているのか尋ねよ」というお触れが出ていたように思います。その具体化です。


なお、蛇足ながらハローワークの窓口担当者の使う、助成金の処理簿にも、この1月から社労士の名前を書く欄が設けられました。一朝コトあらばすぐに呼び出しをかけようというのでしょう。


不正が多くなればなるほど、こういうモノが増えます。当局はあの手この手と、やり方を積み増してきます。助成金は適正に申請しましょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

フレンチフリゲートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。