2010-04-01 05:00:00

中安金も老年期!

テーマ:おしごと

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。


賃金制度研究室

○ 「2010年4月労基法改正」対策、小冊子(無料)はこちら

○ 「名ばかり管理職」対策、小冊子(無料)はこちら

○ 弊事務所の賃金制度改定の方法はこちら


雇用助成金相談室
○ 助成金の無料診断はこちら

○ 書籍”すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル”の内容はこちら
○ 書籍”すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル”の追補(無料)はこちら



○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら

====================================================

教育訓練での中安金・雇調金の取り扱い変更


エイプリル・フールのネタではありません。


中小企業緊急雇用安定助成金(中安金) のことです。

去年発売の拙著 には以下のような「助成金の一生」というのを載せました。

助成金の「一生」
助成金ができる(誕生期) → ドンドン給付する(青年期) → 不正受給事件が起こる(転換期)

→ 要件が厳しくなる(老年期) → 消えていく(死亡)


この助成金も「老年期」に入ったようです。というのは、以下のような通達が出たからです 。


○ 雇用調整助成金に係る不正受給防止対策の強化について


それに伴い、用紙も変わりました。

○ 雇用調整助成金及び中小企業緊急雇用安定助成金の様式ダウンロード


また、以下のような取り扱いもなされました。

○ 支給申請に係る賃金台帳の取り扱い



これまでにも「調査」はあったのですが、変わったところは…

・ 労働者の一部にヒアリングを行う。
・ 教育訓練の計画届に「労働者別予定日」を加える。
・ 教育訓練の計画の変更は減少する場合も届け出る。
・ 教育訓練は個々の受講者ごとに、受講を証明する書類を提出させる。(受講者アンケートや領収書)

というようなところです。教育訓練云々というところは、7月以降に徹底となるようですが、これまで書類を削る一方だった中安金に、書類を加える局面が出始めたわけです。

あまりニュースにはなっていませんが、52の事業所が不正で摘発され、2億近くのおカネが返還になったようです。1社当たり400万といったところ。休業+教育で10人以上規模といった感じでしょうか。


また、賃金台帳の取り扱いは、休業しても100%賃金を払うなら区分しなくてもいいじゃないか、ということだったのですが、これを働いた分と休業手当に分けて記載しなければならなくなりました。


ちゃんとやっている事業所で、痛くもない腹を探られないよう、今後しっかりコンサルしたいところですね。


しかしながら「若返る」助成金もあります。


厚生労働省の業務改善事例 中小企業雇用安定化奨励金・高年齢共同就業機会創出助成金の申請手続きの簡素化(ここのPDFです)

厚生労働省の業務改善事例2 キャリア形成促進助成金の申請手続きの簡素化 (ここのPDFです)


書類が少なくなる助成金もありますね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

フレンチフリゲートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。